なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まめご

神奈川県

電車を使いラーメンを食べに行くことが多いです。よく使う電車は京王線、小田急線、横浜線です。

平均点 79.855点
最終レビュー日 2019年10月19日
979 622 0 567
レビュー 店舗 スキ いいね
84

「赤王+味玉」@豚王 尖沙咀店の写真18時5分お店到着。
先客数名。
いつかはラーメンデータベースのマップをすべて埋めたいと思っていました。
そのなかで一番埋めづらいと思われる海外の欄。
なんと、今回の旅行で埋められそうです。
宿泊先の周りをブラブラ散策していると、日本のラーメン屋さんがとても多い。
武蔵、ばり馬、三田製麺所など。
そのなかでも一番近いのがこちら。
豚王。確か、凪の系列店で同じ名前のお店が渋谷にあったと思いますが、同じ店でしょうか。
店内へ入ると席へ案内されます。
メニューと注文表が渡されます。
メニューには日本語の表記もあります。
注文表には、ラーメンの種類やタレの量、麺の種類などを記入します。
いざ記入しようとすると、店員さんが僕が日本人ということに気づき、日本語の注文表を持ってきてくれました。
ラーメンは豚王、黒王、赤王、翠王、限定麺から選びます。
黒王はいかすみを使ったもので、赤王は辛いもの、翠王はパルメザンチーズなどを使った変化球系、限定麺は鰹節のラーメンでした。
豚王は一度食べたことがあるので、赤王を細麺、味玉セットにしました。
5分ほどでラーメン登場。
おお、具が豪勢。
具は、キクラゲ、ひきにく、辛いタレ、チャーシュー、ネギでした。
どれもたっぷり入っています。
まずはスープを一口。
辛味の強い豚骨スープ。
しっかりとしたラーメンです。
麺は細麺。
こちらも香港で主流のプリプリした細麺ではなく、加水率低めの博多系の細麺です。
チャーシューはかなり薄いバラ肉ですが、大きく2枚入っています。
食べ応えとしてはなかなか。
辛さは3倍(おすすめは1、10倍まで選択可能)にしましたが、結構な辛さ。
味玉はかなり黄身がゆるいもの。
甘めの麺つゆのようなものに漬けられています。
こちらもおいしい味玉。
まさか香港で本格的な博多ラーメンが食べられるとは。
お会計は$97。日本円で約1600円。
日本ではかなり割高に感じますが、具もどれも多めに入っていて、この内容ならこれぐらいしてもいいんじゃないかと思いました。
実際お客さんはいっぱい入っていました。
BGMは終始AKB。
日本を意識したラーメン屋さんは、香港でも大人気です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件