なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ぬこ@横浜

男性 - 神奈川県

週1,2食くらいのスローペースでレビューしていきます。

平均点 72.410点
最終レビュー日 2019年7月14日
3,279 2,306 7 8,706
レビュー 店舗 スキ いいね

「拌麺・花生」@沙県食坊の写真【要約】飲んだ後の〆や、セットものにつける一杯として良さそうな拌麺。
【入店状況】2019-07-10 1227入店。先客3名、後続1名。
【中物】拌麺・花生(480円)。これはピーナッツ味の拌麺。胡麻味の拌麺も別メニューにはある。
【待ち時間】3分。さほど待たされず配膳された。
【麺】中細の平麺。茹で加減は普通。色合いからも日本の鹹水入りの麺とは異なるタイプのものだと想像できる。意外と弾力を感じる麺だ。麺の量はやや少なめ。
【たれ】透明な塩味のたれと底に置かれたピーナッツペースト。ピーナッツペーストと言っても甘みのあるものではない。この2種のたれを麺と混ぜて食べる。思ったよりも味付は強い。今回は使わなかったが、後半、若干単調に感じるかもしれないので、卓上の唐辛子や酢で味を変えながら食べるのも良いかもしれない。
【具】葱のみ。非常にシンプル。
【感想】値段・麺の量からも、これ単品だとボリュームとして物足りなさは否めない。この麺は主食として楽しむというより、この店で飲み食いをしたあとの〆として(日本で言えば〆のもりそばという感覚か)使うか、あるいは、ワンタンとのセットメニューのように、他のおかずと一緒に楽しむというものなのだろう、化調が強いという評もあるようだが、そういうことを気にせずに気軽に食べるのが良い店だと思える。
【備考】なんとかデータベースの採点対象外だが、鹵肉飯(680円)も美味かった。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「炸醤刀削面」@隆盛軒の写真【要約】ご飯がすすむ味付けの肉味噌を刀削麺ががっちり受け止める、バランスの良い炸醬麺。
【入店状況】2019-06-15 1247入店。先客6名、後続1名。
【注文】炸醤刀削面(780円)。色々な刀削麺があり少し迷ったが、今回は炸醬麺タイプにしてみる。ランチタイムはライスサービスもあるようだが、今回は単品を選択。
【待ち時間】5分。思ったより早く配膳された。
【麺】極太の刀削麺。厚みのあるもっちりした麺は、肉味噌の味付けにも負けずに麺自体の主張もある。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【具】肉味噌、茹でキャベツ、パクチー。肉味噌内の具材は挽肉と細かく刻んだ玉葱。肉味噌自体は塩辛すぎず適度な甘みもあって、麺だけでなくご飯も進む味付け。挽肉の量が多めなのは嬉しい。茹でキャベツは箸休めとして良い働き。パクチーの量はほどほど。苦手な人は注文時に抜き指定したほうがいいかも。
【感想】久々に刀削麺を食べてみたが、肉味噌との相性がとても良い。麺が細いと肉味噌の味に塗り潰されそうところを、太く厚みのある刀削麺であるために、麺自体の味も楽しむことができる。事前情報なく入った店だったがいい感じの刀削麺を味わえた。次回は油撥刀削面を試してみるのも良さそう。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「海老と春キャベツのXO醤麺」@春水堂 横浜ポルタ店の写真【要約】ほんのりとして海老風味とキャベツ、それと麺との組み合わせを楽しむ一皿。
【入店状況】2019-05-23 1127入店。先客16名、後続8名。店の雰囲気らしく、入店時自分以外は全て女性客だった(退店時には2名の男性客がいたが)。
【注文】海老と春キャベツのXO醤麺(972円)。
【待ち時間】7分。先客は多かったがそれほど待たされずにすんだ。
【麺】太めの平麺。冷やし麺ではなく温麺での提供。茹で加減は普通。麺の量はやや抑えめ。
【たれ】XO醤を使った醤油だれに辣油+唐辛子で軽く辛味を加えたもの。具由来の海老風味も少し加わっているようだ。塩気は強めに感じるが、キャベツとの相性を考えるとこのくらいの味付けが良いのか。ただ、後半若干単調さを感じたので、味変などの要素があればなお良かったかも。
【具】海老すり身団子、茹でキャベツ、かいわれ、干し小海老、胡麻。
【感想】まずまずというところ。海老すり身団子も悪くはなかったが、できれば海老自体を数尾加えて、海老とたれとの相性を楽しみたかったところ。見た目は鮮やかで目で楽しめる要素はある。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件

「牡蠣と鶏肉のチーズ刀削あんかけ麺セット」@西安健菜キッチン MARK IS みなとみらい店の写真【要約】石焼き刀削麺+具沢山の白湯たれという面白いスタイルの刀削麺。
【入店状況】2018-12-14 1904入店。先客16名、後続2名。
【注文】牡蠣と鶏肉のチーズ刀削あんかけ麺セット(税別1371円)。セットにはサラダ、スープ、羽根付き餃子がついてくる。なお単品は税別1019円。
【待ち時間】8分。思ったより早く配膳された。
【麺】石焼に入った幅広の刀削麺。麺には軽くチーズが塗してあり黒胡椒が振りかけられている。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【たれ】色々な具が入った白湯たれ。これを石焼きの中に投入する。写真は投入直後に煮えたっている状態を撮影したもの。やや塩気は強めに感じたが許容範囲。
【具】牡蠣、鶏肉、椎茸、青菜、白菜、もやし。大きめの牡蠣は半ば焼牡蠣状態で美味い。その美味い牡蠣が1個しかないのは残念。鶏肉はやや大きめにカットされたもの。チーズ風味のたれと良く合う。椎茸の風味も良い。白菜と青菜も程々に多くヘルシー。
【感想】今まで食べたことのないタイプの刀削麺。チーズと刀削麺の組みあわせは意外にも好印象。唯一残念なのは牡蠣の量が少ないこと。セットだと1500円近くになるが、それほど割高感はない。
【備考】分類上は汁なし系とした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「アサリとベーコンのペペロンチーノ」@九州大分ラーメン 麺恋亭 中華街店の写真【要約】パスタ風にアレンジした麺恋亭流和え麺。飲んだ後に〆にも良さそう。
【入店状況】2018-11-08 1921入店。先客21名、後続2名。
【注文】アサリとベーコンのペペロンチーノ(税別850円)。このメニューは秋・冬メニューの10番。キャッチフレーズは「アサリ、ベーコン、たかの爪、ガーリックをオリーブオイルで炒め麺恋亭の太麺を入れて作ります。ちょっと油っぽいけどオリーブオイルだから大丈夫!!」 今回はビールを一緒に頼んでみる。
【待ち時間】8分。先客数が多かったのでできもっと待たされるかと覚悟していたが、それ程待たされずにすんだ。
【麺】中太麺。茹で加減は普通。この店で使われているものだが、和え麺にするともちっとした食感がいつもより強調されて感じる。するっと食べてしまえる事もあって、麺量はやや控えめに感じる。
【たれ】具と炒めたオリーブオイル。ニンニクと鷹の爪が香味を添える。若干、オイリーな感はあるが、そこで生ビールが活きてくる。
【具】アサリ、ベーコン、刻みニンニク、鷹の爪。アサリは小粒のもの。これらの具とオリーブオイルが合わぬはずもなく。欲を言えば、もう少し具のサイズが大きいと更に食べごたえがあったか。
【感想】パスタ風にアレンジした麺恋亭流和え麺。麺を炒めずに茹でて和えているだけ、というのもポイントか。ボリュームはやや控えめに感じるので、主食としてはやや弱いが、大人数で飲んでる時のつまみや、最後の〆としては良さそうだ。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 128件

「花山椒の汁なしタンタン麺」@九州大分ラーメン 麺恋亭 中華街店の写真【要約】辣より麻を主体に楽しむ汁なし担々麺。
【入店状況】2018-09-07 1915入店。先客15名。飲み客含めて結構な客入り。
【注文】花山椒の汁なしタンタン麺(税別850円)+レモンサワー(税別390円)。キャッチフレーズは「マーボーに良く使われる花山椒がメッチャ効いてます しびれる~感覚を味わってネ」
【待ち時間】14分。先客数も多かったのでやはり待たされた。レモンサワーは麺の配膳時に注文。こちらは1分ほどで配膳された。
【麺】中太麺。麺恋ラーメン等に使われているものか。茹で加減は普通。麺の量は汁なし系と言うこともあり、やや少なめに感じる。
【たれ】濃厚な胡麻だれ。冷やしではなく温かいたれだ。辛味はピリ辛程度。花山椒による痺れ感はほどほどに強め。食べ終わった時には軽く汗をかいていた。たれの量は多めなので、もう少し麺の量が多いと良かったかも。
【具】挽肉、もやし、ニラ。中央に挽肉、その回りを囲むようにニラが配置されており目にも鮮やか。具単体で主張する訳ではなく、担々だれを補強する役割か。
【感想】辛味はそこまでではないが痺れ感はきちんと楽しめた一杯。辛さ指定オプションがあればなお良かったかも。味付けは強めなので飲み物と一緒に食べるのもあり。
【備考】およそ4カ月間ぶりに訪問。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 128件

「汁なし担々麺」@東京情熱餃子 桜木町本店の写真【要約】ぬるさが中途半端な印象を与える汁なし担々麺。
【入店状況】2018-07-20 1821入店。先客6名、後続5名。カウンターもあり、お一人様でも使いやすい雰囲気。
汁なし担々麺(税別680円)。
【待ち時間】分。先客はそれほど多くはないが待たされた。また5分くらい経過してから厨房に注文が通ったようだが・・・。急いでいる時には避けた方が良い店かもしれない。
【麺】細麺。茹で加減は少し柔目。麺は冷やされてはいない。麺の量は普通程度。
【たれ】胡麻だれに辛みを加えた担々だれ。色合いは辛そうに見えるが実際にはピリ辛程度。塩気は程々。こっちも冷やされておらずぬるい。
【具】チャーシュー、挽肉、味玉、メンマ、キャベツ、胡瓜、葱。具はけっこう多彩。チャーシューと味玉が乗るのは珍しい気がする。キャベツも珍しいがこれは悪くない狙い。胡瓜も入っていた。
【感想】汁なしではあって冷やしではない。熱々でもキンキンでもない半端さが気になった。具はけっこう頑張っているか。トータルではまずまず。次回は麺ではなく餃子を試しにいこう。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ジャージャー冷麺」@中国美食 唐苑酒楼の写真【要約】野菜多めのジャージャー麺。
【入店状況】2018-07-06 1208入店。先客40名超、後続不明。雨のためか、近隣のリーマンが集中しているようだ。
【注文】ジャージャー冷麺(880円)。
【待ち時間】注文まで3分、注文から配膳まで7分。
【麺】中細の中華麺。茹で加減は普通。麺自体は冷やされている。麺の量はやや少なめ。
【具】肉味噌、レタス、胡瓜、トマト。肉味噌の具材は挽肉、刻み筍、刻み椎茸。自分好みの具材の肉味噌だ。味付けは甘すぎず。量は麺とのバランス上、ちょうど良い量だった。
【感想】通常のジャージャー麺に加えて生野菜を強化した印象のもの。ジャージャー麺は肉味噌がやはり肝になるが、この一皿の肉味噌は自分好みのものだった。全体のボリュームはやや控えめに感じるが、少なすぎるという程でもないので、ヘルシーランチとして食べるのであればあり。
【備考】ランチサービスとして杏仁豆腐がついてきた。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 14件

「汁なし野郎・並」@野郎ラーメン 川崎東口店の写真【要約】ややおとなしめの二郎系汁なしメニュー。
【入店状況】2018-06-07 1218入店。先客3名、後続2名。
【注文】汁なし野郎・並(830円)。好みの指定は特になし。
【待ち時間】6分。さほど待たされずに配膳された。
【麺】太麺。茹で加減は普通。麺の量は二郎インスパイア系としては少なめか。とはいえ並盛でちょうど良かった。大盛だと自分には多すぎただろう。
【たれ】醤油味のたれ。予想より塩気は控えめ。今回は刻みニンニクの追加は自重した。
【具】チャーシュー、生卵、もやし、ニラ少々、刻み海苔。チャーシューの量は程々。具の大半はもやし。後半にブラックペッパーを振りかけてもやしをスパイシーに変えてみた。カレーパウダーも併用すると、なお良かったかも。
【感想】まずまず。刻みニンニクの追加もなかったので少々パンチ不足気味だったこともあるか。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「台南混ぜそば+セット3」@手作り点心舗 阿里城の写真【要約】辛味のない少し変わった汁なし担々麺か。セットメニューはお得感がある。
【入店状況】2018-06-06 1900入店。先客4名、後続数名。他にも食事ではなく、台湾スイーツをテイクアウトするお客さんもちらほら。時間帯にもよるかもしれないが、店内は自分以外すべて女性。
【注文】台南混ぜそば(630円)+セット3(200円)。
【待ち時間】5分。先客数が少ないこともあって、さほど待たされずにすんだ。
【麺】細めの麺。もそっとした食感の麺だ。茹で加減はやや柔め。最初、混ぜるとき少し難儀した。麺の量はやや少なめ。
【たれ】胡麻ベースの辛味のない温かいたれ。塩気はやや抑えめ。少し癖を感じる味付けで好みは分かれそう。たれの量は適度。麺を食べ終えると、ほぼたれもなくなっていた。
【具】挽肉、もやし、ナッツ、カイワレ、黒胡麻。挽肉は軽く味付けされたもので、量はほどほど。もやしの量はそれほど多くはないが、食感の変化をつける働きには十分。
【感想】辛味のない汁なし担々麺という感じの一杯か。具や辛味のなさから「担仔麺」の亜種ともいえそう。麺単品としては値段相応というところか。セットメニューが結構なボリュームなので、麺量が控えめでも十分に満腹になる。この店はセットメニューのお得感があるので、次回も別メニュー+セットメニューを試してみたい。
【備考】セット3は焼き餃子3つと海老ワンタンが3つ入ったスープ。スープは薄味。ワンタンは海老一匹が入ったもので、結構ボリュームはある。
【備考】スープ種別は担々麺の亜種と判断して「担々麺」とした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件