なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まめご

神奈川県

電車を使いラーメンを食べに行くことが多いです。よく使う電車は京王線、小田急線、横浜線です。

平均点 79.853点
最終レビュー日 2019年10月20日
980 623 0 567
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚つけ麺(胚芽麺)」@道玄坂マンモスの写真14時15分お店到着。
本日の二件目は渋谷でブックマークしていたこちら。
本当はこの間にもう一杯ラーメンを食べるはずが、意外とお腹が空かずそちらをスキップしてこちらへ。
こんな時間ですが、外待ち5名。
大盛りが50円と安かったのですが、もしかしたら奇跡的にもう一杯ラーメンが食べられるかもしれないと考え、並にしておきました。
先に食券を買ってから並ぶスタイル。
待つこと5分ほどで店内へ。
食券提出時に胚芽入り麺か極太もっちり麺どちらがにしますかとの確認がありました。
オススメの胚芽入り麺にしました。
吉祥寺のえん寺でも胚芽入り麺にしたっけなぁ。
着席から7分ほどでつけ麺登場。
並盛りは220グラムのはずですが、大きめの器にたっぷりと麺が入っています。
まずは麺だけいっぽん。
がっしりとした太麺。
小麦の風味を感じます。
続いて、スープ。
かなりの粘度。どろどろこなこな。
スープもすするというよりは食べるという感じ。
スープに麺を浸して食べます。
うまい。けど、まさにまたおま系。
ま、それを欲して来たんですが。
本当は麺にスープをたっぷりくぐらせて食べたいのですが、そうすると何口かでスープがなくなってしまいそう。
なので、加減をしながら食べて行きます。
具は麺の中に入っている柔らかくほろほろチャーシューとメンマ、水菜の葉っぱのところかな。
麺量が意外にあると思ったら、こちらも川崎の然と同じく上げ底のざるがありました。
ということであっさり完食。
どこで食べてもおいしいこの系統のつけ麺。こちらも満足です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん並」@自家製麺 然の写真14時45分お店到着。
こんな時間にも関わらず、ほぼ満席。
先客11名でした。
武蔵小杉で所用を済ませ、テクテク歩いて昼の部終了間際のこちらへ。
ブックマークしているお店ではないけれども、武蔵小杉と検索しポイントが高かったので来てみました。
武蔵小杉のみそごろうというお店は知っていましたが、それはこみらの夜の部のお店らしい。
知らなかった。
こちらは、らーめんとつけめんの二本立て。
1軒目がラーメンだったので、つけめんにしました。
麺が太いので時間がかかるとのこと。
約10分でつけめん登場。
パッと見ると、麺が異様に多い!
つけめんです。としか言われなかったけど、大盛りと間違えたかな。
食券制なので多く請求されることはないけれど、食べきれるかな。
麺はそれほど太いわけではなく、つけ麺としては標準かやや細いくらい。
まずはつけ汁を一口。
流行りのドロドロのつけ汁ではなく、シャバシャバ。
液体油が多めに浮いています。
煮干し系の魚介とあっさり目の動物系のスープを合わせた感じでしょうか。
ほんのり酸味もあり、今流行りのスープと昔ながらのつけ麺のスープの良いところを取ったような感じのスープです。
具はメンマ、チャーシュー、のり、ネギでし。
チャーシューは、角切りのようになっていて、脂身も程よく、肉々しさもあるチャーシュー。
量もなかなか多めで嬉しいです。
麺をジャブっとつけ汁に浸し、食べます。
おいしい。シャバシャバなスープなので、それほど麺との絡みはよくありません。
でも、もともとつけ麺ってこんな感じだったよなぁと思いながら食べます。
多い多いと思っていた麺ですが、器に上げ底用の陶器の水切りが入っていました。
なんだ。器にぎっしりと麺が入っていると思ったら、そうではありませんでした。
中盤で卓上の豆板醤のような辛味を追加。
このスープにはもく合っているのですが、器や細いスプーンがフランフランの雑貨のような微妙なオシャレ感を出している。
なんだかラーメン屋に合わない入れ物。
二軒目ということもあり、満腹で完食。
夜の部の味噌も食べてみたいところですが、夜に武蔵小杉にいふことはないなぁ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん(中)」@狼煙 大宮店の写真17時10分お店到着。
二郎越谷店を後にし、越谷で2社、大宮に移り1社を参詣し、最後に大宮でかなり有名なこちらへ。
外待ちはいませんでしたが、店内満席。
すぐに「先頭の方〜」と呼ばれ、店内の券売機で食券を購入。
購入後すぐに食券を提出。
15分待ち店内へ。
奥の扉から店内へ。
着席後すぐに麺が登場。
早すぎ。おそらく、食券提出と同時に麺を茹で始め、茹で上がって麺を締めて盛り付けたものの、回転が悪く席が空かず、そのまま置いておいたものをすぐに出したのだと思います。
ほんの数分のことだし、並びができるほどのお店なのでしょうがないかもしれませんが、なんとなく嫌な感じ。
続いてつけ汁登場。
器が熱いのでお気をつけくださいとのアナウンスがありましたが、この器が尋常じゃないほど熱い!
ビックリ!
器をお湯で温める程度ではこの熱さにはならないので、おそらく器ごと電子レンジで温めたのでしょう。
全部のつけ汁の器を電子レンジで温めているのか、つけ汁を器に注いでから少し時間が経ったから電子レンジに入れたのかはわかりませんが、この熱さはすさまじい。
まずはレンゲでスープを一口といきますが、かなりの粘度でおそらく味も相当濃いだろう。
ほんの少しペロっとなめる程度にしました。
麺を浸して一口。
麺は小麦からこだわっているだけあって、風味も茹で具合もおいしい!
つけ汁の中には、玉ねぎ、チャーシュー、メンマ、のりが入っていました。
麺をつけるのに具がやや邪魔なため、メンマとチャーシューは早めに食べます。
しかし、これまたすごい熱さ。
何口か冷たい麺を投入したので、つけ汁の温度も下がっているはずですが、具まで熱々。やけどしそうな熱さです。
麺が半分ほどのところで案の定このままだとつけ汁が足りなくなる量に。
後半の数口はつけ汁を節約し、最後の2口は割りスープを投入して、かさ増しをして完食。
840円という安くはない価格設定なので、つけ汁の量はケチらずたっぷりとほしいところ。
そして、器とつけ汁の熱さはやややり過ぎな気もしました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「服部半蔵」@らあめん花月嵐 ミウィ橋本店の写真23時25分お店到着。
町田で飲み会。
二次会は橋本。
〆は未訪のこちら。
訪問自体は何度かありますが、初のレビュー。
今回こそ限定は初めての服部半蔵というラーメン。
メニューを見ると、嵐げんこつラーメンの進化版といった位置付けなのでしょうか。
伊賀市の伊賀越というところの醤油をつかっているそうです。
10分ほどでラーメン登場。
まずはスープを一口。
熱々のスープ。
甘めの醤油と魚介の風味、背脂と柚子の香り。
とりあえずぶち込んだけという感じの雑なスープ。
麺は細めのストレート麺。
ぱつっとしていて美味しい麺。
限定で残念な麺は多いけど、おいしいと思える麺は珍しい。
具はメンマ、ねぎ、チャーシュー、半味玉、のりでした。
それなりに豪勢にも見えますが、のりはケチって半分に切ったのり。
味玉も半分。
840円?だっけな。には合わないと思います。
このラーメンにはそれほど合わないと思いながらもなんだか悔しいので壺ニラを投入。
と思ったら、空っぽ。
少し店員さんを待ちましたが、来る気配がないので。フィニッシュ。
食べ終えたときにはそれなりに満腹ですが、お腹以上になんだか物足りない感じでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ピリ辛野菜とんこつラーメン」@長浜らーめん 相模原店の写真20時30分お店到着。
先客多数。
今日はこの時間にやっと帰れる。
これから帰って夕飯の準備は大変。
今日は久しぶりにラーメンを食べよう。
かといって、自転車だと遠くには行けない。
帰り道にあるラーメン屋のなかで久しぶりのこちらへ。
荷物が少なかったら橋本方面に行きたかったのですが、しょうがない。
今日は未食のメニューしようと思い、ピリ辛野菜ラーメンにしました。
カウンターには食券を買っている間に水が置かれています。
でもこれ、もしかしたら前のお客さんの片付け忘れかと思ってしまうので、水は着席後にほしいところ。
10分ほどでラーメン登場。
普通のラーメンや味噌ラーメンなどよりは時間がかかるようです。
野菜はその都度茹でているのかな。
まずはスープを一口。
薄い!
早速ニンニクと激辛高菜で調整。
しかし、もともとの薄さはどうしようもない。
なんか水っぽい感じ。
野菜の湯切りをしっかりしていないのでしょうか。
盛り付けが致命的に下手というか雑。
丼の半分に麺が寄っていて、残りの半分に野菜が寄っています。
手前側から食べると野菜だけ。
奥は麺だけ。
野菜はキャベツ、もやしがたっぷりでなかなかいい感じ。
ジャンクなスープにしっかりと野菜が入っていて、意外とバランスは良く感じます。
でも、このメニューを選択すると時間が結構かかるのと、今回は盛り付けが最悪だったので、やはりこちらはサクッとデフォのラーメンをあまり期待せずにサクッと食べるのが良さそうです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「濃厚魚介つけめん(中盛り)」@豚骨一燈 立川の写真14時35分お店到着。
先客多数でしたが、残り数席空いていたカウンターに座ることができました。
祝日とはいえ、この時間にこのお客さんはすごい!
今日は立川におでかけ。
立川といえば、ラーメン!!
どこにしようかRDBで検索。
最近、立川に来ることや近くまで来ることがなかったので、立川のラーメン事情には疎くなっています。
アレアレアやたま館にどんなお店が入っているかチェックをすると、なんと火の豚がオープンしている!
今度ニンニクをガッツリ入れられるときに来よう。
そして、一燈までできている!
つけ麺は300gの中盛りは別料金。
50円でしたが、ランチタイムはサービスとのこと。
中盛りにしてもらいました。
つけ麺や油そばは時間がかかるとのことで、15分ほど待ちつけ麺登場。
麺の器には綺麗にたたまれた麺とチャーシューが。
つけ汁の器にはメンマなどの具と魚粉が入っています。
器に対して、つけ汁の量が少ない。
半分ほどかな。
器もそれほど大きくないので、つけ汁が足りなくなりそう。
まずはつけ汁を一口。
一燈ということで期待したものの、まぁいつもの豚骨魚介のつけ汁。
具の中にあるメンマはかなり太く、食べ応えがあります。
普段それほどメンマは好きではないのですが、このメンマはおいしい!と思いました。
麺は全粒粉を使った麺のようで、つぶつぶしているものが見えます。
極太の麺をつけ汁につけて一口。
おいしい。
よくある豚骨魚介のつけ麺ですが、安定のこの味。
そして、こちらは麺がおいしい。
モグモグ、もっちりした麺で小麦臭くなく、つるっと喉ごしも良い。
つけ汁には柚子が入っているのですが、つけ汁の味が濃いので、あまり感じませんでした。
やはり終盤、つけ汁が足りなくなりました。
830円もするので、つけ汁ももう少し気前よくほしいものです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「海老つけめん+味玉」@舎鈴 新宿西口店の写真20時45分お店到着。
店内半分ほどの客入り。
今日は新宿での親睦会。
早々に切り上げ、目当てのラーメンを食べに繰り出します。
選択肢は、以前二郎の小滝橋店に行ったときに気になっていた八郎商店、そして、煮干しで有名な鈴蘭。
鈴蘭は、2㎞以上離れている。
八郎商店はいつでも行けるし。
あまり来ない西口で探すことに。
そこで気になったこちらへ。
六厘舎系列のこちら。
前に南大沢にお店があったときに一度訪れたことがあります。
そのときは確か普通のつけ麺をお願いしたので、今日は海老つけめんを注文。
海老つけめんは昔、いつ樹で食べた以来かな。
卓上には焙煎七味、ゆず粉、白胡椒、お酢、ラー油などがあります。
7分ほどでつけめん登場。
つけ汁と麺、海老油が配膳されました。
まずはそのままスープを一口。
このスープ自体に海老の味がするのかと思ったのですが・・・
わからない!
このつけ汁自体はデフォのつけ汁と同じように感じます。
続いて海老油を全て投入します。
香ばしい海老の殻の風味をぶわっと感じます。
麺は太めのストレート麺。
文句なしのおいしい麺です。
具はメンマ、チャーシュー、のり、トッピングした味玉です。
つけ汁に入っているネギが多いのが嬉しい。
麺量は250g程度でしょうか。
あっという間に完食。
やや高いなとも思うのですが、このレベルのつけ麺がパッと食べられるのは嬉しいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「つけめん」@くり山の写真12時45分お店到着。
外待ち3名に接続。
食券を買ってから並ぶと事前リサーチで知っていたのですが、お店の外に券売機があるので一度店内へ入らなくても食券を購入できるのはいいですね。
昨日は仕事始め。
今日は一日お休みをもらっていたので、最後の冬休みを満喫します。
ずっとブックマークしていたこちら。
似たようなお店として、11月に次念序に行っていたのですが、やはりこちらも行っておきたい。
さらに、白楽は台湾まぜそばのこころや、ファットン、二郎系の新店も気になっています。
そのなかから今日はこちらにしました。
20分待ちやっと店内へ。
やけに待つなと思ったら入れ替え制のお店のようで、しかも全員がお店から出てからお客さんを入れるようです。
さらに、最後のお客さんがビールで一杯やっていたようで、それで時間がかかっていたようです。
先に食券は回収されていたので、カウンターに着席後すぐにつけ麺登場。
カウンターのレンゲを取ってスープを一口。
熱々でおいしい。
次念序とまったく同じ感じ。
違いはあるのでしょうか。
続いて、麺をスープにくぐらせて一口。
スープとは反対に麺はきっちりと冷水で締められています。
この寒い時期に大変だなぁ。
麺は極太のしっかりとした麺。
もぐもぐとおいしい麺です。
具はすべてスープの中で、チャーシュー、メンマ、ネギ、のりでした。
この系統ではよくありますが、チャーシューが短冊状に切られていて、柔らかくおいしいです。
卓上には、ニンニク、魚粉、一味などがありました。
辛いつけ麺だとニンニクも合うかもしれません。
今回は何も入れずに完食。
いつもはつけ麺を食べる際、それほどスープが残らないので、そのまま残ったスープを飲んでしまうのですが、今日は結構スープが残ったので、スープ割りをお願いしました。
柚子は入れますかと尋ねられたので、お願いしました。
さらに提供の際には、濃かったら言ってくださいとのこと。
丁寧な接客です。
スープを飲むと、あまり柚子の風味はしませんが、魚介がよく効いておいしいスープになりました。
おいしかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
83

「つけめん」@次念序の写真12時5分お店到着。
お店の入り口に着くと、外待ちができていない。
ラッキーと思い、扉を開けるとすぐたくさんのお客さんが待っています。
中では待てなさそうなので、一度扉を閉め、扉の前で待ちます。
出口が違う場所にあるので、列がどれだけ進んだかわかりません。
5分ほど経って扉を開けてみると、店内の待合室が少し空いています。
入り口すぐの券売機で食券を購入。
20分待ち、食券回収。
さらに10分でカウンターへ案内されました。
卓上には、お酢、コショウ、焙煎七味があります。
着席から5分でまずは麺から登場。
きれいに折りたたまれた麺がきれいです。
続いてつけ汁が登場。熱々です。
麺をつけ汁にどっぷり浸し、一口。
コシのある太麺と魚介豚骨のまさに六厘舎のつけ麺という感じ。
濃いつけ汁ですが、しっかり麺のおいしさを感じられるところが素晴らしい。
具はすべてつけ汁のなかに。
ねぎ、チャーシュー、めんま、のりでした。
チャーシューは味がしっかりと染みて、柔らかく脂もほどよくのったもの。
おいしいです。
このようなつけ麺、どのお店もどんな味か想像がつくのですが、どうしてもときどき食べたくなってしまう。
未訪の九六や赤備、さなだなんかも同じ系統なのだと思いますが、行ってみたい。
おいしかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
83

「味玉つけ麺」@noodlesの写真13時15分お店到着。
店内待ち2人でした。
今日はかなり気温が高い。
なんだかつけ麺の気分。
町田に用事があったのでこちらへ。
3、4年ぶりの訪問かな。
つけ麺は初めてです。
約5分でカウンターに着席。
着席から15分でつけ麺登場。
まずはつけ汁を一口。
煮干しが効いた魚介系のスープ。
粘度はほぼなく、サラッとしたスープです。
麺は平打ちの太麺。
ツルッとしています。
どこかで食べたタピオカを練りこんだ麺がこんな感じでした。
麺だけで言うと、鶴川の立川マシマシもこんな麺じゃなかったかな。
具は全てつけ汁のなかに入っています。
ネギ、チャーシュー、メンマ、トッピングした味玉でした。
どの具も量がしっかり入っています。
やや残念だったのは、味玉にかなりひびが入っていたこと。
そして、その味玉は黄身がだら〜っと流れ出るくらい柔らかい。
もう少ししっかり茹でてあるほうが自分好みかな。
さっぱりしているので、あっという間に完食。
麺量260gということなので、やや物足りないかなとも思ったのですが、味玉も食べれば満腹。
多くの人が注文していたセットの丼がおいしそうでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件