なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ぬこ@横浜

男性 - 神奈川県

週1,2食くらいのスローペースでラーメンレビューしています。

平均点 72.429点
最終レビュー日 2019年10月16日
3,313 2,337 7 8,881
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷やしラーメン」@どさん子大将 日野店の写真【入店状況】1225入店。先客4名、後続1名。
【注文】冷やしラーメン(750円)。メニュー名からは醤油の冷やしメニューのようにも思えるが・・・。
【待ち時間】9分。先客は少なかったが少し待たされた。
【麺】中太で縮れの入った麺。普通の味噌ラーメン等に使う麺なのかもしれない。茹で加減は普通。
【たれ】所謂冷やし中華の酢醤油たれ。酸味は程々。無難な味付けではあるが、これという特色もない。
【具】刻みチャーシュー、錦糸玉子、茹でもやし、メンマ、胡瓜、刻み海苔。具の構成は冷やし中華とラーメンのハイブリッドという感じか。
【感想】「冷やしラーメン」という商品名から冷やし中華でない冷やしラーメンを期待したので、冷やし中華が配膳されたことには少々落胆した。味自体は普通ではあるがそれ以上の嬉しさはなかった。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし刀削麺」@刀削麺荘 ヨドバシ横浜店の写真【入店状況】1205入店。先客7,8名、後続10名程度。
【注文】冷やし刀削麺(880円)。パクチーの有無を聞かれたので、パクチーは入れてもらう。
【待ち時間】6分。あまり待たされなかったのは助かった。
【麺】極太の刀削麺。刀削麺らしく多少厚みにぶれはある。茹で加減は普通。麺の量は普通。ただ、刀削麺はお腹にたまりやすいのか満腹感は十分にある。麺がキンキンに冷えていなかったのは少々残念。
【スープ】あっさりした鶏ベースの冷やし塩スープ。このスープで食べることもできるが、スープとは別にごまだれがついている。このごまだれは少し酸味のあるもので、食欲がないときには良い味付けになっている。
【具】蒸し鶏、トマト、海月、錦糸玉子、水菜、パクチー。蒸し鶏の量が少なかったのがちょっと残念。海月は細切りではなく、ぶつ切りになっていて普段食している中華海月とはことなり固めの食感が楽しめる。
【感想】冷やしラーメンとつけ麺のハイブリッドな一杯。2つの味を楽しめる。冷やし加減が足りないことと、蒸し鶏がやや少なめというのは残念だが、汗をかかずにしっかりと食べられる暑い季節向きの一杯だった。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 9件

「水餃子入りネギ生姜煮込みラーメン ピリ辛つけ麺風」@和香佐の写真【入店状況】1920入店。先客5名、後続1名。
【注文】水餃子入りネギ生姜煮込みラーメン ピリ辛つけ麺風(880円)
【待ち時間】6分。意外に早く配膳された。
【麺】中太麺。以前食べた中太麺と同じように思えたので長多屋製麺のものかもしれない。茹で加減はやや固め。麺の量は普通程度。
【スープ】土鍋の中には白湯のスープが、そして別器には唐辛子を浮かべたつけだれが入っている。白湯のスープは鶏ベースだろうか。少しとろみがあり、ほんのりとした甘みを感じるものでこれはこれでラーメンの麺とも良く合う。別器に入ったタレに麺や具を付けるとこれまた全く別種の麺料理の如く味が変わる。タレは一見辛そうに見えるが辛味はほとんどなく、酸味と鰹出汁を強く感じるものになっており、つけて食べるとさっぱりした味わいが楽しめる。
【具】土鍋の中には煮込み野菜(白菜、キャベツ、もやし、玉葱少々、木耳など)、麺の上には水餃子とペースト状になったネギ生姜が乗せられている。ネギ生姜の茶色い粉は麻風味を出すための山椒か?タレには特に具は入っていない。野菜の量はそこそこにある。全く別の味にはなるが土鍋のスープにもタレにも野菜は良く合っていた。水餃子はやはりタレにつけたほうが美味い。あえて言えば水餃子はもう少し具が多いほうが嬉しかったか。ネギ生姜は風味を変えるほど強くはなかった。
【感想】土鍋部分だけでみればラーメンでありながらトータルではつけ麺、という分類に悩む一杯。ラーメン・つけ麺というよりは、白湯の水餃子鍋に麺を入れた料理というほうが近いのかもしれない。分類はどうあれ珍しいタイプの麺料理で面白みがあり、また二つのタイプの味を堪能できた。

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 45件

「冷麺(辛)+ギョーザ」@玉泉亭 横浜ポルタ店の写真【入店状況】1320入店。先客11名。13時を過ぎているが結構客は多い。
【注文】冷麺(辛)(650円)+ギョーザ(430円)
【待ち時間】餃子は6分、冷麺は7分。
【麺】サンマーメンなどに使われているものと同様の細麺。茹で加減はやや柔目。冷やし加減は弱い。もう少しきりっと冷やしているほうが嬉しい。
【タレ】タレ自体は冷やし中華のような酸味の効いた醤油ダレ。良く言えば安定した味付けのもの。新鮮さには欠けるが・・・。
【具】刻みチャーシュー、もやし、プチトマト。メインの具は豆板醤で和えたもやし。辛味自体は然程強くなく適度な刺激。
【感想】ちょっと捻った冷やし中華というところ。具はシンプルなので餃子などと一緒に頼む方がいいかもしれない。
【備考】このメニューは玉泉亭 横浜ポルタ店オリジナルと思われる(中華菜館 玉泉亭 ダイヤモンド店にはなかった)

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 8件

「辣雞涼麺」@銘菜館の写真【入店状況】1228入店。先客20名以上、後続2名。近隣のリーマン・OLで賑わっている。
【注文】辣雞涼麺(700円)。「ラジリャンメン」と読む。鶏挽肉醤油冷麺だ。
【待ち時間】10分
【麺】中細の中華麺。冷やし加減が弱い麺のは残念。麺の量は普通。
【スープ】酸味の強い醤油タレ。いわゆる冷やし中華のタレと似たものだ。タレ自体の辛味はない。
【具】鶏そぼろ、水菜、ナッツ。鶏そぼろは醤油味と甘みの強いもの。ご飯に良く合いそうな味付けだ。水菜は見た目のように結構量もあり、そぼろと一緒に食べると良い感じになる。鷹の爪が乗っておりそぼろにも多少唐辛子の輪切りが入っているが、さほど辛くはない。
【感想】ちょっと珍しい具の冷やし中華という感じか。味はまずまずというところ。もう少しそぼろの辛味を強調したほうが、このタレにはあっている気がした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「什錦魚麺」@麒麟館の写真【入店状況】1920入店。先客は1階7名、2階8名。
【注文】什錦魚麺(980円)。
【待ち時間】10分。
【麺】魚入りの麺、というより摺身を麺状にしたというべきか。麺自体の味付けは控えめ。この麺だと啜るのは難しく、数本づつ食べるという食べ方になってしまう。
【スープ】あっさりした塩スープ。やや魚臭さがあるがこれは魚麺を煮込んだことによるのであろう。
【具】白菜、セロリ、人参、椎茸など。セロリを入れたのはスープの魚臭さを中和するためか。
【感想】評価が難しい一杯。麺が麺でありかつ具でもあるという特異さが際立つ。ラーメンの楽しみ方の一つである「啜る」という食べ方が出来ないのはもはや麺料理というカテゴリから外れているのかもしれない。麺料理というよりはスープの一種というべきか。しかし、未知の料理を経験出来たのは貴重ではある。
【補足】関帝誕終了直後という時間なので中華街全体として何時もより人は多かった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件