なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zzz

男性
平均点 81.119点
最終レビュー日 2015年5月5日
118 99 1 7
レビュー 店舗 スキ いいね
70

「とんこつ醤油ラーメン」@萬年家の写真店舗は木曽路の出口、ドライブインのような広い敷地内にある。
敷地内にはコインシャワーなどがあり、この店もトラッカーで混み合っている。
家系ラーメンもあるが、とんこつ醤油ラーメンを頼んだ。値段は800円。
スープは豚骨魚介でシャバっとしていて、豚骨感が弱い。
麺はストレート中太麺。
具はサイコロ状チャーシューが沢山入り、千切りキャベツ、メンマ、ノリ、白髪ネギ。
チャーシューはウデ肉と思われる。
最近、豚肉は高いと聞くが、ウデ肉はどうしても好きになれない。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「魚介チャーシュー鯖W、背脂入り」@俺らラーメン ちょもらんまの写真前にも食べた一杯。
今回も魚介チャーシュー鯖W、背脂入り(1100円)でガッツリ。
スープを一口。
毎度のことだが美味い。
魚介ガツン、背脂で甘みとコクが加わった魚介醤油スープ。
ちぢれ細麺とのバランスが良い。
チャーシューは不均一な厚みが5~6枚で、スープに浸してホロトロになる。
CPに課題はあるが美味い。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

飲み会で牛角さんを訪問。
メニューを見ると大勝軒コラボの牛骨つけめん。
後で調べてみると東池袋大勝軒の名店が牛角のために考案し、牛角でしか食べれないオリジナルつけめんとのことで、肉&ビールの後に〆で注文。

麺はコシのある太麺で、200g。
大盛300gは無料で増量できるが、焼肉の後ということで、少し控えめに。
具材は半味玉にチャーシュー1枚に海苔。
何となく業務用っぽさが露骨に感じられるつくり。
つけ汁はトロミがしっかりあるものでクリーム色っぽい中に刻みタマネギが浮く。
ちょっとしょっぱい。

焼肉後ではあったが、麺はスルリと食べてしまった。
スープ割りが出来るか聞くもないとのこと。
その辺はやはり焼肉屋だった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「マル得つけめん 中盛 冷もり」@三ツ矢堂製麺 長野篠ノ井店の写真10月末に県内3店舗目がオープン、様子見を兼ねて初訪問。
この日はマル得つけめん 中盛(450g) 冷もり(980円)を注文した。
麺量は大盛600gまで同料金だが、数字を見て微妙に躊躇、そんなことで中盛とした。

つけ汁は甘み酸味が程よいバランスのシャバタイプ。
麺が伸びやかでコシがあり、旨い。
この辺はチェーンとしてしっかり確立されている。
メニューには和えそばがあったが、次回は和えそばに決定だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「つけ鰹」@がむしゃらの写真駒ケ根での打ち合わせ後に初訪問。
最近は伊那谷での仕事が続き、普段ではムリなエリアのお店を訪問することができた。
有難いことだ。

こちらは伊那谷でも人気のあるお店のようで、午後1時近くでもお客さんが多い。
今回はつけ麺の「つけ鰹」(850円)を注文。
豚骨魚介で魚粉が効いた甘めな味わいのつけ汁。
つけ汁の中にはホウレンソウとメンマ。

麺は平打ちの中太麺、コシがあって食感が良い。
どちらかというと、喉ごしで食べさせる麺という感じだ。
ノーマルで注文したが、価格に対する具材の感じなど、CPはやや悪い。
美味いことは美味いが、腹ヘリ状態では少々物足りなさを感じるだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
82

「特製つけ麺+エビ辛味」@縁者の写真山梨ベスト5巡りでおかめに続いての連食。
夜8時前でも駐車場と店内は満席。
やはり人気店だ。

こちらでは少々リッチに特製つけ麺(930円)にエビ辛味(+100円)を注文。
つけ麺は典型的な豚骨魚介。
つけ汁は微かに酸味を感じるもので、浮いた海苔には魚粉が乗る。
ここにエビ辛味を半分ほど投入すると甲殻類の香りとともに辛さが広がる。

麺はストレート太麺で表面がツルり。
コシの強さとのど越しの良さを兼ね備えた美味い麺。
ただ、つけ汁は粘度がなくサラっとしたタイプなので、ツルっとした麺との絡みはもう一つ。

具はつけ汁に海苔、細切りのカマボコにメンマ、棒状のチャーシューが二切れ。
個人的な好みの問題だが、カマボコは不要。
特製なので味玉、チャーシュー、メンマが別盛で付くが、CPは微妙な感じだ。
割りスープは最初からポットで提供され、自分で濃さを調整するパターン。
スープ割りをすると旨みが立体的に広がるように感じられ、〆の満足感は上がった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
86
このレビューは移転前のものです。

「数量限定 濃厚つけそば」@誉れの写真先月オープンのお店、職場から少し足を伸ばしてお昼に入店。
メニューは中華そば、淡麗つけそば、濃厚つけそばの3種類。
濃厚つけそばのみ数量限定。

せっかくなので濃厚つけそば800円を大盛、味玉+100円で注文。
麺の大盛は全て無料という設定である。
つけ汁は白っぽく粘度の高いポタージュタイプ。
豚に鶏が加わったような味わいで、ちょいショッパめ。

麺はツルワシな太麺でグッドな食感、ドロなつけ汁が麺にまとわりつく。
チャーシューは低温調理の豚バラチャーシュー、モモチャーシュー、鶏チャーシューの3種。
レアではないけれど、しっとりしたチャーシューは美味く、特にモモチャーが好み。
メンマも繊維質がしっかり感じられるもので美味い。

最後にスープ割りを頼んだところ、ネギ入りの鶏清湯スープが登場。
割ってみると、これまた旨味の花がフワーっと開く。
惜しいのはつけ汁の塩分。
濃度を高める過程で塩分も上がったのかは分からないが、塩分がもう少し抑えられるとバカウマなドロつけになると思う。
つけ汁は塩分控えめにして、割りスープの塩分を高めに出来れば最高だろう。
住宅街といった場所柄もあるのだろうが、CPも良いだけに塩分濃度は返す返す惜しい。
中華そばも期待できそうなので次回は是非試してみたい。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

「つけ麺(並)」@是・空 福井本店の写真福井出張第1弾。
福井県の人気店の中から選択。
福井駅前で飲んだ後にタクシーを飛ばす。

つけ麺の並(330g)を注文。
茶色みがかった太麺はヤワめのツルモチ食感。
ややピリ辛なつけ汁は魚粉タップリでミドルドロ。
その中に沈むブロック状のチャーシューはスパイシーでトロリ。

美味い。
麺が柔らかめというのが、このつけ麺のバランスの妙なのだろう。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「夏期限定 カレーつけそば+小ごはん(福神漬け付き)」@New old style ゆいが NOS高田店の写真ここ数日、節の効いた濃いつけ麺が食べたくウズウズ。
選択肢はほとんどないので、近場のこちらを訪問。
すると夏季限定カレーつけそば(830円)の表示。

つけ汁は通常のつけそばと同じで節を効かせた豚魚にカレーを加えたもの。
カレー好きとしては避けきれずついつい注文。
サイドには福神漬け付きご飯が大中小で150円、100円、50円の設定で用意されている。
〆用に小ご飯を+50円で追加。

さらっとしたつけ汁はスパイシーさはなく、和風カレー的な感じ。
具はカットの大きいニンジン、ジャガイモが入るも、サラッとしたつけ汁には合っておらず浮き気味な存在感でちょっと残念。
肉もチャーシューではなくてほぐし肉の方が一体感出るのにね。

麺はちぢれ太麺なのでスープ絡みはまずまず。
それでもつけ汁にもう少しトロミがあればねー。
元々つけ汁の量が少ないので、小ご飯まで残るよう調整しながらフィニッシュ。
最後に〆ごはんを投入すると和風カレーライス的リゾットの出来上がり。
全てを食べ終えると一定の満足感。

節の効いたカレーつけ麺は長野で見掛けないので、もう少し磨けば面白い一杯になりそう。
でも夏期限定だからこのまま終わっちゃうのかな。
具やスパイシーさが改良されたカレーつけ、食べたいなぁ・・・。

先日のカレー冷やしの消化不良はここでようやく解消。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

「まぜ基本」@麺賊 夢我夢中の写真久しぶりに訪問。
ここのまぜそばは好物のひとつ。

太麺に濃いめの醤油ダレ、刻みニンニクに茹で野菜、ほぐし肉にベビースター…。
コイツらをざっくり混ぜて頬張る。
健康管理のことなど隅っこに追いやって頬張る。
そう言えば野菜増しにしても同じ値段の760円だったか。
あまりにも久しぶりだったんで増すのを忘れてしまったが、至福の時間だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件