なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ぬこ@横浜

男性 - 神奈川県

週1,2食くらいのスローペースでラーメンレビューしています。

平均点 72.429点
最終レビュー日 2019年10月16日
3,313 2,337 7 8,880
レビュー 店舗 スキ いいね

「十目長寿羅麺」@味の時計台 駅前通り総本店の写真【要約】チェーン店ならではの安心感を基盤にした味噌ちゃんぽんっぽい一杯。
【入店状況】2015-06-14 1100入店。先客なし、後続20名超。
【注文】十目長寿羅麺(税別850円)。当店限定メニューと書かれている。
【待ち時間】7分。少し時間がかかったのは開店直後で一部準備中だったためか?ほどなくして多くの客が入ったので、開店直後に入店したのは正しい選択だったようだ。
【麺】中程度の太さの縮れ麺。茹で加減は普通。麺の量も普通程度。
【スープ】お品書きによるろ豚骨+野菜をベースにしたスープに味噌を合わせたもののようだ。味噌は一見すると白味噌系。甘みは抑えめになっており、飲み続けても飽きない作りになっている。
【具】豚肉、烏賊、小海老、浅蜊、メンマ、筍、もやし、玉葱少々、白菜少々、人参、葱、木耳、わかめ、コーン。具材の種類は非常に多く、品名の「十目」に相応しい。具のボリュームも十分。
【感想】チェーン店ならではの安心感を基盤にしたアレンジメニューという一杯。豚肉と魚介系の具が混在するあたり、味噌ちゃんぽん的な雰囲気もある。品名の「長寿」が何を指すのかは不明だったが・・・。このチェーン自体は地元の関内にも店舗はあり、何度か食べに行っているが、そのチェーンの本店で食べられたことはちょっと嬉しい。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン」@味の東一の写真【要約】リーズナブルに中華系味噌の札幌アレンジを楽しめる一杯。
【入店状況】2015-06-13 1205入店。先客2名、後続10名超。
【注文】味噌ラーメン(550円)。
【待ち時間】6分。混む前だったので、さほど待たされず配膳された。
【麺】中程度の太さの縮れ麺。「西山ラーメン」と書かれた麺箱が置いてあった。その麺を使っていると思われる。茹で加減は普通。麺の量は思ったよりも多かった。
【スープ】ややあっさりタイプの味噌スープ。スープ表面に脂は浮いているが、所謂、純連・すみれ系のような強烈な油脂ではない。スープは動物系ベースに甘みを抑えた味噌を加えたものか。微かに生姜の風味も感じられることもあり、あまりしつこさは感じない。
【具】チャーシュー、メンマ、もやし、葱。チャーシューはほどほどの厚さのものが1枚。メンマは細切りにしたものが入っている。もやしの量はほどほど。このタイプの味噌にはやはりもやしがあると落ち着く。具トータルのボリュームはほどほどというところ。
【感想】純連・すみれ系のような強烈なインパクトの味噌ラーメンではなく、中華系味噌に近い印象を受けるが、スープを覆うラードはやはり北海道の味噌という雰囲気を感じさせる。味自体も悪くはない。ボリュームも十分。そしてこの一杯が550円というは、かなり頑張っている印象を受けた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン・縮れ麺」@味の蔵 ススキノ店の写真【要約】札幌ラーメン麺+九州豚骨味噌ラーメンという意外な組み合わせ。
【入店状況】2015-06-13 0837入店。先客2名、後続1名。
【注文】味噌ラーメン・縮れ麺(750円)。
【待ち時間】4分。
【麺】中程度の太さの縮れ麺。北海道の店だからなのか、所謂札幌味噌系の麺も用意してあるのが面白い。普通の豚骨との相性は未知だが、味噌系のスープならあまり違和感は感じない。茹で加減は普通。麺の量はやや少なく感じる程度。今回は朝食として使ったので、このくらいのボリュームでも問題なかった。
【スープ】九州豚骨系のスープに味噌を合わせたという感じのスープ。味噌よりもベースの豚骨のほうが強く感じられる。札幌系味噌ではなく、九州豚骨系の味噌だ。豚骨の濃度もほどほどに強く物足りなさはない。後半、ニンニクを少し加えたが、あまり強い味の変化はなかった。
【具】チャーシュー、キャベツ、もやし、木耳、わけぎ。卓上に置いてあった、辛子高菜と辛もやしも後半に追加する。チャーシューはやや厚めにスライスされたものが一枚。キャベツが九州豚骨系スープに入っているのは珍しく感じたが結構良く合っている気がする。追加した辛子高菜と辛もやしとスープの相性は言うまでもなく。
【感想】九州ラーメンのスープ・具・替玉システムと北海道の縮れ麺が組み合わさり、結果的に少し変わった一杯となった。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ニンニクラーメン+チャーシュー」@けやき すすきの本店の写真【要約】ラードで蓋をされた味噌スープを堪能する一杯。
【入店状況】2015-06-12 2130到着。満席外待ち8名、後続1名。
【注文】ニンニクラーメン(930円)+チャーシュー(120円)。
【待ち時間】着席まで6分。着席から配膳まで3分。着席してからの待ち時間がとても短いのには驚いた。
【麺】中程度の太さの縮れ麺。如何にも札幌味噌の麺という感じか。茹で加減は普通。麺の量も普通程度。
【スープ】大量のラードで蓋をされた味噌ラーメン。味噌自体は甘みも抑えめで自分好み。このスープを覆うラードの油膜が、最後までスープを熱々に保ってくれる。まさに猫舌殺し。スープの味付け自体はしょっぱすぎることもなく適度。終盤はスープに沈んだニンニクチップと挽肉がスープに旨味を加えてくれる。
【具】チャーシュー、キャベツ、もやし、白髪葱、糸唐辛子、挽肉少々。チャーシューは1枚のみだが、ほどほどに厚みのある大判のものなのでボリュームは十分。脂身が少ないタイプのもので、ラードたっぷりの熱々のスープに沈めて温めて食べると美味い。キャベツは一見少なそうに見えるが、大半はスープに沈んでいるので、実際の量はそこそこ多い。
【感想】自分のようなそれほど熱心なラーメンファンでなくても知ってる「けやき」。その札幌の本店に行けたことがまずは嬉しい。値段は高めではあるが、味自体もやや脂っこいとはいえ自分好みで満足できた。トッピングしないとチャーシューが乗らないというのは、最初はどうなのかと思ったが、スープを飲んでみて、あのラードで(チャーシューがなくても)十分というお客さんもいるのではという気もしてきた。真冬に食べたら、さらに満足度が高くなりそうだ。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件