なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まめご

神奈川県

電車を使いラーメンを食べに行くことが多いです。よく使う電車は京王線、小田急線、横浜線です。

平均点 79.853点
最終レビュー日 2019年10月6日
978 621 0 567
レビュー 店舗 スキ いいね

「汁なし坦々麺」@栄児家庭料理 サンシャインシティ店の写真14時30分お店到着。
先客多数でしたが、ちょうど空席ができ、そちらへ。
お店のウリの汁なし坦々麺を4辛の火吹きでお願いしました。
メニューは豊富なものの、注文されるメニューがある程度絞られているのでどのテーブルも提供は早いようです。
こちらは、看板メニューのほとんどが1000円均一。
たっけー、と思ったのですが、なんとどのメニューも水餃子おかわり無料らしい。
セルフサービスの水餃子。
取り皿が小さいので3個ずつしか取れませんが、それでもおかわり無料は素晴らしい。
注文後すぐに野菜(浅漬け?冷たい茹で野菜?)が到着。
とりあえず水餃子を取りに行きます。
ラー油と黒酢と醤油をお皿に入れ、テーブルに戻り一口。
もちっと皮が分厚い水餃子。
あんは少なめだけど、水餃子ってこんなものなのかな。
あまり水餃子を食べないからわからない。
水餃子を食べていると汁なし坦々麺登場。
具はひき肉、ねぎくらいかなぁ。
よく混ぜて一口。
細めの縮れ麺はツルツルシコシコしていておいしい。
辛味はいたって普通。
ピリ辛よりはやや辛いけど、辛口ほどではありません。
メニューの後ろのこのお店の歴史を読むと、どうやら四川風料理や汁なし坦々麺の先駆け的なお店なのだそうです。
今でこそシビカラが流行っていて、カップラーメンにもなるくらいですが、当時はこれでもかなり尖った味付けだったのだと思います。
かなりお腹が空いていたので大盛りにしようと思っていたのですが、忘れていた。
やはり麺量はかなり少なめ。
サラダもドリンクも付かないことや、汁なし坦々麺自体のクオリティからするといくら水餃子食べ放題でも1000円は高いかな。
でも、出てくるスピードは早かったのはすごい!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「汁無し坦坦麺(4辛)」@担担麺専門店 ドラゴンキングの写真12時5分お店到着。
先客3名でした。
ずっと気になっていた未訪のこちら。
夜にお店の前を通るとお客さんがいないときが多く、心配していましたが、お昼は役所関係の人がそれなりに来るのかな。
卓上のメニューを見ると坦々麺に唐揚げやミニ麻婆豆腐などの一品とご飯がつくランチセットは1200円とかなり高め。
その他のメニューもどれも高めの印象。
初めてなので、お店イチオシの汁無し坦坦麺を注文。
辛さは標準の4でお願いしましたが、標準が4って、その下に3つも辛さいるのかな?
汁無し坦坦麺食べる人ってある程度辛いのが好きな人だろうから、1が標準で結構辛めの設定をしてもらったほうが喜ぶ人がいると思いますが。
ライスがサービスとのことでそれもお願いしました。
すぐにご飯が登場。
やや大きめのお茶碗にしっかりとご飯がよそられています。
5分ほどで汁無し坦坦麺登場。
まずはよく混ぜて麺を一口。
麺は幅が広い平打ち麺。
かなりもちもちした麺です。
具は青ネギと味がついたひき肉のみ。
かなりシンプルな感じ。
濃厚なゴマの味はしますが、辛さは標準なのでピリ辛程度。
花椒の風味はあまり感じませんでした。
微妙な酸味を感じます。
麺は130〜140gでしょうか。
汁無しなのでかなり少なく感じます。
多めに残ったタレにご飯を投入。
よく混ぜて一口。
おいしい。
やはり、この内容で900円は厳しいのではないでしょうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒胡麻担々麺+餃子」@金龍餃子房の写真13時30分お店到着。
先客3名でした。
こちらは以前、麺虎軒という家系のラーメン屋さんでした。
意外と本格的で良心的なラーメンを出してくれるお店でしたが、閉店してしまい、残念に思っていました。
本格的な中華食堂という感じになったこちら。
メニューも豊富。
担々麺だけでも、日本一辛い担々麺、黒胡麻担々麺、白胡麻担々麺、本場の担々麺、汁なし担々麺などたくさん。
今日はその中でも気になった黒胡麻担々麺にしてみました。
5分ほどでラーメン登場。
レンゲでスープをちょっと混ぜてみるとシャバシャバな感じ。
もっとごまペーストたっぷりで濃厚なものを期待していましたが。
スープを一口。
お、思ったより濃厚。しっかりとした味になっています。
何口か続けて飲むと花椒のびりっとした風味も感じます。
麺は中細の縮れ麺です。
かなりチープな感じ。スーパーの生麺かな。
具はニラ、もやし、ひき肉です。
辛さはそれほどでもないのですが、ジワっと汗をかいてきます。
おいしい!
880円はやや高めかなと思うのですが、しっかりとしたつくりの担々麺だなぁと思います。なので、妥当っちゃぁ妥当かな。
これに100円で餃子がつくのは驚き。
その餃子は皮が厚めの大きいサイズのものが6つ。
ラーメンだけだとやや高めだと思いますが、餃子をつけることで一気にコスパがよくなります。
その餃子は皮がもっちりしていておいしい。
大きいのでお腹もいっぱい。
他にも気になるメニューがたくさんありました。
定食なんかも食べてみたい。
おいしかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「四川名物ゴマ辛しそば(担々麺)」@四川菜館の写真13時10分お店到着。
先客はいませんでした。
今日は近所の未訪のお店、レッドキングへ行ってみたのですが、桜祭りへの出店のため、お休みとのこと。
前回も臨休でフラれたことがあり、こういう合わないお店って時々あります。
もう担々麺のお口だったので、近くの中華料理屋さんへ。
こちらは夏の翡翠麺が有名なお店。
担々麺900円は高いなと思いつつ、確かレッドキングも同じくらいの価格だったし、その担々麺を注文。
約7分で担々麺登場。
まずはレンゲでスープを一口。
かなり濃厚なスープと思ってレンゲを突っ込むと、濃厚なゴマのスープは丼の表面だけで、その下はシャバシャバなスープになっています。
レンゲに色が付いているので、スープの色はよくわかりませんが、醤油ベースのスープ。
表面のドロっとした部分はゴマのペーストと油を混ぜ合わせたようなもの。
旨味的なものが少なく感じます。
麺は細いツルッとした麺。
中華料理屋さんによくある麺。
具はひき肉と小松菜かな。
スープの表面のゴマのペーストは最後まで下のスープとは混ざり合いませんでした。
やはり、これで900円は高いなぁ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「赤辛家系ラーメン」@横浜家系ラーメン 壱角家 相模原店の写真22時20分お店到着。
先客多数ですが、空席もまぁまぁあり。
今日はかなり久しぶりの職場の飲み会。
明日も出勤予定なので早めに離脱。
シメを考え、こちらへ。
前回普通のラーメンは食べたので、今回は辛いやつを。
メニューの金額が税抜きと税込併記で若干分かりづらいです。
前回こちらへ来たときには、券売機だった気がしますが、今日来てみると口頭注文。
しかし、席への案内はなく、水はセルフ。
店へ入ったら自分で空席を探し、自分で店員さんを呼び、注文。
水などは全てセルフ。
そのわりにラーメン類はどれも割高と思える価格設定。
10分ほどでラーメン登場。
いい感じのビジュアル。
まずはスープを一口。
!!
これは、担々麺!メニューの名前からして、辛い家系ラーメンと思っていたのですが、胡麻の風味にしびれる感じからしてこれは担々麺。
思ってたのと違う。
麺はやけに短い家系風の中太麺。
角ばっていて意外に嫌いではない麺。
具は少量のほうれん草とうずらの卵、チャーシュー、小さめののり3枚。
スープはなかなかスパイシー。
担々麺と思って食べたらかなりいい評価かも。
でも、メニュー名とは明らかに違うし、求めていたラーメンとも全然違うもの。
そこは残念。
中盤で卓上のにんにくと刻み玉ネギを投入。
にんにくや豆板醤の他に、刻み玉ネギや刻みしょうがが入れ放題はなかなか良心的。
でも、かなり香辛料強めのスープということもあり、どちらもまったく効かない。
麺は130〜140g程度。
上記の具でいくら玉ネギやしょうがが入れ放題としても860円は高すぎ。
コスパの悪さは大桜といい勝負。
あまり来たことがなかったので、こちらにしましたが、このじかんならもっと他にいいお店がたくさんあったと後悔。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「汁なし担担麺+追い飯」@手打中華そば 大賀110の写真13時5分お店到着。
ちょうどカウンターが空いていたので、そこに座ります。
こちらはずっと気になっていたお店。
ラーメンの雑誌では、中華そばが取り上げられていて、それもおいしそうだったのですが、食べるのはRDBでのレビューも多い汁なし担担麺にしようと思っていました。
先客の調理と重なり、10分経ってやっと食券回収となりました。
食券回収と同時に辛さをどうするか聞かれたので、普通よりやや辛い4でお願いしました。
追い飯の食券を買っていたのですが、ランチタイムはライスサービスとのこと。
50円返金していただきました。
食券提出から20分で汁なし担担麺登場。
1ロット2杯のようでやや時間がかかります。
タレが器のそこにあり、麺、その上に肉みそやナッツ、水菜などがキレイに盛り付けられています。
まずは全体をしっかり混ぜ合わせて一口。
もちっとした麺とゴマの風味をまず感じます。
何口か食べると辛い!
しびれもありますが、結構な辛さ。
それがおいしく、箸が進みます。
しかし、中盤ちょっと飽きてしまいます。
他のレビューでもありましたが、どうしても汁なし系のメニューは飽きがきてしまうようです。
麺量は200gと書いてあったかな。
汁なしなのでさっくり食べてしまうと思ったのですが、結構お腹にたまります。
最後に追い飯を投入。
こちらもタレとしっかり混ぜ合わせていただきました。
食べ始めたときは、おいしいおいしいと思い、ぜひ他のお店でも汁なし担担麺を食べてみようと思いましたが、一度食べれば十分満足してしまいました。
やはり、自分にはスープがあるラーメンの方がよさそうです。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「担々麺」@らーめん屋 小川の写真13時15分お店到着。
先客1名のみでした。
混んでいると思ったのでラッキー。
冷やしラーメン初体験の友達にオススメを聞かれ、こちらを紹介。
一緒に訪問したので、自分は未食の担々麺にしました。
5分ほどでラーメン登場。
まずはスープを一口。
ゴマの風味が強く、ややとろみもあって濃厚なスープ。
麺は中細の縮れた麺。濃厚なスープとの絡みもバッチリです。
具は、ネギ、ひき肉、メンマ、ほうれん草でした。
やはり、麺量はさほど多くなく、さくっと完食。
やはり、こちらは醤油ラーメンが一番かな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「坦々麺(期間限定麺)」@麺処 韋駄天の写真22時お店到着。
先客5名でした。
今日は町田での飲み会。
早めのお開きなので、こちらが選択肢に。
こちらは最近坦々麺を期間限定で始めたとのことなので気になっていました。
こちらのお店のブログを時々見ているのですが、店主さんはとてもラーメンに真摯に向き合っている方。
もちろん、ほとんどのお店がラーメンに真摯に向き合っていると思うのですが、それが表に現れるお店はなかなかありません。
そういう点でこちらのお店は、店主さんの気持ちがダイレクトにこちらに伝わるのでおもしろい。
食券提出から7分ほどでラーメン登場。
青梗菜などがのり、本格的なビジュアル。
豚骨ベースのスープにラー油が浮いています。
まずはスープを一口。
中華料理屋や、ラーメン屋の卓上にあるラー油とは違い、かなり山椒が効いたラー油を使っているようです。
舌にびりっと来る感じがイイ感じ。
麺は太めのうねりのある麺。
加水率は高めで、ツルッとしたおいしい麺です。
こちらの濃厚な豚骨ベースのスープにゴマの風味とびりっと効いた山椒の風味でしっかりとまとまった坦々麺になっている気がします。具はチャーシュー、もやし、ネギ、キクラゲと、デフォのラーメンとかわりがないのですが、どれもしっかりしています。
そして、一番の驚きが、この坦々麺が700円ということ。
ありがたいです。
おいしかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 19件

「汁なし坦々麺+ライス」@すずらん亭の写真12時15分お店到着。
先客多数で空席は4席でした。
広島旅行2日目。
お昼は広島のご当地麺の広島つけ麺か汁なし坦々麺にしようと決めていました。
食券提出時に山椒の有無を聞かれたので、お願いしますしました。
次から次へとお客さんが来て、盛況ぶりが伺えます。
汁なし坦々麺を注文するお客さんが多いのかなと思っていましたが、普通のラーメンやつけ麺を注文する方も多いです。
普通のラーメンもおいしそう。
約10分で汁なし坦々麺登場。
よく混ぜて食べてくださいとのこと。
言われた通りによく混ぜて一口。
おいしい!山椒がかなり効いています。
味はかなり好みなのですが、麺が長くて食べづらいです。
その麺は細いストレート麺で博多ラーメンのような麺です。
タレがよく絡みます。
残ったタレにライスを投入。
よく混ぜて食べます。
おいしいのですが、タレがあまり残らなかったのでほんのりとしかライスに味がつきませんでした。
半ライスの方がよかったかな。
おいしかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし極坦々麺(大盛)」@極 担々麺 真空の写真13時30分お店到着。
先客多数で、カウンター1席のみ空いていました。
この時期は年に3度ある繁忙期です。
忙しくてラーメンが全然食べられません。
今日はやっと仕事の見通しがついたので、ラーメンを食べに行くことに。
職場から近く、久しぶりのこちらへ。
未食の汁なし坦々麺の食券と、お腹が空いていたので大盛りの食券を購入。
店内、かなり混み合っています。
まぁ、休日のお昼ど真ん中なので当たり前かなとも思いますが、店内がいっぱいなので扉を開けて諦める方が何名かいました。
極太麺ということでなかなか待たされます。
15分待ち汁なし坦々麺が登場。
まず、全体をよく混ぜます。
かなりの太麺。茹でたあと水でしめることなく、そのまま丼に麺が入れられたようで、麺のまわりはぬめっとしていて混ぜづらいです。
よく混ぜたところで一口。
おいしいです。このモチッとぬめっとした極太麺がいいですね。
タレのうまさより麺のうまさを感じます。
モグモグ食べ応えのある麺です。
具はもやし、ニラ、ひき肉、かいわれ、チャーシューでした。
具はどれも少なめ。ひき肉はやや多いかなという程度。
特にもやしなんかはもう少し気前良く盛ってもいいんじゃないかな。
チャーシューは小さめですが、かなりぶ厚く、柔らかくておいしい。
このチャーシューとご飯を一緒に食べたいと思わせるものです。
大盛りはなかなか麺の量が多く、お腹いっぱいになりました。
これで850円は妥当かなと思います。
次回は限定のメニューを食べてみようと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件