なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zzz

男性
平均点 81.119点
最終レビュー日 2015年5月5日
118 99 1 7
レビュー 店舗 スキ いいね

「黒味噌ガッツ麺DX 大盛」@日の出らーめん 長野本店の写真オープンからもうすぐ1年になる4月に初めて訪問した。
汁なしの本品を注文。
名前通り黒味噌を和えた極太麺にサイコロチャーシュー、ネギ、卵黄、マヨネーズ玉が乗っている。
良く混ぜて啜り上げると、黒味噌の甘さと濃厚さ。
この甘さは単調で、後半に飽きが入る。
卓上の魚粉などを使って何とか食べきった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば 赤」@おおぼし 上田本店の写真まぜそば。
スープ付きで745円。
挽肉のピリ辛で「赤」。
味としてはまずまずだが、紅生姜が味を支配してしまう。
彩りは別のもので考えるとして、紅生姜はいらないだろう。
スープは中華スープにゴマ油の風味。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「山賊焼豆乳担々冷やし中華」@松本からあげセンターの写真電車に乗るまでの時間調整で訪問。
冷やしの豆乳担々麺に松本名物の山賊焼が乗ったもの。
山賊焼のボリュームは良いが、麺を食べるときは邪魔。
辛さが結構な担々麺だが、ごまはあまり強くない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
75

「和えそば 大」@SPUR KITCHENの写真春先で暖かくなってきたことから和えそばが食いたくなる。
メニュー追加されたことを思い出し、9ヶ月ぶりに訪問した。
和えそば(大 750円)を注文。
和えそばは山頂そばと同じ、平打ち的な強いちぢれ太麺。
タレはマイルドでオイリーな醤油ダレ。
具は水菜、ゆで卵、チャーシュー。
健康志向のせいか、マイルドではあるが、とても大人しい味。
麺の食感に味が負けている。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏まぜそば 大盛(2玉)」@麺道 麒麟児の写真長野駅裏の人気店が先月郊外に移転。
移転してからは初訪。
休日の開店前に到着するも既に15人前後の待ち。 やはり人気店だ。

今回は鶏まぜそば 大盛(2玉 930円)を注文。
このまぜそばは汁が多めの汁なし。
具材は2種類の鶏チャーに、卵黄、タマネギ、青ネギ。
麺はモッチリ食感の太麺。

鶏しぼりの濃厚なつけ汁に卵黄を混ぜて麺を啜ると、カルボナーラチックな味わい。
味わいは比較的単調なので、途中で卓上のブラックペッパーで調整した。
鶏の濃厚さを味わえる一杯だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

東京出張の午後の仕事を終え、夕方の開店時間に間に合わすように訪問。
千代田区縛りでコチラのお店を訪問。
こちらではまぜそば(800円)にダブルチーズのトッピング+80円で注文。

提供直前に店員さんの確認で野菜マシ、ニンニク少な目、生姜をコール。
全体をザックリ混ぜ合わせ、ワシワシ食う。 旨いなぁ…。
途中から卓上の専用カレーパウダーをぶっかけて味変を楽しむ。
またまた旨いなぁ…。

腹も舌も大満足で長野へ戻った。
新幹線の車窓は途中からダブルチーズを思わせるような雪景色だった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「和え麺」@麺屋 じゃんごの写真飲んだ後、〆で訪問、2年前の移転以降は初訪問だ。
以前のお店より広い店内は、よりバーっぽい雰囲気に。(バーだが。)
麺メニューは中華そば、和え麺が増えていた。

今回は数量限定の和え麺(800円)を注文。
柔らか目に茹でられた平打ちっぽい太麺の油そば。
振られたブラックペッパーが、味わいのアクセント。
細切りされたメンマは超カリカリ食感で、柔らかな麺と対局的な食感で、食べて楽しい。
好みな感じの油そばだった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
83

「まぜ麺 大盛」@麺 GAKUの写真伊那市で仕事、昼食で立ち寄る。
今時な雰囲気のお店は清潔感があり、人気がありそうだ。
お昼時で店内は満席、10分待ち。
メニューには麺類の他、アルコール類にツマミと、〆で使えそうな感じのお店だ。

今回はまぜ麺大盛(900円)を注文。
ニンニク、脂を増量出来るが、午後の打ち合わせが控えていたので、ノーマルで注文。
まぜ麺は久しぶりだ。

まぜ麺には豚骨の清湯スープがつく。
まぜ麺は300gだが、茹でキャベ&モヤシで山、結構な量だ。
タレはいい塩梅の濃度に調整されたタレが多めに入っており、麺と絡めやすいし食べやすい。
中太麺はモッチリしており、中々美味い。

希望を言うなら、具でもう少しジャンクさが出ればなお楽しいのだが…。
最後は一緒に提供された豚骨の清湯スープでタレを割って飲む。
ニンニクが効いた美味いラーメンスープに変身。
豚骨スープはそのまま飲んでも良い口直しになる。
このまぜ麺には腹も口も満足した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「肉玉まぜめん」@麺処 象山屋の写真福井からの出張帰りに訪問したお店。
溜まり醤油を使ったラーメンのお店、3年前に黒溜まりそばを食べて以来の訪問。

現在のメニューは溜まりブラック、博多ブラックという構成。
日サロ好きな若きイケメンの店主、メニューのブラックに掛けているのか…
今日は肉玉まぜめんという汁なしを注文してみる。
モノは小盛が300gで780円、普通が450gで850円、大盛が6000gで950円。
普通盛りを注文、ニンニク(無料)をプラス。

花かつお、タレ、ニンニクが別盛りで届く。
全てを良く混ぜて頬張ると、ソース焼きそばチックな味わいが広がる。
紅生姜がソース焼きそばの雰囲気をより強く醸し出す。
今までに経験のない個性的な味わいで面白い。

丼底にタレとサイコロチャーシュー、刻みメンマを説明の通り残す。
半ライス70円と割りスープを追加してラー茶漬け。
作ってみると茶漬けというよりラーおじやな見栄え。
見た目的に美しくなかったので写真はやめたが、割りスープが入ることでまた違った味わいとなり、これまた面白い味わい。
二度楽しめた。
独創性に一票のまぜめん。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製豚まぜ」@特製豚そば ぶんぶんの写真上田佐久エリアで展開する文蔵グループの4号店。
二郎的なラーメンで醤油、味噌、塩のバリエーション、まぜそば、つけそば、中華そばのメニュー構成、今日は少し豪勢に特製豚まぜ(900円)を注文。

ちじれ太麺にほぐしブタ、チャーシュー2枚、卵黄、ネギ、味玉に茹で野菜にマヨ。
特製なので具はノーマルより多いけど全体量は軽め、味わいはまずまずです。
途中でインパクト増のため、卓上の刻みニンニクを追加投入してみる。
ガシガシ食べるなら、特製ではなく大盛の方が良いかな。ゴチでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件