なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ぬこ@横浜

男性 - 神奈川県

週1,2食くらいのスローペースでラーメンレビューしています。

平均点 72.428点
最終レビュー日 2019年10月14日
3,312 2,336 7 8,877
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば並」@ますたに 京都駅ビル拉麺小路店の写真【要約】背脂を浮かせてはいるが、あっさりしたスープと細麺・青葱の組み合わせを楽しむ〆向きの一杯。
【入店状況】2018-05-23 2047到着。店内客不明、外待ち4名、後続8名。駅ナカのラーメン店のためか、けっこう混んでいる。やはり京都にきて食べるのだから京都ラーメンにしたい、ということもあってか、京都拉麺小路の中でも、ここが一番混んでいるようだ。
【注文】中華そば並(650円)。チケットを自販機で買ってから行列に接続する。
【待ち時間】着席まで7分。着席から配膳まで2分。着席から配膳までの時間が早いのには驚いた。
【麺】細麺。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】動物系醤油スープ。これに背脂を浮かせている。背脂は入っているものの、全体の印象はこってりではなく、ややあっさり目に感じる。塩気も適度で飲みやすい。後半に胡椒を加えて変化をつけてみた。
【具】薄切りチャーシュー、メンマ、青葱。チャーシューは薄くスライスされたもの。薄めスライスは京都系の特徴なのだろうか。メンマは強い印象はなし。青葱は彩りも良く、スープとの相性もばっちり。いい仕事をしている。
【感想】名前は知っていたがまだ食べたことのなかった「ますたに」をやっと食べることができた。本店ではなく京都駅内の複合施設の店ではあるが、京都の地で食べられたので良し(笑)。飲んだ後の〆には良い感じの一杯に思える。関東圏にも何店舗か進出しているようなので、機会があれば都内の店舗も食べておきたい。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(並)」@新福菜館 本店の写真【入店状況】2012-05-01 06:57到着。開店時間を30分間違えていた。先客なし。7時過ぎになると店員さんが扉を開けて店内で待つように促してくれる。開店時間頃になると後続客が3名になっていた。
【注文】中華そば(並)(650円)。小にするか少し迷ったが結局並にする。
【待ち時間】注文を伝えてから3分程度。先行待ち客がいないこともあって早い。
【麺】中細ストレート麺。茹で加減はやや固め。このために適度な噛みごたえも楽しめる。麺の量は朝食としてはやや多かった。小でも良かったかもしれない。
【スープ】昨晩食べた新福菜館 本店よりも更に濃い色合いの醤油スープ。しかし飲んでみると塩気は抑えめで醤油の甘みと旨みが前面に出た自分好みのスープだった。これは美味い。
【具】チャーシュー、葱。メニュー自体はチャーシュー増しのものではないが、それでもたっぷりチャーシューが乗っている。チャーシューは薄切りで味付けも薄め。これもスープと一緒に食べるタイプのチャーシューか。葱の色合いも風味も良く、シンプルな構成ながら満足できる具だった。
【感想】満足の一杯。醤油好きの人ならこの一杯は気に入るはず。京都まで遠征して、朝から並んだ甲斐のある一杯だった。この店が京都駅近くにあるなんて京都市民がちょっと羨ましい気もする。横浜にも再進出してくれると嬉しい。
【備考】食後、店員さんに「横浜からこれを食べに来た」みたいな話をしたら、なんと大将が「せっかくだからこれも食べてくれ」とチャーハンを作ってパックに入れてくれた。お腹いっぱいですぐに食べられなかったので、チャーハンは10時のおやつとして食べた。
【備考】原付上洛遠征2日目の朝食。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「特製ラーメン」@本家第一旭 たかばし本店の写真【入店状況】2012-0430 2000店頭到着。20人くらいの待ち。後続も10人近くになっていた。小雨が降る中でもしっかり行列ができている。
【注文】特製ラーメン(800円)。
【待ち時間】着席まで21分。回転は早いようだ。着席から配膳まで8分。
【麺】細ストレート麺。啜り心地の良さを感じるタイプのもの。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】動物系の風味を感じる醤油スープ。見た目からもややしょっぱそうな印象だが、実際に飲んでみると見た目を裏切らず塩気はやや強め。個人的にはやや塩気が立ちすぎているように思えた。ご飯をセットで頼むとちょうど良かったかもしれない。
【具】チャーシュー、葱。チャーシューは薄くスライスされたもの。脂身は少なくあっさりめ。味付けもさほど強くないがスープと一緒に食べるとちょうど良い感じか。
【感想】惜しい一杯。ご飯と一緒に頼んでいれば更に印象が良かったかも。入店したときには隣の新福菜館 本店より並びが凄かったこともあり、かなり期待したのだがそのハードルが高すぎたのおあったのかもしれない。もう少し塩気を控えめにして動物系の風味を強めてくれるともっと嬉しかったか。とはいえ、京都を代表するラーメンの一つを味わえたことは純粋に嬉しい。
【備考】原付上洛遠征1日目の夕食。
【修正】リンク先店名を誤っていたので修正。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件