なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ぬこ@横浜

男性 - 神奈川県

週1,2食くらいのスローペースでレビューしていきます。

平均点 72.410点
最終レビュー日 2019年7月14日
3,279 2,306 7 8,706
レビュー 店舗 スキ いいね

「青島チャーシュー+ほうれん草+薬味葱」@青島食堂 曲新町店の写真【要約】軽く生姜の効いた醤油スープと麺、そしてそれぞれの具との組合せを楽しめる一杯。
【入店状況】2017ー10-28 1052入店。先客6名、後続15名超。退店時には20名程の客が待っていた。
【注文】青島チャーシュー(850円)+ほうれん草(50円)+薬味葱(50円)。
【待ち時間】入店・着席まで6分。着席から配膳まで7分。
【麺】中程度の太さの麺。噛んだときのむにっとした食感も良い。茹で加減は普通。麺の量はやや控えめか。大盛を頼んでも大丈夫だったかもしれない。
【スープ】見た目通りの醤油だれ強めのスープ。この系列では、以前、青島食堂 秋葉原店で食べたことはあるが、この店は秋葉原店よりも生姜の風味は抑えめで、醤油だれを強めたような印象があるが、塩っぱさはそれほど強くは感じず飲みやすい。今回は卓上の胡椒を加えずそのまま飲んでしまったが、もちろん胡椒も合うスープだと思える。
【具】チャーシュー、海苔、ほうれん草、葱。薄切りのチャーシューの量は結構多め。薄切りではあるが、単品で食べても美味いし、麺と一緒に食べるのも良い。ほうれん草は100円増しと50円増しが選択できたのだが、今回選択した50円増しでも量としては十分。薬味葱がこの醤油スープと合わぬはずもなく。
【感想】ここは長岡生姜醤油ラーメン発祥の地とも言われているようだが、生姜を過剰に強調したものではなく、スタンダードに飲みやすい醤油スープだった。トータルで見て、麺もスープも具も自分の好みに合っていたのは嬉しい。ここまで来た甲斐があった。10末まで工事休業中の青島食堂 宮内駅前店、この店の近くにある青島食堂 宮内店にも、機会があれば食べに行って店による違いがあるのか確認してみたい。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件

「名立ブラックラーメン」@名立谷浜SA(下り線)スナックコーナーの写真【入店状況】1340頃入店。連休中日ということもあり、SA内も客は多い。
【注文】名立ブラックラーメン(650円)。
【待ち時間】5分。もっと待たされるのかと思ったが意外に早く配膳された。
【麺】太目の麺。フードコートの麺らしいつるっとしたタイプのものだが、これはこれで悪くはない。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】おそらく鶏ベース思われる醤油スープ。見た目はブラックと言うだけあってかなり黒く塩っぱそうに見えるが、実際に飲んでみると見た目よりは塩っぱくはない。普通のラーメンよりちょっと塩っぱいと感じる程度であり、本場の富山ブラックのように、慣れていない人を拒絶するかのような塩っぱさではない。
【具】チャーシュー2枚、茹で玉子、メンマ、葱。チャーシューは脂身の多いトロ豚タイプ。味付けは控えめで、富山ブラックのチャーシューとは異なる。メンマも普通の味付け。SAのラーメンとしては十分だとは思う。
【感想】まずまずというところ。トータルで見てもフードコートのラーメンとしては頑張っているとは思う。富山ブラックインスパイアというほどは似せてはいないが、富山ブラックの暴力的な塩っぱさをあえて求めない人には、むしろこのくらいおとなしめの味のほうが良いのだとは思う。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「特中華そば 玉葱ぬき、温野菜、大脂」@酒麺亭 潤 燕総本店の写真【入店状況】1115入店(2009-07-18)。先客2名、後続5名。
【注文】特中華そば 玉葱ぬき、温野菜、大脂(760円)
【待ち時間】7分
【麺】太目の麺。麺を啜ると背脂が麺に絡むのも良い。
【スープ】強めの醤油味と魚介風味の醤油スープ。そしてスープを覆いつくす白い背脂のコンビネーション。この組み合わせが美味い。
【具】チャーシュー2枚、メンマ、岩海苔、温野菜(別皿)。温野菜はほとんどもやしでキャベツが少なかったのが残念。岩海苔が良い感じで脂っぽさを中和してくれる。
【感想】本場の燕三条ラーメンを堪能できた。ジャンクな和風ラーメンという感じか。大脂の背脂の量には吃驚。わざわざ新潟まで足を伸ばした甲斐はあった。
【補足】新潟遠征2日目の昼食。今回の遠征はこれを食べに行くのが目的だった。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油豚麺」@麺屋 あごすけの写真【入店状況】1910入店(2009-07-17)。満席4人待ち、後続3名。
【注文】醤油豚麺普通盛(945円)。
【待ち時間】席に案内されるまで約10分。席についてから分。
【麺】中細麺。茹で加減はやや固めだった。
【スープ】くどくならない程度に効かせたあご出汁と、醤油味が調和した飲みやすい味の醤油スープ。後半は柚子胡椒を入れて味の変化も楽しめた。
【具】チャーシュー、メンマ、高菜?、海苔、葱。チャーシューは少し脂味が強かった。もう少し肉味が強めのほうがこのスープには合いそう。青菜はピリッとした風味があったので高菜なのかも。
【感想】美味い魚介系ラーメン。さすがは上越市内RDBランキングの店ということか。場所的に再訪は難しそうなので首都圏に進出してくれると嬉しい。
【補足】原付新潟遠征1日目の夕食。
【補足】卓上調味料は胡椒、柚子胡椒、豆板醤。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件