なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zzz

男性
平均点 81.119点
最終レビュー日 2015年5月5日
118 99 1 7
レビュー 店舗 スキ いいね
70

「夏麗つけ麺」@麺匠あじゃりの写真夏の限定メニューとして提供されている。
鶏ガラと魚介のWスープにスパイシーカレーという説明。
カレーのスパイシーさに影響されているのか、鶏ガラ、魚介の旨みが感じられない。
カレーの具には白菜、にんじん、きくらげが使われ、中華料理を思わせる。
食べると白菜の水っぽさが気になった他、生のパプリカとトマトはカレーと一体化せず。
むしろ野菜の青臭さが鼻についた。
カレーを旨く食べさせるのは簡単なようで難しい。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

飲み会で牛角さんを訪問。
メニューを見ると大勝軒コラボの牛骨つけめん。
後で調べてみると東池袋大勝軒の名店が牛角のために考案し、牛角でしか食べれないオリジナルつけめんとのことで、肉&ビールの後に〆で注文。

麺はコシのある太麺で、200g。
大盛300gは無料で増量できるが、焼肉の後ということで、少し控えめに。
具材は半味玉にチャーシュー1枚に海苔。
何となく業務用っぽさが露骨に感じられるつくり。
つけ汁はトロミがしっかりあるものでクリーム色っぽい中に刻みタマネギが浮く。
ちょっとしょっぱい。

焼肉後ではあったが、麺はスルリと食べてしまった。
スープ割りが出来るか聞くもないとのこと。
その辺はやはり焼肉屋だった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
90

「つけ麺 中 +肉」@でれ助の写真塩尻での仕事の約束までまだ余裕があったので、麺肴 ひづきに続いて連食。
こちらは初訪一発でハマったお店、8月以来の訪問だ。
今回はノーマルのつけ麺中(300g、800円)に肉トッピ(300円)で注文。

きしめんのような幅広麺、バラ肉や肉だんご、銀杏切りの人参に大根、揚げとタップリな具が入ったつけ汁にパプリカベースのオリジナル七味がタップリ。
久々に麺を啜ると、しみじみとした美味さが口に広がる。
食べるのは2度目だが、今回も完成度、オリジナリティーの素晴らしさを感じる。

麺は中盛りで300gとの事だが、もっとあり、結構な満腹感となる。
こちらのお店には卓上のカレーパウダーがあり、これで途中から味変を楽しむ。
このお店はこれが楽しい。
そしてラストはスープ割り。
旨みタップリのちゃんこチックなスープをきれいに飲み干し、大満足でお店を後にした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「マル得つけめん 中盛 冷もり」@三ツ矢堂製麺 長野篠ノ井店の写真10月末に県内3店舗目がオープン、様子見を兼ねて初訪問。
この日はマル得つけめん 中盛(450g) 冷もり(980円)を注文した。
麺量は大盛600gまで同料金だが、数字を見て微妙に躊躇、そんなことで中盛とした。

つけ汁は甘み酸味が程よいバランスのシャバタイプ。
麺が伸びやかでコシがあり、旨い。
この辺はチェーンとしてしっかり確立されている。
メニューには和えそばがあったが、次回は和えそばに決定だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「つけ鰹」@がむしゃらの写真駒ケ根での打ち合わせ後に初訪問。
最近は伊那谷での仕事が続き、普段ではムリなエリアのお店を訪問することができた。
有難いことだ。

こちらは伊那谷でも人気のあるお店のようで、午後1時近くでもお客さんが多い。
今回はつけ麺の「つけ鰹」(850円)を注文。
豚骨魚介で魚粉が効いた甘めな味わいのつけ汁。
つけ汁の中にはホウレンソウとメンマ。

麺は平打ちの中太麺、コシがあって食感が良い。
どちらかというと、喉ごしで食べさせる麺という感じだ。
ノーマルで注文したが、価格に対する具材の感じなど、CPはやや悪い。
美味いことは美味いが、腹ヘリ状態では少々物足りなさを感じるだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「牛すじ辛味噌つけ麺」@麺・飯 信華の写真何度か前を通って気になっていた中華料理屋さん。
仕事帰りに初訪問。
お店はシックで清潔感溢れる店内。

メニューは昼と夜とでは違うようだ。
壁には夜のオススメが貼ってあり、牛すじ辛味噌つけ麺(850円)を発見。
本来、昼用メニューのようだが、旨そうだったので、今回はこれを注文。
せっかくなので、今回は生ビールも一緒に注文。

使われている麺はラーメンで使うタイプの細麺で、柔らか目の茹で具合。
つけ汁はドロっとしたビーフシチューのようなつけ汁で、中にはトロっトロな牛すじがゴロゴロ入っている。
クリームが回しかけられているところも、ビーフシチューっぽい。
辛さはラー油で調整しており、辛さが少し強めだがいいアクセントに。

柔らかな細麺は濃度の高いつけ汁をしっかり絡め取ってくれる。
惜しかったのは、好みの太麺でなかったことくらいか。
それでも県内ではないタイプであること、麺の量も意外に多いことからすると、満足度が高く旨いつけ麺ではある。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ丸」@らーめん みそ丸 小諸店の写真仕事先に向かう途中で同僚と立ち寄る。
みそ丸は長野市にもあるが、こちらにもあることを知る。
大吟醸信州味噌を使う味噌ラーメン専門店である。

この日はクルミを使ったつけ麺のつけ丸(850円)を大盛(+100円)で注文。
通常の味噌より幾分か濃いシャバ味噌スープに、細かい粒状のクルミが入っている。
麺はツルモチのちじれ太麺。
味噌ラーメンよりコクはあるが、シャバなのでつけ汁との絡みは弱い。
これからの寒い季節には味噌が旨くなる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「駅前つけそば」@駅前つけそば亭の写真朝、寝ぼけ眼でテレビを眺めていると、テレビ番組企画でつけ麺を提供するとのこと。
詳しいことは後述するが、食材全てが信州産のつけ麺だそうだ。
イベントのラーメンはチープさや割高感などで良い印象を持っていないが、一番組でここまで一杯のつけ麺をプッシュするのを見る内に興味が沸き、訪問してみた。

場所は長野朝日放送局内の臨時店舗だ。
土日の2日間限定のイベントなので混雑を想定し、多少でも流れが良さそうな時間帯として、午後2時過ぎを狙う。

それでもやはり長蛇の列。
番組スタッフのお客のカウントを聞いていたら、自分は103人目だった。
それでも流れは良くて着席するまで1時間ほどだった。

イベントでは駅前つけそば(800円)のみの提供で大盛やトッピング追加は出来ない。
つけ汁はトロリとした濃厚な鶏白湯+魚介でマイルドな味わい。
麺はうどん用に使われる夢小麦という品種で、しなやかな食感の極太麺はバカウマだ。
しなやかな中にコシがあって、むにゅむにゅした食感は美味いうどんに通じる味わい。
麺の良さはこのつけ麺の一番のウリだろう。
ラーメン業界、特につけ麺も、うどん業界の流れ同様にコシ一辺倒からの転換は十分アリと思える。

具材は信濃地鶏の手羽にモモ肉のコチュジャン漬け、味玉、ワンタン、ナルトに青菜。
つけ汁に麺を沈めるのが難しいほど具材がタップリ入っている。
これらの具材はすべて信州産で、一部の野菜は番組内で栽培したもの。
何より素晴らしいのはイベントにして、陶器製の容器を使っていることだ。
しかも容器まで地元の松代焼という力の入れよう。
イベントでは大概が発砲スチロール容器なので、食べていて味気ない。
良いところは、あともうひとつ、スープ割りが出来ることである。
イベントではまずスープ割りがないだけに、〆の満足感は大幅にアップする。

印象としては、とにかく全ての出来が良いつけ麺だということ。
唯一残念なのは麺量が少ないことと、手羽先が若干食べにくいことくらい。
しかし、こんな美味いつけ麺がたった2日間だけの提供とは、何とも勿体無い話だ。
今企画のヘッドコーチである塚田氏の店舗、気むずかし家あたりで継続提供しないかなぁ…。

・番組HP
 http://www.abn-tv.co.jp/program/ekimae/event/
 http://www.abn-tv.co.jp/program/ekimae/tokushu/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「特製つけ麺+エビ辛味」@縁者の写真山梨ベスト5巡りでおかめに続いての連食。
夜8時前でも駐車場と店内は満席。
やはり人気店だ。

こちらでは少々リッチに特製つけ麺(930円)にエビ辛味(+100円)を注文。
つけ麺は典型的な豚骨魚介。
つけ汁は微かに酸味を感じるもので、浮いた海苔には魚粉が乗る。
ここにエビ辛味を半分ほど投入すると甲殻類の香りとともに辛さが広がる。

麺はストレート太麺で表面がツルり。
コシの強さとのど越しの良さを兼ね備えた美味い麺。
ただ、つけ汁は粘度がなくサラっとしたタイプなので、ツルっとした麺との絡みはもう一つ。

具はつけ汁に海苔、細切りのカマボコにメンマ、棒状のチャーシューが二切れ。
個人的な好みの問題だが、カマボコは不要。
特製なので味玉、チャーシュー、メンマが別盛で付くが、CPは微妙な感じだ。
割りスープは最初からポットで提供され、自分で濃さを調整するパターン。
スープ割りをすると旨みが立体的に広がるように感じられ、〆の満足感は上がった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
88
このレビューは移転前のものです。

「鴨つけ麺」@中華そば 鍾馗の写真店員さんが増えていた。奥さんかな。
メニューも増えていた。
増えたのはつけ麺。
つけ麺に味噌つけ麺が790円、鴨つけ麺が+100円の890円という設定。

今日は中華そば狙いだったが、急遽つけ麺に変更。
旨そうな鴨つけ麺を注文した。
こちらのお店のラーメンはレベルが高いだけに自然と期待が高まってしまう。

あっさり醤油のつけ汁がグラグラ沸騰状態で登場。
麺は低加水の中太麺、そして炙られた鴨肉。
一口大にカットされたレア肉だが、ご主人曰くハンガリー産の輸入物だそうだ。
見た目がたまらず一口…美味い!
鴨らしい風味に強い味わい、そして厚みから来る食感は最高だ。
この値段でこれだけ鴨が乗ればコストも合わないだろうに…。
客のツボを良く心得ているご主人だ。

次いで麺を啜る。やはり美味い。
いつも思うのだが、この店の自家製麺はホント美味い。
スルスルと入ってくる。
ご主人曰く、元々日本蕎麦の鴨セイロが好きで、つけ麺にしてみようと思ったとの事。
道理で日本蕎麦を彷彿するわけだ。
でもこの鴨つけ麺は、日本蕎麦の鴨セイロより美味い事は間違いない。

全て食べ終えた所でスープ割りをお願いする。
濃いつけ汁は一旦下げられ、スープと刻みネギを加え、温め直して提供された。
スープ割りしたものは、美味い中華そばのスープそのもの。
これもイイ出来だ。
〆のスープとしてバランスも良くナカナカな一杯だった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件