なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zzz

男性
平均点 81.119点
最終レビュー日 2015年5月5日
118 99 1 7
レビュー 店舗 スキ いいね
86

「醤油豚骨拉麺」@拉麺 阿吽の写真2月から自家製麺を開始したとの情報で訪問。
メニューも製麺に合わせて構成を変えた模様。
今回は食べたことのない醤油豚骨拉麺(780円)を注文。

月並みだがクリーミーでマイルドなスープという表現がピッタリ。
麺はゴツっとした太麺で、バランスがとても良く旨い。純粋に旨い。
良く考えると食べたことのないラーメンでは自家製麺と前の麺の違いが分からない。
凡ミスだ。でもこの太麺は旨い。この麺ならきっと和え系も旨いだろうと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
85

東京出張の午後の仕事を終え、夕方の開店時間に間に合わすように訪問。
千代田区縛りでコチラのお店を訪問。
こちらではまぜそば(800円)にダブルチーズのトッピング+80円で注文。

提供直前に店員さんの確認で野菜マシ、ニンニク少な目、生姜をコール。
全体をザックリ混ぜ合わせ、ワシワシ食う。 旨いなぁ…。
途中から卓上の専用カレーパウダーをぶっかけて味変を楽しむ。
またまた旨いなぁ…。

腹も舌も大満足で長野へ戻った。
新幹線の車窓は途中からダブルチーズを思わせるような雪景色だった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
76

「ニンニクそば 大」@おぱちの写真今日は岡谷で仕事。
お昼で佑庵かおぱちか迷ったが、未訪店開拓の一環でこちらを選択。
今年3月にオープンした豚骨醤油ラーメンのお店との事。
今回はニンニクそば大盛(790円)を注文した。

ベースは大量の豚骨と鶏骨を炊き上げた豚骨醤油系ラーメン。
バラスライス、もやしと仕込みニンニクのガッツリラーメンとの触れ込みで、麺、味、油は好みで選べる。

麺は硬めの中太麺。
スープはサラリとしており、プライドオニオンで風味付けしたもの。
ニンニク、油、味の濃さとも控え目で全体的には優しい造り。
ブタバラはしっかり煮てあるので、少々パサっぽい食感である。
やはりバラはジューシーさが欲しい。
他の具は茹でモヤシとメンマ。
どこかで食べたことがある味わいと思ったら、麺屋さくらの姉妹店とのことだ。
さくらのすた麺である。

今回は大盛を注文したが、丼が大きいので量的には満足出来るが、スープと麺の一体感が弱く、味わいとしてはもう一つパンチが欲しい感じ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
83

「まぜ麺 大盛」@麺 GAKUの写真伊那市で仕事、昼食で立ち寄る。
今時な雰囲気のお店は清潔感があり、人気がありそうだ。
お昼時で店内は満席、10分待ち。
メニューには麺類の他、アルコール類にツマミと、〆で使えそうな感じのお店だ。

今回はまぜ麺大盛(900円)を注文。
ニンニク、脂を増量出来るが、午後の打ち合わせが控えていたので、ノーマルで注文。
まぜ麺は久しぶりだ。

まぜ麺には豚骨の清湯スープがつく。
まぜ麺は300gだが、茹でキャベ&モヤシで山、結構な量だ。
タレはいい塩梅の濃度に調整されたタレが多めに入っており、麺と絡めやすいし食べやすい。
中太麺はモッチリしており、中々美味い。

希望を言うなら、具でもう少しジャンクさが出ればなお楽しいのだが…。
最後は一緒に提供された豚骨の清湯スープでタレを割って飲む。
ニンニクが効いた美味いラーメンスープに変身。
豚骨スープはそのまま飲んでも良い口直しになる。
このまぜ麺には腹も口も満足した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「信州極味噌ラーメン」@あかつき 長野千曲店の写真休日出勤のお昼。
行く店行く店、全て入口で並びが発生。 休日はどこも混んでいる。
時間がない中、多少でも空いている店を探していたら、ここまで来てしまった。
このお店も混雑していたが、時間がなく腹を決めて入店。

九州豚骨の店だが、信州極味噌ラーメン(700円)を注文。
小ぶりな丼には白っぽい豚骨味噌スープに軽くちぢれた太麺。
上には茹でキャベ・モヤシに豚バラチャーシュー。

スープは信州味噌由来の柔らかい味わいだが、若干インパクトに欠ける。
麺は卵の使用量が多い麺だが、個人的な好みからは外れる。
一般的にはトータルでまずまずな一杯だと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「こってり美味だれ 味噌ver」@junk F.B.I noodleの写真メニューでは豚骨スープ×味噌×美味だれ×カレーの説明。
美味だれとは、すりおろしニンニクの醤油ダレ、上田地方では焼き鳥のタレとして使われるものだ。
要はニンニクとカレーが効いた豚骨味噌ラーメン。

ラーメンは大ぶりなチャーシューが目を引く。
野菜は茹でキャベにモヤシ、上からすりゴマが振られている。
あとは刻みタマネギに福神漬けがチョロり。

スープのカレーは風味付け程度だが、豚骨味噌にゴマのコクが加わって濃い。
太麺はスープと良く絡む。
分かりやすい美味さのラーメンだ。
好きな味わいではあるが、豚骨醤油に味噌、ニンニク醤油ダレが入るので全体的にしょっぱい。
しょっぱいもの好きな長野県人でも飲み干すのが困難なしょっぱさ。

800円の値段もまずます。
塩分をもう少し抑えてカレーが顔を覗かせれば超好み。
県内でも個性的なラーメンになるのは間違いないと思う。
是非ブラッシュアップしてほしい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
77

「つけ麺 こってり 極太麺」@はちの写真土曜の昼下がり、今日の暑さも半端ない。
午後2時半にして店内は満席で待ちもいる。
上田のラーメン屋としては凄い人気店だ。

今日はつけ麺。
こってりの極太麺500gで997円。
麺は大きいラーメン丼にツルワシっとした食感の麺が山盛り。
先日も違うお店で500gのつけ麺を食べたが、今日は明らかに多い。

つけ汁は脂浮きの多いシャバ豚骨醤油。
中には小ぶりのカットチャーシューとメンマがてんこ盛り。
麺を食べるに邪魔なほど量が入っている。
麺が美味い。

食べ終える頃にはお腹も膨れた。
つけ汁はしょっぱいので残したが、なかなか食べ応えがあるつけ麺だった。
でも、ほぼ1000円という値段を考えるとそれなりの量と言える。
この量で-150円くらいならお得感があるんだけどなぁ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製豚まぜ」@特製豚そば ぶんぶんの写真上田佐久エリアで展開する文蔵グループの4号店。
二郎的なラーメンで醤油、味噌、塩のバリエーション、まぜそば、つけそば、中華そばのメニュー構成、今日は少し豪勢に特製豚まぜ(900円)を注文。

ちじれ太麺にほぐしブタ、チャーシュー2枚、卵黄、ネギ、味玉に茹で野菜にマヨ。
特製なので具はノーマルより多いけど全体量は軽め、味わいはまずまずです。
途中でインパクト増のため、卓上の刻みニンニクを追加投入してみる。
ガシガシ食べるなら、特製ではなく大盛の方が良いかな。ゴチでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「富士チャーシュー」@優勝軒 稲葉店の写真このグループのお店は初めてです。
気になっていた富士チャーシュー(1000円)を注文。
無料の野菜マシをオーダーしようとしたら、1kgですよと言われ、あえなく断念。
ドノーマルで注文です。
10分で到着したラーメンはJ系ですね。
ツルシコ太麺、裏山サイズのモヤシにニンニク醤油、ホロっとチャーシュー3枚。
美味でしたよ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「油そば、中(300g)」@麺道 玄武の写真長野市内で人気のあるお店「麒麟児」の姉妹店で、オープンから約1ヶ月だそうです。
午後1時過ぎの入店で15人ほど店内待ちでした。
それでも20分ほどで着席出来たので流れは良いと思います。
店内はカウンター、テーブル合わせて40席ほどですが、スタッフが7人も居るって事は人気があるのでしょうね。

メニューは玄武ラーメン、つけ麺、油そば。
麒麟児さんとはメニューが違うようです。
休日の昼過ぎでつけ麺が売り切れでしたので、人気があるのでしょう。
梅雨明けで蒸し暑い日でしたので、冷やしラーメンとも思いましたが、こちらも売り切れ。
ということで油そばを注文しました。

そばは5分で到着、ラーメンドンブリにたっぷりの麺と具材、上に花かつおが乗っています。
具材はサイコロチャーシューがゴロゴロ、茹でキャベ&モヤシ。
全体を良くかき混ぜて食べると、ニンニクが効いた甘辛いタレでまずまずの味わい。
麺は太麺ですが柔めなので、もっとコシがあった方が旨さを感じるでしょうね。
量的には価格相応、全体的に標準的なつくりの油そば。
価格設定を気持ち安くするとか、パンチある味わいとか特徴は欲しいですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件