なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まめご

神奈川県

電車を使いラーメンを食べに行くことが多いです。よく使う電車は京王線、小田急線、横浜線です。

平均点 79.853点
最終レビュー日 2019年10月6日
978 621 0 567
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン」@ラーメン 唐そば 渋谷2丁目店の写真15時35分お店到着。
道玄坂マンモスを後にし、唐そばを探します。
マップに住所を入力し、テクテク歩きます。
しかし、見つけたところはちばからの近くでゴールデンボールという汁なし坦々麺のお店。
なくなっちゃったのかなぁ。
近くを歩き回りますが見つかりません。
次は記憶を頼りに探してみます。
確か、ハンズの裏手のようなところでゴールドラッシュな近くにあった気がするんだよなぁ。
歩いていくとゴールドラッシュ発見!
よし!と思ったのですが、かつて唐そばがあったであろう場所は大規模な工事中。
諦めて帰ろうかと思ったのですが、軽く一杯なら食べられそう。
どこかないかなぁと彷徨います。
宮益坂を上り、美竹通りを歩きますが見当たらない!
途中クアアイナを見つけますが、さすがにそれは重い。
大勝軒を発見も量が多いなぁ。
いよいよ、帰ろうかと思った矢先に唐そば発見!
こんなところにあったのか。
それにしても、なぜ見つからなかったんだろう。
こんな時間ということもあり、先客1名。
カウンターに着席し、ラーメンを注文。
すぐにラーメン登場。
まずはスープを一口。
かなりサラッとしたスープ。赤のれんと比べるとかなり薄い感じ。
これはこれでありなんだろうけど、あれだけ濃厚なスープを飲んでしまうと物足りなさを感じてしまう。
やはり、連食をするときは違う系統のラーメンにしたほうが良いな。
麺は細ストレート麺。
長い麺でツルッとしなやかな喉越し。
ザクザク感はあまりなく、固めコールが合わない麺だと思います。
なんとなく、味気ない感じがしてしまうのでニンニクを入れたかったのですが、こちらも卓上にニンニクはありませんでした。
具はもやし、キクラゲ、メンマ、チャーシュー。
チャーシューは固めで噛みごたえのあるものが2枚。
これで700円は妥当かな。
でも、こちら一軒で済ませる場合は大盛りやご飯ものの注文は必須。
そういう場合は高くついてしまうかも。
ずっと来てみたかったお店に来られてよかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「らぁめん」@赤のれんの写真12時17分お店到着。
先客多数で数席空いていたカウンターに着席。
今日は貴重な平日休み。
数日前から東京十社巡りとラーメンツアーしようと考えていました。
まずは一軒め。
さくっと博多系のこちらへ。
店内はラーメン屋というよりは、和食の居酒屋や定食屋といった雰囲気。
デフォのラーメンを注文。
なんと2分かからず着丼。
まずはスープを一口。
濃厚な豚骨スープ。
鶏白湯ではないけど、唇がペタペタする感じのスープです。
最初の一口はやや塩分抑えめかなと思いましたが、下の方からレンゲで混ぜてすするといい感じ。
麺は細めのストレート麺。
長めの麺ですが、ブツッとした食感の良い麺。
具はネギ、チャーシュー2枚と極めてシンプル。
チャーシューはやや固めですが、味わいがあるもの。
スープ、麺、チャーシューどれもなんとなく昔よく食べた下高井戸の英を思い出すものでした。
途中で卓上のニンニクや辛子高菜を投入したかったのですが、紅生姜しかありませんでした。
仕方ないので紅生姜を投入し、完食。
2件めを考えているのに、ほぼスープは飲み干してしまいました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「東京豚骨煮玉子ラーメン(大盛り)」@屯ちん 池袋本店の写真13時15分お店到着。
先客多数。
入ってすぐの券売機で食券を購入後、カウンターの奥に案内され着席。
今日はサンシャインへ。
お昼は池袋でブックマークしている8店のラーメン屋さんのなかでこちらへ。
駅からそれなりに近く、席数も多く、通し営業で来やすいお店。
イスの間隔が狭め。
しかも固定されているイスなのでやや窮屈。
6分ほどでラーメン登場。
まずはスープを一口。
あっさりめの豚骨スープに背脂が浮いています。
臭みなどはなく、初めて食べる感じのラーメンですが自分好みです。
麺は中細縮れ麺。
ややポソポソした麺ですが、それもなかなかおいしい。
具はメンマ、のり、チャーシュー、味玉、ネギでした。
メンマは太めの存在感があるもの。
チャーシューは分厚く、食べ応えがありました。
デフォでは味玉が入っていなくて、100円増しの味玉トッピングをすると1.5こ分の味玉がつくと思っていたのですが、デフォのラーメンに半味玉がつくらしい。
だったら、わざわざ追加でトッピングしなくてよかったな。
中盤で卓上の辛子高菜を投入。
辛味が強めの辛子高菜で、スープにパンチが出ます。
大盛りだと麺量が結構増えたように感じます。
200グラムを超えるぐらいかなぁ。
終盤で豆板醤を投入。
辛味だけでなく、ほんのり甘みも際立った感じがします。
スイカに塩と同じ感じかな。
本当はニンニクも入れたかった。
とても合うと思う。
お腹いっぱいで完食。
おいしかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん白+替え玉」@麺屋 のすけの写真17時40分お店到着。
先客1名でした。
出張の帰り道。
長らくのブックマーク店に寄り道。
初めてなので基本っぽい白にしました。
食券提出時に太麺か細麺か、脂や味の濃さなどの確認がありました。
細麺は替え玉で食べられるので、太麺でお願いしました。
店内、なかなかの豚骨臭。
苦手な人は苦手だと思います。
次第に慣れてくるし、醤油のキリッとした香りもするので、僕としては心地よい。
中途半端な時間の訪問ですが、通し営業をしているのがいい!
そして、一番の高ポイントは駅からとっても近いところ!
素晴らしい立地。
今日はかなり重いキャリーケースを持っていたので、この距離は助かった。
注文から6分ほどでらーめん登場。
まずはスープを一口。
やや粘度のあるスープでクリーミー。
店内の豚骨臭からは想像できないほど、臭みのないスープです。
濃厚なスープに対して、醤油の効きはややおとなしめかな。
麺は菅野製麺謹製のもの。
太麺はしっかり太麺。
というのも、細麺は博多系と同程度の太さということだったので、それに対しての太麺で、一般的な太麺よりは細いものと思っていました。
ところが、最近食べた中でも太めに入るくらいのしっかりした太麺。
加水率高めの麺ですが、茹で具合がよく、ほんのりと固さを残してありおいしいです。
もちっとした感じではなく、ややコシがあるのどごしの良い麺です。
具は、ネギ、メンマ、のり、チャーシューでした。
ネギが多め。
チャーシューはそれなりの大きさのもので、厚みもしっかりとあります。
おいしく、食べ応えのあるチャーシュでした。
麺を食べ終えるとそれなりに満足したものの、どうしても細麺で食べてみたい!
ということで、替え玉を細麺で注文。
固めでお願いしました。
こちらはザクザクとしています。
細麺も合うなあ。
次回来たときには、どちらの麺にしようか迷ってしまいますが、お腹を空かせて来て、今日のような注文でどちらも食べるのが正解かな。
満腹でごちそうさま。
次回は醤油とんこつを食べてみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉ラーメン+替え玉」@哲麺 縁 相模原店の写真12時40分お店到着。
先客6組ほどでした。
店内に8人ほどが待てるソファがあります。
そこも席にしちゃえばいいのに。
4月15日にオープンしたこちら。
花月嵐がなくなってしまったのは残念ですが、哲麺はずっと来てみたかったお店だったので、その点は嬉しいです。
店内のソファにメニューがあり、そこで何にするか考えます。
メニューがかなり豊富。
メインの豚骨以外にも中華そば、哲辛ラーメン、八王子系のラーメンに徳島ラーメンまであります。
さらに一品モノのメニューも多く、チャーハンも種類が豊富です。
今日は初めてなので普通の豚骨ラーメンに味玉が入った味玉ラーメンにしました。
15分でテーブルに案内されました。
注文時に好みを聞かれたので、すべて普通でお願いしました。
卓上には餃子セットとからし高菜、紅生姜があります。
ニンニクとゴマは店員さんに頼むといただけるようです。
作り手が3人、ホールが3人と店員さんがとても多い。
活気があります。
注文から5分でラーメン登場。
かなり小さい器でビックリ。
まずはスープを一口。
クリーミーな豚骨スープ。
やや焦がしニンニクっぽい風味がして熊本系っぽい感じもあります。
そして、おもしろいのは大きめの背脂が多めに浮いていること。
東京発祥豚骨ラーメンとありますが、たしかに博多系でも熊本系でもない豚骨ラーメン。
麺は細めのストレート麺ですが、ほんのり縮れがあるのと、博多系の麺と比べるとやや加水率高め。
具は、ネギ、キクラゲ、のり、チャーシューでした。
のりは家系のサイズの4分の1程度のもの。
こういうところをケチると、すごい見栄えが悪くなるのになぁ。
ネギ、キクラゲの量は器に見合ったもの。
チャーシューはやや厚みがあり、スープで温めて食べるとバターのような味がしました。
これはなかなかおいしいチャーシュー。
すぐに麺を食べ終え、替え玉をバリカタでお願いしました。
またまたおもしろいのが、こちらのお店、後会計なのですが、替え玉だけは現金対応。
効率が悪いように思いますが、注文を忘れないようにするためにこのやり方がいいのでしょうか。
替え玉はやはり、加水率がやや高い麺なのでザクザクの食感にはなりません。
でも、これはこれでおいしいです。
替え玉から卓上のからし高菜を投入。
辛味はほぼありませんが、粗めに刻まれた高菜は食感がとても良い。
多めに入れて麺と一緒に食べます。
替え玉50円ということで、もう一度くらい替え玉をしたかったのですが、器が小さいため、スープの量も少ない。
1回替え玉をするとあまりスープが残らない。
さらに、卓上にラーメンのタレがあるわけではないので、替え玉用にスープを節約して食べても、2回替え玉をするとなるとかなり薄味になってしまう。
それを考えると替え玉は1回が限度かな。
ラーメン自体は安めの設定ですが、全体の量やトッピングのことを考えると、そこまでコスパの良いお店ではありません。
でも、さっと食べられて博多系でも熊本系でもないこちらオリジナルの豚骨ラーメンというのは価値があると思います。
メニューも豊富なのでぜひまた来てみたいです。
次回は哲麺ラーメンにするか、豚骨にほかのトッピングでも試してみようかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+半豚まんま」@なんつッ亭 秦野本店の写真今日は自転車ツーリングの日。
出雲大社相模分詞を参詣後、お昼はこちら。
13時40分お店到着。
外待ちというか、ベンチのところに並ぶようで、8名に接続。
こちらには学生時代に1度バイクで来たことがあります。
もう10年以上前ですが、そのころから超有名店。
今でもこれだけの行列を維持しているのはすごい!
15分で店内ベンチへ。
そこでメニューを渡されました。
メニューが多い!味噌や塩、赤マー油、つけ麺、鶏白湯など。
今回はデフォの黒マー油豚骨醤油のラーメンにしました。
10分ほどでカウンターに着席。
ややあってラーメンが登場。
まずはスープを一口。
豚骨スープにマー油が効いています。
マー油はやや苦味があり、それが豚骨スープとうまくマッチしています。
麺は中細のストレート麺。
加水率低めでポクポクした麺。
僕のイメージでは、熊本ラーメンの麺はもうひと回り太いものですが、こちらはかなり細め。
それでも博多系の麺とは違うおいしさがあります。
具はネギ、もやし、チャーシューでした。
中盤で注文時に頼んだ生ニンニクをクラッシャーで投入。
生のニンニクはおいしいけど、マー油が強いスープなので、思ったよりパンチが出ない。
半豚まんまは4分の1豚まんまです。
チャーシューの切れ端を辛めに煮詰めたものがほんのちょこっとのご飯の上に載っています。
全体的にコスパはいいとは言えないですね。
メニューが豊富なので、近くにあったら違うメニューも試したいところ。
新宿の味噌屋八郎でも行ってみようかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩とんこつラーメン」@八作の写真13時55分お店到着。
先客3名でした。
昨日はかなりあっさりのラーメンだったので、今日はニンニクの合う豚骨ラーメンが食べたくなり、こちらへ。
こちらのお店、ブックマークしていたわけではなく、家から行ける距離で豚骨ラーメンのお店を探していてたまたま見つけました。
こんな塩とんこつの店が八王子にあったとは。
大分の臼杵からのお店とのこと。
初めてなのでデフォの塩とんこつラーメンを注文。
3分ほどでラーメン登場。
早い!
まずはスープを一口。
ほんのり豚骨臭はしますが、あっさりとした豚骨スープ。
博多系のラーメンとも違うし、塩豚骨ということで想像していた小川や蓮花とも全く違うラーメン。
初めてのラーメンという感じ。
麺は中細のやや縮れた麺。
茹で具合バッチリでのどごしもよく、おいしい麺です。
具は、もやし、青ネギ、チャーシュー、ゆで卵半分にのりでした。
青ネギが多めなのは嬉しいですが、かなりシンプルな具。
しかし、600円という値段を考えると十分。
中盤でニンニクを多めに投入。
ニンニクは生ではなく、既製品のおろしニンニクですが、このスープにもよく合う。
麺を数口残し、替え玉をストレート麺でお願いしました。
すぐに替え玉登場。
細いストレート麺ですが、博多系の麺より、長く、加水率も高めのツルッとした麺。
こちらものどごしがよく、おいしい。
次回、どちらの麺にするかとなったら迷ってしまう。
終盤で紅生姜を投入し、スープもすべて飲み干し、ごちそうさま。
いやー、おいしかった。
塩豚骨の名店発見!という感じです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らーめん+替え玉」@ラー麺ずんどう屋 相模原鵜野森店の写真12時45分お店到着。
店内待ち2名でした。
駐車場にも空きがあり、意外と空いています。
昨日、兵庫から来た方にこちらを勧めてもらい、早速訪問。
姫路で大きくチェーン展開しているお店とのこと。
待っている間にメニューを見て、何にしようか考えます。
元味という普通の豚骨ラーメンと、ホットという辛い感じのラーメンの二本立て。
元味ラーメン800円というのはかなり高めの値段設定に感じます。
背脂の量と麺が選べるので、背脂は普通。
麺は縮れ麺と細麺から縮れ麺を選択。
このような豚骨ラーメンで縮れ麺は珍しい。
高菜がおいしそう。
購入もできるとのことですが、卓上にはない。
10分ほど待ってラーメン登場。
細麺のお店としてはかなり待つほうだと思います。
まずはスープを一口。
かなりの粘度。やや塩味が強いです。
トロッとした博多ラーメンという感じかな。
博多系と天下一品を足して2で割った感じ。
並でも背脂は多め。
麺は細めの縮れ麺をイメージしていましたが、結構太め。
具は、ネギ、チャーシュー、のり、トッピングした味玉です。
900円ということを考えると、やや寂しいトッピング。
のりは小さめのものなので、デフォで3枚くらい載せてほしいところ。
さらに、キクラゲでものると嬉しいのだけれど。
チャーシューはバラの部分かな。
かなり柔らかく、箸でつかめないほど。脂身がかなり多いのですが、トロッとしていて自分は好き。
でも、もう少ししっかりとお肉の感じがするチャーシューがいいという人もいそう。
お肉を食べているというよりはトロッとした脂身を食べているという感じ。
そういえば、高菜がないというのを思い出し、店員さんに伝えると高菜が入った大きな容器を持ってきてくれました。
マニュアル的にはラーメン提供と同時に高菜を持ってくるようですが、カウンター席への提供は忘れがちのようで、僕の隣の席の方は、高菜をもらえていませんでした。
さらに隣の人は僕と同じように自分からお願いしていました。
その高菜は辛味がほどよくあり、結構大きめに切ってあるので、食感がいい。
ラーメンによく合います。
麺を数口残し、替え玉を細麺で注文。
味玉や残った麺を食べて待ちます。
味玉は黄身がとろっとしていて、おいしい。
替え玉が3分待ってもこない。
結局、5分かかりました。
これは、かかりすぎだなぁ。
スープも温くなっちゃう。
「替え玉まだですか。」と催促するお客さんもいました。
細麺はいわゆる博多系の麺。
やはり、こっちの方がこのラーメンに合うなぁ。
今日は入れられないけど、生ニンニクも頼めばもらえるらしい。
あまり、食べたことのないラーメンでした。
値段の高さや、オペの遅さなどは気になりましたが、もう一度行ってみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニラーメン」@八ちゃんラーメン ラーメン博物館店の写真13時5分お店到着。
外待ち30名ほどに接続。
3月にラー博入りした新店です。
35分待ち食券購入。
食券提出から10分で奥のテーブルに案内されました。
ミニは本当にミニ。
博多ラーメンで麺量が少ないことを考えると、並でもよかったかも。
着席から3分ほどでラーメン登場。
まずはスープを一口。
濃厚でおいしい!
ペタペタしていて、重めのスープですが旨味がすごい!
最初からコショーが振りかけられているのは残念でなりませんが、スープは本当に自分好み。
白濁ではなく、茶濁しているスープ。
一蘭や一風堂もおいしいと思いますが、レベルが違うという感じ。
行ったことがありませんが、ずっと行ってみたかった赤坂の赤のれんがこんな感じなんだろうか。
麺はいたって普通の細ストレート。
具はネギ、チャーシューのみ。
ネギはやや量が多めで嬉しい。
さっぱりしていていい感じ。
あー、おいしかった。
今まで食べた博多ラーメンでおそらく一番好みでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+替玉」@一蘭 町田店の写真20時50分お店到着。
空席2席。
町田での飲み会。早めのスタート早めのお開き。
シメを考え、ぎょうてん屋へ行くもかなりの混み具合。
そういえば二郎のインスパイアができたと思い、店の前へ行くも外待ち10名ほど。
未訪のお店で空いているところと考え、こちらへ。
しかし、こちらもかなり混んでいる。
ここに来るまでに通ったどこのラーメン屋も混んでいます。
町田のラーメン屋の集客力はすごい!
ある程度のレベルであれば相当お客さんが入るのではなかろうか。
でも、平日もこの客数をキープするのは相当大変そうでもあります。
ちなみに、ラーメンと替玉で980円。
かなりの低コストパフォーマンス店。
でも、これだけお客さんが集まるわけだし、現に自分も来ているし、すごいお店だなぁと感じます。
15分待ちラーメン登場。
かなり待ったなぁ。という感じ。
まずはスープを一口。
うまいなぁ。
なんなんだろう、このおいしさは。
やはり化調の効果なのかなぁ。
自分のなかでは評価が高くないこのお店ですが、毎度おいしいなぁと思ってしまいます。
臭みは一切なく、旨味はある豚骨スープ。
臭みがないせいかこってりではなく、意外とあっさりに感じるスープです。
具はネギ、チャーシュー、キクラゲのみ。
これで790円はおそろしい。
しかし、それなりの価値を感じます。
中盤で替玉を硬めで注文。
しっかりと硬めの食感。
これもおいしい。
すぐに完食。
辛いタレはないと物足りないけど、2倍にすると結構辛い。
それなりに辛さの耐久がある自分が2倍で結構辛いと思うということは、結構強めの辛さなのではないでしょうか。
1000円はしましたが、2〜3年に一度ならいいかな。
おいしかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件