なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ぬこ@横浜

男性 - 神奈川県

週1,2食くらいのスローペースでラーメンレビューしています。

平均点 72.427点
最終レビュー日 2019年10月13日
3,311 2,335 7 8,870
レビュー 店舗 スキ いいね

「香ばしい鯛出汁の塩とんこつラーメンセット」@バーミヤン みなとみらい店の写真【要約】魚介風味を加えたあっさり豚骨ラーメン。
【入店状況】2017-02-27 1213入店。ほぼ満席。待ち客9名、後続不明。平日のランチライムはいつも混んでいる。
【注文】香ばしい鯛出汁の塩とんこつラーメンセット(税別899円)。このセットには餃子3個がつく。このメニューは「海鮮らーめんフェア」のメニューの一つだ。
【待ち時間】着席まで5分、着席から配膳まで6分。先客数は非常に多かったがあまり待たされないのは、セントラルキッチンのチェーン店ならではか。
【麺】細ストレート麺。他のメニューで使っているものとは異なり、このメニュー専用の麺なのかも。茹で加減は普通。麺の量はやや少なめ。
【スープ】ややあっさり目の白濁した豚骨塩スープ。品名にもあった鯛出汁感はほどほどには感じる。鯛出汁と合わせるためなのだろうか、逆に豚骨感はそれほど強くは感じない。少し塩気が強めに感じられるのが気になった。
【具】チャーシュー、味玉、筍、わかめ、葱。チャーシューはやや厚めにスライスされたものが1枚。味付けは甘辛。味玉の味付けもほどほど。メンマではなく軽く焼き目をつけた筍を使っているのは、春メニューらしさの演出か。わかめの食感が思いのほか良い。
【感想】豚骨と鯛出汁という、中華ファミレスらしからぬ少し攻めた印象の一杯。メニューに合わせて麺を変えているのは悪くない。スープはそれほど尖ったものではないが、これはファミレスという店の性質ゆえか。他のフェアメニューも順次試しておきたいもの。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 38件

「ちゃんぽん」@汁番 市ヶ谷店の写真【要約】肉野菜炒めを一緒に楽しむラーメン。
【入店状況】2014-09-06 1246入店。先客8名、後続1名。
【注文】ちゃんぽん(780円)。「本場の味」と書いてあり、長崎ちゃんぽんのような味を期待して注文してみる。
【待ち時間】7分。
【麺】中太麺。長崎ちゃんぽんとは異なり、煮込んで提供されていない。茹で加減は普通。麺の量も普通程度。
【スープ】白濁した豚骨メインと思われるスープ。濃厚なものではなく、粘度は低くさらっとしたスープ。味付けは若干抑えめ。胡椒との相性は良い。
【具】豚肉、練り物、キャベツ、もやし、にら、人参、木耳などの炒めもの。海鮮系の具は入っていない。具の量は多め。
【感想】具も多く、味自体はそれほど悪くはなかった。ただ、「本場の味」とはあったが、いわゆる長崎ちゃんぽんとは異なるタイプのちゃんぽんであり、長崎のそれを期待すると違和感を覚えるかも。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「マー油塩とんこつらーめん+替玉」@麺屋 蓮花の写真【要約】濃厚なスープを替玉を追加してとことん味わいたくなる一杯。
【入店状況】2014-05-01 1255入店。先客9名。満席。後続10名程度。
【注文】マー油塩とんこつらーめん(730円)+替玉(100円)。麺の硬さは固めを指定。替玉は「ばりかた」を指定。
【待ち時間】着席まで6分、着席から配膳まで8分。九州豚骨っぽい店だが思ったより配膳まで時間はかかる。替玉は2分くらいかかった。
【麺】細ストレート麺。こういうスープには細ストレート麺はよく合う。固め、ばりかたのそれぞれの食感の違いを楽しめるのも、替玉スタイルの店の楽しみの一つ。個人的な好みでは、ばりかたより固めのほうが好みだった。麺の量は1玉125g。替玉なしだと物足りないが、替玉を加えると食べきるのがちょっと大変と、ボリューム的にはちょっと悩ましい感じ。
【スープ】濃厚な塩豚骨スープに黒色のマー油を浮かせたスープ。濃厚なスープなのだが、不思議と飲みつづけてももたれないスープだ。このスープ目当てでくるお客さんも多そうだ。マー油に関しては最初の一口目はマー油らしい風味を感じたが、後の方になるとほとんど影響は感じなくなる。替玉追加のタイミングで、ニンニクとすりごまを加えてみる。ニンニクとこのスープの相性はやはり良い。
【具】チャーシュー、メンマ、葱、糸唐辛子、海苔。チャーシューは厚切りで脂が乗ったもの。二郎系メニューにも乗ってそうなタイプだが、これがとても美味い。数個、サイコロ大の小さなチャーシューも入っていたが、この大きさでも美味さが感じられる。メンマが入っているのは意外だった。葱はもう少し入っているほうが嬉しかったか。
【感想】普段、この系統の豚骨は食べないのだが、たまに食べてみると美味いものだ。替玉を加えればボリュームも十分。また具にもきちんと惹きがある。古淵周辺の人気店というのも分かる気がする店だった。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「おはなラーメン(太麺)」@おはな商店 関内店の写真【入店状況】1925入店。先客3名、後続8名。丁度食事時になって人が入ってきたようだ。
【注文】おはなラーメン太麺(880円)。梅まし、もやしノーマル。
【待ち時間】4分待ち。
【麺】弾力に富んだ太麺。予想以上の太さと食べごたえだった。
【スープ】濃厚豚骨という名に恥ない濃さの塩豚骨。魚介風味もあるがそれが主ではなく、あくまでも主役はは豚骨。後述の梅トッピングを混ぜると微かな梅の味がするが少々弱いか。梅の風味を感じたければ梅トッピングは「ましまし」にしたほうが良さそうだ。
【具】チャーシュー、味玉、水菜、葱、木耳、海苔、もやし、梅。チャーシューは脂多め。味玉は普通。木耳は柔らかめに戻してあった。梅の酸味はあまり強くないように思えた。
【感想】なかなか面白い味の一杯。次回は細麺を試しておきたい。卓上には微塵切りのにんにくがあったので、梅抜きでにんにくをたっぷり入れて全く違うテイストの一杯も楽しめそうだ。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件