なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zzz

男性
平均点 81.119点
最終レビュー日 2015年5月5日
118 99 1 7
レビュー 店舗 スキ いいね

「とりそば 並+醤油」@スープ研究処 ぶいよんの写真気難しそうなご主人との噂のお店、初訪問。
この日はとりそば(並900)に醤油(+50円)で注文。
鶏ダシはメニューの中で一番高濃度とのこと。
実際の感じとしてはサラッとしつつも鶏感がしっかりしたもの。
かなり鶏が強く感じるが、醤油ダレが食べやすくしている。

麺はサックリ感とムッチリ感両方が感じられる美味い麺。
具材は味玉、鶏肉、あおさ、ネギ。

あおさはワンポイントで香り付け。
チャーシューも鶏で、鶏好きには堪らない味と思う。
手抜きのない造りとは思うが、具材などトータルでCPが悪い。

あと、入口や店内の注意書き、ご主人とお客がお互いに心地良く過ごすための気遣いが書かれているような気がした。
他のレビューに書かれているほど悪いものでもないと思うのだが。
余計な言葉を発せずに仕事をしている姿に恐縮してしまうのか。
それが普通と思えば、特に厳しいことを言われるわけでもないし、問題はない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯醤油+チャーシュー+青ねぎ」@信州麺屋 泰 本店の写真前回の訪問時に気になっていた、かり~麺狙いで1ヶ月ぶりに訪問。
…が、券売機からメニューが消えている。
レギュラー落ちしたようだ。
期待していただけに残念。

言ってみても仕方ないので、今回は店の看板である鶏白湯醤油(680円)を。
チャーシュー(+150円)に青ネギ(+50円)を追加して注文した。
ラーメンは注文からものの4分で到着。

…が、青ネギは万能ネギだった。
普通のネギのつもりで注文したのに…。
ショックは重なるものだ。

気を取り直して頂く。
スープはトロミがあり、唇がペタっとする濃度で十分な旨味とコク。
チャーシューはしっとりトロ~で旨し。
麺は加水高めのちぢれ細麺。
美味いは美味いが、スープとのアンバランスさを感じた。
好みの違いかもしれないが、太めの麺の方がスープをガッチリ受け止めるような気がする。

わずかに惜しいところではあるが、味わいは中々だ。
太麺でカレーがあれば、文句なしだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏まぜそば 大盛(2玉)」@麺道 麒麟児の写真長野駅裏の人気店が先月郊外に移転。
移転してからは初訪。
休日の開店前に到着するも既に15人前後の待ち。 やはり人気店だ。

今回は鶏まぜそば 大盛(2玉 930円)を注文。
このまぜそばは汁が多めの汁なし。
具材は2種類の鶏チャーに、卵黄、タマネギ、青ネギ。
麺はモッチリ食感の太麺。

鶏しぼりの濃厚なつけ汁に卵黄を混ぜて麺を啜ると、カルボナーラチックな味わい。
味わいは比較的単調なので、途中で卓上のブラックペッパーで調整した。
鶏の濃厚さを味わえる一杯だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 鶏の濃厚ワンタンメン Xmasの調べ」@気むずかし家の写真課題だった鶏白湯味噌を食べに訪問すると、入口に限定の貼紙。
限定ラーメンは日テレの番組、ヒルナンデスの企画として日テレの特設ブースで提供したラーメンを長野の気むずかし家でも25、26日の限定で提供したもの。
・日テレ企画
 http://www.ntv.co.jp/shiohaku/winter/#nudleArea

テレビ企画のラーメンが長野で食べられるのは珍しい。
その珍しさに惹かれ、今回は限定を注文、鶏白湯味噌は別の機会に譲ることにした。

ラーメンは鶏の濃厚ワンタンメン Xmasの調べ(850円)、麺と具材でクリスマス限定に仕立てている。
具材では、コチュジャンに漬け込んだ鶏を焼き上げた肉、ワンタンに春巻き。
白髪ネギに星形のナルトにニンジン、他にはプラスチックのツリー(よくX'masケーキに乗っているやつ)と赤い花の飾りつけ。
そしてスープに沈む麺を引き上げると縦方向に赤緑の二色麺。
クリスマスっぽさを演出しているとは言え、オッサンが一人で注文するには、少々こっ恥ずかしいつくりのラーメンだ。

ラーメンはこちらのお店の基本である濃厚鶏白湯がベースで、若干、魚介感が強めか。
卵黄が入っている分、スープにコクがプラスされる。
具材と麺に面白さがあるラーメンだ

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
79

「醤油カツオらぁめん」@とり丸の写真飲んだ帰り道、久しぶりに立ち寄る。
数年ぶりに訪問だ。
夜遅くまで営業するお店としては鶏白湯が美味いお店。

以前訪問した時は塩を食べたので、今回は醤油ラーメン(750円)を注文。
スープはシャバで、鶏感はまずまず。
鶏白湯に宗田カツオの魚粉とカツオ油で魚介感をアップしている。
印象として、何年か前に食べた時より、鶏感が弱くなった気がしたのは気のせいか。

具材はホロリとしたチャーシューに、メンマ、半味玉だが、見た目がチョイと寂しい感じ。
麺はツルりとした中太麺で、スープを引き上げる。
ただ、鶏と魚介のアンバランスさが少々気になった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉地鶏白湯ラーメン」@そうげんラーメンの写真日帰りの東京出張の合間に楽しんだ注目のラーメン店巡りから戻っての一杯。
鶏白湯が人気で、夏場に時折提供される和え麺が秀逸なお店だ。

この日は鶏白湯が食べたくなり、味玉地鶏白湯ラーメ(850円)を注文。
限定25食で鶏チャーシューが提供されており、店員さんに確認するとまだOKとのことだったので、鶏チャーで注文した。
麺のタイプは白龍(加水高めでツルツル食感)か黒龍(低加水細麺)を選ぶ仕組みで、黒龍を選択、スープはサラりとするも、深いコクと旨みがあり、さすがの安定感。

久しぶりにカウンターで厨房の仕事ぶりを見ていたが、ご主人をはじめ、店員の皆さんもテキパキ。
店内はお客さんが多く混雑していたが、上手な客回しで回転が良い。
混んでいるお店ですぐラーメンにありつけるのはとてもウレシイ。
以前より回転の仕方が早くなっているように感じた。
このお店の良いトコと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「烏賊干し鶏白湯醤油そば」@新橋 纏の写真烏賊干しを使ったラーメン。
食べる前は乾物系なタイプのラーメンかと考えていたが、だいぶイメージが違う。
ラーメンの上には煮込んだゲソが乗っているように、イカの香りと味わいは強い。
かなりな際どさな味わいだと感じた。
食べ手を選ぶスープとあったが、まさしく。
個性というテンでも際立ったものを感じた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
76

「濃厚鶏白湯らうめん」@吟屋食堂の写真川中島の吟屋のグループ店。
川中島の本店は味噌系がウリだが、こちらのお店は鶏白湯をウリにしているよう。
鶏白湯はラー油が入ったタイプ、マー油が入ったタイプがあるが、普通の鶏白湯を注文。

スープは一見サラッとしているが、口に含むと唇がペトッとする。
鶏の香りと濃厚な味わいを押し出したスープで、鶏感は強いが旨みが少し弱いか。
合わせた麺は加水高めのちぢれが強い平打ち麺。
サラッとしたスープでも良く絡む。

具材は白髪ネギとホロっとチャーシュー。
スープは純粋に鶏の味わいを強く押し出す造りなので、後半は若干の飽きがくる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
81

「鶏白湯醤油」@いーらぐーらの写真伊那出張の際に初訪問。
場所は市街地だが、民家を改装したお店は、少々引っ込んだ分かりずらい場所で、何となく隠れ家っぽい雰囲気になっている。
お店に駐車場はなく、200mほど離れた市営駐車場(1時間無料)に駐車してお店へ。

メニューは鶏白湯メインで、醤油、塩、味噌と味でバリエーションを出している。
鶏味噌を食べたかったが、品切れ中とのことで、今回は鶏白湯の醤油(700円)を注文。
ラーメンはものの5分で到着。

スープはサラリとしたもので、僅かにトロミが感じられる。
醤油がキリっと立っていて、醤油感がいいアクセントになっている。

合わせた麺は低加水の中細麺。
具材は鶏チャーに茹でキャベ、豆モヤシ、キクラゲ、ネギ。
少々入っているあおさ海苔が風味でいいアクセント。
美味しさがコンパクトにまとまったという印象の一杯だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「駅前つけそば」@駅前つけそば亭の写真朝、寝ぼけ眼でテレビを眺めていると、テレビ番組企画でつけ麺を提供するとのこと。
詳しいことは後述するが、食材全てが信州産のつけ麺だそうだ。
イベントのラーメンはチープさや割高感などで良い印象を持っていないが、一番組でここまで一杯のつけ麺をプッシュするのを見る内に興味が沸き、訪問してみた。

場所は長野朝日放送局内の臨時店舗だ。
土日の2日間限定のイベントなので混雑を想定し、多少でも流れが良さそうな時間帯として、午後2時過ぎを狙う。

それでもやはり長蛇の列。
番組スタッフのお客のカウントを聞いていたら、自分は103人目だった。
それでも流れは良くて着席するまで1時間ほどだった。

イベントでは駅前つけそば(800円)のみの提供で大盛やトッピング追加は出来ない。
つけ汁はトロリとした濃厚な鶏白湯+魚介でマイルドな味わい。
麺はうどん用に使われる夢小麦という品種で、しなやかな食感の極太麺はバカウマだ。
しなやかな中にコシがあって、むにゅむにゅした食感は美味いうどんに通じる味わい。
麺の良さはこのつけ麺の一番のウリだろう。
ラーメン業界、特につけ麺も、うどん業界の流れ同様にコシ一辺倒からの転換は十分アリと思える。

具材は信濃地鶏の手羽にモモ肉のコチュジャン漬け、味玉、ワンタン、ナルトに青菜。
つけ汁に麺を沈めるのが難しいほど具材がタップリ入っている。
これらの具材はすべて信州産で、一部の野菜は番組内で栽培したもの。
何より素晴らしいのはイベントにして、陶器製の容器を使っていることだ。
しかも容器まで地元の松代焼という力の入れよう。
イベントでは大概が発砲スチロール容器なので、食べていて味気ない。
良いところは、あともうひとつ、スープ割りが出来ることである。
イベントではまずスープ割りがないだけに、〆の満足感は大幅にアップする。

印象としては、とにかく全ての出来が良いつけ麺だということ。
唯一残念なのは麺量が少ないことと、手羽先が若干食べにくいことくらい。
しかし、こんな美味いつけ麺がたった2日間だけの提供とは、何とも勿体無い話だ。
今企画のヘッドコーチである塚田氏の店舗、気むずかし家あたりで継続提供しないかなぁ…。

・番組HP
 http://www.abn-tv.co.jp/program/ekimae/event/
 http://www.abn-tv.co.jp/program/ekimae/tokushu/

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件