なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まめご

神奈川県

電車を使いラーメンを食べに行くことが多いです。よく使う電車は京王線、小田急線、横浜線です。

平均点 79.853点
最終レビュー日 2019年10月20日
980 623 0 567
レビュー 店舗 スキ いいね

「醤油らーめん+あじ玉」@ら〜麺 楓の写真13時30分お店到着。
外待ち4名に接続。
隣の尾浦もそれなりに人が入っています。
以前、2010年頃に一度RDBを始める前に来たことがありますが、どんなラーメンだったっけ。
ファミリー客が多く、回転は悪め。
15分で店内待ちへ。
さらに5分でカウンター奥に案内されました。
どこからも調理工程が見えるカウンター。
着席後5分ほどでラーメン登場。
まずはスープを一口。
濃厚なスープ。
鶏からしっかりスープをとっているようで、ペタペタする感じの重めのスープ。
さらに、鰹節などの魚介の出汁も入っていて複雑な味わい。
麺は中細ストレート麺。
加水率低めの麺はプツッと切れて、喉越しが良いもの。
おいしい麺です。自家製でこの麺を作れるのはすごいなぁ。
具はメンマ、チャーシュー2種、ネギ、三つ葉、トッピングした味玉でした。
チャーシューは普通のバラチャーシューと低温調理のチャーシューです。
低温調理のチャーシューは苦手なのですが、こちらはかなり薄く切られているせいか、独特のグニュッとした食感がなくて苦手な自分もおいしく食べられる。
もう一方のチャーシューも薄めですが、脂がトロンとしていておいしいです。
麺量は140g程度でしょうか。
量的には物足りなさを感じます。
ご飯ものが充実していたので、大盛りやご飯ものを注文すればよかった。
お店は常に外待ちができている状態。
繁盛しています。おいしかった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@ラーメン 唐そば 渋谷2丁目店の写真15時35分お店到着。
道玄坂マンモスを後にし、唐そばを探します。
マップに住所を入力し、テクテク歩きます。
しかし、見つけたところはちばからの近くでゴールデンボールという汁なし坦々麺のお店。
なくなっちゃったのかなぁ。
近くを歩き回りますが見つかりません。
次は記憶を頼りに探してみます。
確か、ハンズの裏手のようなところでゴールドラッシュな近くにあった気がするんだよなぁ。
歩いていくとゴールドラッシュ発見!
よし!と思ったのですが、かつて唐そばがあったであろう場所は大規模な工事中。
諦めて帰ろうかと思ったのですが、軽く一杯なら食べられそう。
どこかないかなぁと彷徨います。
宮益坂を上り、美竹通りを歩きますが見当たらない!
途中クアアイナを見つけますが、さすがにそれは重い。
大勝軒を発見も量が多いなぁ。
いよいよ、帰ろうかと思った矢先に唐そば発見!
こんなところにあったのか。
それにしても、なぜ見つからなかったんだろう。
こんな時間ということもあり、先客1名。
カウンターに着席し、ラーメンを注文。
すぐにラーメン登場。
まずはスープを一口。
かなりサラッとしたスープ。赤のれんと比べるとかなり薄い感じ。
これはこれでありなんだろうけど、あれだけ濃厚なスープを飲んでしまうと物足りなさを感じてしまう。
やはり、連食をするときは違う系統のラーメンにしたほうが良いな。
麺は細ストレート麺。
長い麺でツルッとしなやかな喉越し。
ザクザク感はあまりなく、固めコールが合わない麺だと思います。
なんとなく、味気ない感じがしてしまうのでニンニクを入れたかったのですが、こちらも卓上にニンニクはありませんでした。
具はもやし、キクラゲ、メンマ、チャーシュー。
チャーシューは固めで噛みごたえのあるものが2枚。
これで700円は妥当かな。
でも、こちら一軒で済ませる場合は大盛りやご飯ものの注文は必須。
そういう場合は高くついてしまうかも。
ずっと来てみたかったお店に来られてよかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚つけ麺(胚芽麺)」@道玄坂マンモスの写真14時15分お店到着。
本日の二件目は渋谷でブックマークしていたこちら。
本当はこの間にもう一杯ラーメンを食べるはずが、意外とお腹が空かずそちらをスキップしてこちらへ。
こんな時間ですが、外待ち5名。
大盛りが50円と安かったのですが、もしかしたら奇跡的にもう一杯ラーメンが食べられるかもしれないと考え、並にしておきました。
先に食券を買ってから並ぶスタイル。
待つこと5分ほどで店内へ。
食券提出時に胚芽入り麺か極太もっちり麺どちらがにしますかとの確認がありました。
オススメの胚芽入り麺にしました。
吉祥寺のえん寺でも胚芽入り麺にしたっけなぁ。
着席から7分ほどでつけ麺登場。
並盛りは220グラムのはずですが、大きめの器にたっぷりと麺が入っています。
まずは麺だけいっぽん。
がっしりとした太麺。
小麦の風味を感じます。
続いて、スープ。
かなりの粘度。どろどろこなこな。
スープもすするというよりは食べるという感じ。
スープに麺を浸して食べます。
うまい。けど、まさにまたおま系。
ま、それを欲して来たんですが。
本当は麺にスープをたっぷりくぐらせて食べたいのですが、そうすると何口かでスープがなくなってしまいそう。
なので、加減をしながら食べて行きます。
具は麺の中に入っている柔らかくほろほろチャーシューとメンマ、水菜の葉っぱのところかな。
麺量が意外にあると思ったら、こちらも川崎の然と同じく上げ底のざるがありました。
ということであっさり完食。
どこで食べてもおいしいこの系統のつけ麺。こちらも満足です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「らぁめん」@赤のれんの写真12時17分お店到着。
先客多数で数席空いていたカウンターに着席。
今日は貴重な平日休み。
数日前から東京十社巡りとラーメンツアーしようと考えていました。
まずは一軒め。
さくっと博多系のこちらへ。
店内はラーメン屋というよりは、和食の居酒屋や定食屋といった雰囲気。
デフォのラーメンを注文。
なんと2分かからず着丼。
まずはスープを一口。
濃厚な豚骨スープ。
鶏白湯ではないけど、唇がペタペタする感じのスープです。
最初の一口はやや塩分抑えめかなと思いましたが、下の方からレンゲで混ぜてすするといい感じ。
麺は細めのストレート麺。
長めの麺ですが、ブツッとした食感の良い麺。
具はネギ、チャーシュー2枚と極めてシンプル。
チャーシューはやや固めですが、味わいがあるもの。
スープ、麺、チャーシューどれもなんとなく昔よく食べた下高井戸の英を思い出すものでした。
途中で卓上のニンニクや辛子高菜を投入したかったのですが、紅生姜しかありませんでした。
仕方ないので紅生姜を投入し、完食。
2件めを考えているのに、ほぼスープは飲み干してしまいました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン中」@立川マシマシ ロイヤルスープの写真14時35分お店到着。
なんとこの時間にも関わらず、外待ち3名です。すごい。
先に食券を購入し、店員さんに食券を渡したあと並び直す方式だそうです。
珍しい方式ですが、お店の入り口にその旨が書いてあったので、わかりやすい。
店先のベンチで座っているとすぐにお店に入れました。
6人ほどの団体さんだったらしく、その人達が出ると回転がよくなりました。
すぐに生卵と器が登場。
卵を割ってかきまぜてスタンバイOK!7分ほどでコールを。
以前、ヤサイマシにして食べきれなかったことがあったので、今日は普通で。
まずはスープを一口。
非乳化で醤油がガツンと効いたスープ。
卓上のニンニクを投入し、さらにスープを飲みます。
うんまいなぁ。
続いて麺を引っ張り出して一口。
二郎系としては標準かやや細めの太麺。
以前食べたときはブリンとしていてこんにゃく麺を思わせるような麺で印象がよくなかったのですが、おいしい!
モグモグしていて、小麦の風味も感じるおいしい麺です。
ヤサイは普通でも多め。
キャベツ率が高め。
さらにデフォでのるアブラもおいしい。
ちゅるんとしていて、しょっぱめのスープによく合います。
豚は小ぶりながら味がよくしみて、柔らかいものが2つ。
中盤でヤサイと麺を卵の器に入れて食べます。
熱々だった麺が食べやすくなり、卵で醤油がまろやかになり、さらに箸が進みます。
完食するときには満腹。
おいしかった。悪いイメージから一転、また来たいお店です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「えびみそ(そのまま)」@えびそば一幻 新宿店の写真12時55分お店到着。
外待ち11名に接続。
東郷青児美術館見学後、お昼ご飯にこちらへ。
休日のお昼時ということもあり、近隣の飲食店は混んでいるところが多いです。
20分待ち、外待ちの先頭へ。
入り口におしながきがあるので、そこでスープを考えます。
えびのストレートのそのままか、とんこつスープほどほどか、とんこつ強めのあじわいか。
初めてなので、そのままにしよう!
さらに、太麺か細麺を選べるので太麺だな!
考えることがたくさんあるので、それなりに時間が潰せる。
店内入ってすぐの券売機で食券購入。
この券売機が絶妙にわかりにくい!
ユニバーサルデザインの逆をいくデザインの券売機。
えびみそ太麺、そのままで。
さらに、えびおにぎりも。
10分ほどで入り口に近いカウンターに着席。
食券を提出するとすぐにえびおにぎり登場。
卓上にはニンニク、一味、コショウ、えび油がありました。
5分ほどでラーメン登場。
まずはスープを一口。
の前に、上のピンクの桜でんぶのようなやつが気になります。
桜でんぶだったらちょっとやだなぁ。
箸でつまんで食べてみると、サクサクしている。
海老味の何かを揚げた感じのもの。スープと一緒にふやかして食べてもおいしいです。
スープはほれほど海老感が強すぎることはありません。
めっちゃ海老ってことはなく、いい風味。
味噌は海老由来ということもあると思いますが、甘め。
うまく海老と味噌が合わさっています。
何口も飲みたくなるスープ。
続いて麺。加水率高めのプリプリした中太麺。
やや固めの茹で具合。
固めよりはやや柔らかいくらいの方が好きな自分としてはもう少し柔らかい方が好きかな。
どこでもどんなラーメンでも「固めで!」という人にはちょうど良いかも。
具はネギ、チャーシュー、半味玉とシンプル。
味玉ものりもないけれど、これくらいシンプルでいいかもなぁ。
麺を食べ終えたところで、えびおにぎりを箸で崩してそのまま食べてみます。
おいしい!海老の風味がしっかりと効いています。これは、今まで食べたことがないけど、海老の炊き込みご飯という感じ。
和風エビピラフのおにぎりでもいいかも。
しかも、驚いたことに小さい海老が結構入っている。
そのままでも十分おいしいなぁ。
そのまま下に敷いてあるのりで包んでおにぎりとして食べるのもいいと思ったのですが、やってみたかったおじや風にすることに。
残ったおにぎりをスープに投入。
海老の風味が強くなります。
あぁ、これもおいしい。
さらに、卓上の一味とえび油を追加。
えび油はチョロっとしか出ないので、味の大きな変化は感じませんでした。
一味は良いピリ辛感がでます。
汁も飲み干し完食。
おいしかった。
特にえびおにぎりはナイス。
そのままでも、おじや風でもよし。
僕が店内に入った時、えびおにぎりを2つ注文している人がいましたが、おそらく1つはそのままでもう1つはおじや用として頼んだのではないでしょうか。
満腹でごちそうさま。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「東京豚骨煮玉子ラーメン(大盛り)」@屯ちん 池袋本店の写真13時15分お店到着。
先客多数。
入ってすぐの券売機で食券を購入後、カウンターの奥に案内され着席。
今日はサンシャインへ。
お昼は池袋でブックマークしている8店のラーメン屋さんのなかでこちらへ。
駅からそれなりに近く、席数も多く、通し営業で来やすいお店。
イスの間隔が狭め。
しかも固定されているイスなのでやや窮屈。
6分ほどでラーメン登場。
まずはスープを一口。
あっさりめの豚骨スープに背脂が浮いています。
臭みなどはなく、初めて食べる感じのラーメンですが自分好みです。
麺は中細縮れ麺。
ややポソポソした麺ですが、それもなかなかおいしい。
具はメンマ、のり、チャーシュー、味玉、ネギでした。
メンマは太めの存在感があるもの。
チャーシューは分厚く、食べ応えがありました。
デフォでは味玉が入っていなくて、100円増しの味玉トッピングをすると1.5こ分の味玉がつくと思っていたのですが、デフォのラーメンに半味玉がつくらしい。
だったら、わざわざ追加でトッピングしなくてよかったな。
中盤で卓上の辛子高菜を投入。
辛味が強めの辛子高菜で、スープにパンチが出ます。
大盛りだと麺量が結構増えたように感じます。
200グラムを超えるぐらいかなぁ。
終盤で豆板醤を投入。
辛味だけでなく、ほんのり甘みも際立った感じがします。
スイカに塩と同じ感じかな。
本当はニンニクも入れたかった。
とても合うと思う。
お腹いっぱいで完食。
おいしかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(大盛り)」@中華そば 藤の写真13時30分お店到着。
先客1名でした。
八王子系の新店に訪問。
きれいな店内。
入ると正面に券売機があります。
券売機の隣には大きなメニュー表。
メニューには全て番号が振ってあり、券売機の番号とリンクしています。
先客の調理と重なったためか、10分ほど待ってラーメン登場。
八王子系としてはややかかるなぁ。
はっきりと調理は見えませんが、丁寧につくっている様子はうかがえます。
まずはスープを一口。
久しぶりの八王子系のスープが体に染み渡る〜。
おいしい!
醤油の効きがほどよく、グイグイ飲めちゃいます。
しかし、ラードが表面を覆っているので熱々。やけどに注意です。
麺は細ストレート麺。
かなり細めに感じます。
びんびんもかなり細めに感じましたが、こちらも同じぐらい細く感じます。
岩本製麺とありました。
具はメンマ、チャーシュー、たまねぎ、のりでした。
たまねぎはかなり細かく、それほど食感は残りません。水にさらしているのか、風味も弱めかも。
八王子系のたまねぎ好きの方は薬味増しがいいかもしれません。
大盛りでしたが、ペロリと完食。
おいしかった!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「朝煮干し醤油+味玉」@ソラノイロ NIPPONの写真8時45分お店到着。
先客7名ほど。
六厘舎はいつものように行列が。
朝ラーをやっているもう一店のこちらは、いつも外並びまではできていません。
朝は煮干し醤油かベジラーメンかのどちらか。
しかし、大盛りや各トッピングは注文できるようです。
煮干し醤油に味玉をトッピングしました。
店内は入り組んでいて、狭いながらも多くの席を確保しようという感じ。窮屈感はないので、工夫された良い造りなのだと思います。
5分ほどでラーメン登場。
丼が小さめ。
まずはスープを一口。
煮干しがガツンと効いています。
醤油はそれほどガツンという感じではないのですが、塩味は強め。
醤油以外に塩が入っているのか、塩分濃度が高い薄口醤油を使っているのか。
続いて麺を一口。
やや透明がかった中太のウェーブがかかった麺。
加水率が高く、クニュっとしています。
さらに、茹で具合も柔らかめなので余計にクニュっと感じます。
小麦の風味などは感じず、太い冷や麦を食べているような感じ。
あまり好みの麺ではありません。
具はメンマ、チャーシュー、ねぎでした。
チャーシューは鶏と豚の2種。
豚は歯応えがしっかりしたもので、鶏はしっとり柔らかいものでした。
どちらもおいしいチャーシューでした。
トッピングをした味玉は色がうっすらついていますが、味はしっかり。
ほどよい茹で加減でおいしい味玉でした。
丼が小さいので、麺も少ないかなと思ったのですが、130g〜140gはありそう。
朝ラーをやっているのがポイントかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「フュージョン(ニンニク)」@火の豚 立川ラーメンスクエア店の写真18時40分お店到着。
先客7名でした。
閑散としたラーメンスクエア内で、この時間でもこのお客さんの数は、それなりに健闘しているという感じのこちら。
お盆休みを利用してラーメンツアー。
といっても遠くには行けないので、ブックマーク店がたくさんある立川へ。
こちら看板のフュージョンを注文。
無料トッピングは、食券提出時とのことで、ニンニクでお願いしました。
7分ほどでラーメン登場。
まず感じたのはスープが少ない!
提供された状態でスープがほぼ見えない。
まずは麻婆の部分を一口。
中本同様ピリッとした辛味は感じますが、味自体はあまりない感じ。
結構固めの餡。
この餡にもスライスニンニクがたっぷり入っていて、ニンニク好きにはたまらない。
続いて、スープを一口。
豚が濃いスープ。やや豚臭さも感じるスープで、豚骨感としては二郎系と家系と博多系の間のような感じ。
そこに、やや強めに醤油が効いているので、二郎っぽさが出ています。
次に麺を引っ張り出します。
麺はうねりのある太麺。
おいしそうな麺ですが、スープが少なく、麺がスープに浮いていないので、引っ張り出すのが大変。
麺はゴワゴワしていておいしいです。
あまり味を感じない麻婆部分もヤサイと食べるといい感じ。
豚は一枚だけですが、大きさ、分厚さは素晴らしい。
パクっとかぶりつくと、柔らかくていい感じ!と思いきや、味が薄い。
色的にもほぼ付いていない感じ。
これは、残念。
埼玉や人形町でしか食べられなかったこちらが、立川で食べられるということで期待していましたが、スープの少なさ、豚、値段はやや残念。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件