なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まめご

神奈川県

電車を使いラーメンを食べに行くことが多いです。よく使う電車は京王線、小田急線、横浜線です。

平均点 79.853点
最終レビュー日 2019年10月6日
978 621 0 567
レビュー 店舗 スキ いいね

博多旅行2日目。
朝は博多の人は意外とラーメンよりうどんを食べるというのを聞き、かしわうどんを食べました。
さぁ、お昼をどうしようかと考え、やはり博多ラーメンが食べ足りない!ということで、福岡市立博物館見学の後に訪問。
13時10分お店到着。
先客多数でした。
デフォのラーメンにしようかなとも思ったのですが、九州ラーメン総選挙で1位になったねぎごまラーメンをご飯ものか餃子とセットにできる100円セットで注文。
ごはんものはミニ明太子ご飯にしました。
麺も辛味タレも普通でお願いしました。
すぐにラーメンと明太子ご飯が登場。
まずスープを一口。
豚骨の旨味が効いているおいしいスープです。
大量のネギとごまであっさりどんどん飲めます。
麺は博多系標準の麺。
普通でもやや柔らかめです。
麺量はそこまで少なくないです。
食べ終え、替え玉を超カタで注文。
麺を茹でている間に明太ご飯を食べようと思っていたのですが、注文してすぐに替え玉が登場。
早い!
替え玉は超カタですが、ザクザクというよりはコナコナという感じです。
替え玉から高菜を投入。
替え玉は辛くないものでやや大きめに刻まれていておいしいです。
明太ご飯は刻み海苔がふられた小ライスに明太子と昆布がちょこんとのっています。
これもおいしいです。
ランチのセットでややお得感はありますが、しかし、替え玉150円やトッピングなどを考えると高め。
ラーメン単体や替え玉などの値段を考えるとこちらより神奈川や東京のほうが安いかも。
でも、昨日今日で博多ラーメンを4杯も食べることができ、満足です

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

なんとなく、消化不良。
さすがにおなかはいっぱいなのだけど、これじゃぁ悔いが残る。
しかし、もう一杯食べれば確実に明日に響く。
そんなことを考えながらさまよいます。
そうすると歩いてみるものですね。
超有名店の一幸舎や、おかもと、海鳴(?)、一竜などのお店を見つけました。
しかし、有名店はどれも外待ちが。
そのため、ホテルに戻りつつ、第一候補であったこちらで表記のメニューを。
出されたスープは、塩ラーメン?と思うもの。
まず、スープを一口。
塩分濃度はかなり高めなのですが、豚骨感は一切なし。
確かに、昔はこーだった!と言われればそうなのかもしれませんが、博多に博多ラーメンを楽しみに来た自分としては裏切られた感じ。
具はネギ、チャーシュー、のりのみ。
麺は極細麺でやや長いもの。
食べながら感じる裏切られた感じは、例えるなら関西から江戸前ずしを目当てに来た人が築地で昔ながらの江戸前ずしと書かれたメニューを注文し、馬鹿でかいおにぎりみたいなシャリにちょこんとネタが載った寿司を見た時のような残念さ。

しかも、卓上にあるのは胡椒とゴマのみ。
高菜は有料。ニンニクと紅生姜はなし。
これも、昔はそうだったと言われればそれまでなのですが、それにしても残念です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

博多旅行の初日の夜。
一次会はもつ鍋。
二次会は天神の屋台でおでんやら串焼きやら。
〆にその店でラーメンを食べたのだけれど、なんだか消化不良。
ホテルでお風呂に入り、中洲に出直します。
ホテルすぐ近くの博多荘か、暖暮で悩みます。
博多荘はレビューの数が少ない。
暖暮はかなりの有名店ですが、神奈川にも支店がある。
かなり迷って本場の暖暮に行ってみようと思い店を出ます。
地図を頼りに歩きますが見つからない。
とうとうたどり着いたのがこちらのお店。
ま、ここでいいやと思い入店。
先客7名。
ラーメンの食券を買い、固めで注文。
替え玉150円は高いなぁ。
5分ほど待ちラーメン登場。
おぉ、泡立っている。
真っ白ではなく茶褐色のスープ。
まず、スープを一口。
ややざらっとしたスープですが、豚骨の旨味を感じます。
具はネギ、チャーシュー、キクラゲ、のりでした。
麺は博多系標準の極細ストレート麺ですが、湯で具合は固めでも普通。
具はどれも凡庸。
本場なのでおぉ、とも思いますが、このレベルならどこでも食べられるとも思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件