なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

zzz

男性
平均点 81.119点
最終レビュー日 2015年5月5日
118 99 1 7
レビュー 店舗 スキ いいね
85

東京出張の午後の仕事を終え、夕方の開店時間に間に合わすように訪問。
千代田区縛りでコチラのお店を訪問。
こちらではまぜそば(800円)にダブルチーズのトッピング+80円で注文。

提供直前に店員さんの確認で野菜マシ、ニンニク少な目、生姜をコール。
全体をザックリ混ぜ合わせ、ワシワシ食う。 旨いなぁ…。
途中から卓上の専用カレーパウダーをぶっかけて味変を楽しむ。
またまた旨いなぁ…。

腹も舌も大満足で長野へ戻った。
新幹線の車窓は途中からダブルチーズを思わせるような雪景色だった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

有楽町のひょっとこさんに続き、昼の連食。
こちらもずっと訪問が課題だったお店。
千代田区縛りで初訪。
こちらでは看板のベジソバを注文した。

ラーメンは見た目に鮮やかな色のスープ。
スープは、中華そばのスープにニンジンのピューレをあわせたもの。
粘度はないサラっとしたスープだが、旨味は十分。

具材は鶏・豚の薄~いチャーシューが1枚ずつ。
しっとり柔らかく旨いが量的に物足りない。
ヘルシーは良いのだが…。
他にはズッキーニに拍子木状のパプリカ、千切りキャベツ。
味変用の柚子胡椒が丼の縁に少々。
麺はパプリカが練り込まれた赤い平打ち麺で、モチっとした食感。

全体としては優しい味わいで、見た目ほどのインパクトはないが、珍しい味わいと旨さは十分だ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ずっと前から課題のお店。
今回の東京出張でようやく初訪。
午前11時半近くに到着すると、既に5人待ちの列。
元々狭いお店ではあるが。

今回は和風柚子焼豚柳麺(900円)狙い。
券売機で食券を購入し、列に並び5分ほど待って着席。
ラーメンは数分で到着した。

あっさり塩の澄んだスープは穏やかにして滋味深い味わい。
濃厚タイプのラーメンが幅を利かせる中、真逆を行くこの味わいは貴重だ。
アッサリしていても、しっかりとした旨みが感じられる。
柚子と三つ葉の香りが良いアクセントになっている。

麺はストレートの細麺で、食べ進むうちに少し伸びるような感じ。
カタメで注文すれば丁度良いかもしれない。
チャーシューは厚みがあって大きなものが3~4枚。
ミチっとした固めの食感だが、ワタシは好み。

全体的にバランスの良さが感じられた。
普段、塩はあまり食べないが、こんなに旨い塩ラーなら大歓迎だ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「烏賊干し鶏白湯醤油そば」@新橋 纏の写真烏賊干しを使ったラーメン。
食べる前は乾物系なタイプのラーメンかと考えていたが、だいぶイメージが違う。
ラーメンの上には煮込んだゲソが乗っているように、イカの香りと味わいは強い。
かなりな際どさな味わいだと感じた。
食べ手を選ぶスープとあったが、まさしく。
個性というテンでも際立ったものを感じた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80
このレビューは移転前のものです。

「海老キノコCHILI味」@麺場voyageの写真東京での仕事を終え、帰りの新幹線までの時間を活かしてお店回り。
本日2杯目はキノコ出汁を使う独特なラーメンが特徴の麺場Voyageさん。

外の券売機でメニューを見ていると、チリ味のメニューを発見。
寒さもあり、少し刺激を求めて辛めのメニューに決定。
到着したラーメンのスープは結構な辛さ。
帆立貝のスープに海老の頭、自家製トマトソースに豆板醤を加えているそうだ。
具材はサイコロチャーシューと海老、揚げワンタン、麺は平打ちちぢれ太麺。

辛さが強いスープだが、キノコフレークが口に入るとキノコの旨味が広がる。
噂通り、独創的な味わいのラーメンだった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「特製追い鰹そば」@らぁ麺 やまぐちの写真東京出張の折、狙いをつけていた注目のお店に立ち寄る。
少し早めに東京入りし、開店15分前にお店へ到着、3番手につける。
開店時ひは10人ほどの行列。
この日は特製追い鰹(980円)の食券を購入し注文。

スープは比内地鶏などで取ったガラスープに追い鰹。
鰹が強めに効いているが、ベースの鶏がしっかりしており、かなり美味いスープだ。
具材は豚肩ロースをロティしたチャーシュー3枚、味玉、枕木メンマにネギ。
麺は滑らかでコシがある細麺で小麦の風味が感じられるもの。

食べて感じるのは、全体的なつくりが繊細な良いラーメンということだ。
注目されているお店だけの事はある。
心残りなのは葛仕立ての鶏チャーシューが入っていなかった事。
次回の機会には鶏そばを食べてみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

出張で初訪。
お店は看板を掲げていないので、お約束通り気付かずに通過。
戻ると小さい営業中札が置かれていたので入店。
カウンターだけのお店は午後の中途半端な時間でも店内は満席。

入口横の券売機で食券購入、味噌らぁめん(700円)を注文。

注文してから気が付いたのですが、麺少な目の注文も可能で、少な目を注文した場合は半味玉を付けてくれるとのこと。
連食予定や胃袋のことを考えると麺少な目にすれば良かったかなぁとも思いましたが…遅い。(笑)
さて、そうこうする内に8分でラーメンは到着しました。

さて、ラーメンは背脂入りの濃厚な豚骨味噌でゴマとニンニクの香りが。
と言っても、到着前から既に両隣の丼からブンブンとイイ香りが漂ってました。(笑)
スープを啜ってみると濃厚で旨いですね~。
豚の味が良く出てマス。

麺は極太麺で濃厚スープに力負けしないカタメの食感。
具材の野菜類は一緒に炒めてあるので、味がしっかりとしていますし、白髪ネギに掛けた辣油が程良いピリ辛感で味わいを締めています。
スープと麺、具材のバランスがイイんですね。

ただ、濃厚な味わいはどうしても単調さが出てきます。
コチラのお店にも卓上にはカレーパウダーがあったので、チョイといじくってみます。
パウダーをサッサと4振り。
するとコチラでもカレーで良い塩梅に味変し、インパクトも出ました。
スバラシイですね~。

でも、ショッパめなスープということもあって、全てを飲み干すことは出来ませんでした。
それでも旨さ十分な濃厚味噌、名店と言われるお店でしたね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

出張の朝6時半、敢えて朝ラーでスタート。
宿からトコトコ歩いて数分、ゴールデン街入口に立つ。
小さなスナックとかが所狭しと軒を連ねて並び、良い雰囲気。
朝7時前だったが店内は満席、朝っぱらから食べに来ているお客さんが多いのには驚いた。

今回は煮干しラーメン(750円)に玉ネギ(+100円)をプラスして注文。
熱々スープにはタップリの玉ネギ、厚めのチャーシュー、軽くちぢれた極太麺。
スープはショッパめで煮干しがドン!
動物の下支えも感じられるニボ清湯で、とても飲み易い。

ちぢれ太麺はツルプリ食感でスープをしっかりと受け止めている。
具材は、チャーシュー1枚、メンマ、海苔、ネギ、玉ネギのトッピング。
玉ネギトッピングはニボスープと好相性。
ただ、玉ネギはチョット辛いので、水でさらして辛みを飛ばした方が良い。
全体的には、煮干しがガッツリと効いたアッサリ清湯の醤油ラーメン。
煮干しの効き具合は特別ヘビーではなく、飲み易いもの。
ショッパめではあるが、一杯飲んだ後だと余計に美味しく感じるかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
83

開店10分前に一番乗り、店先で開店を待つ。
開店時に外待ち2人だったが開店後にはあっという間に満席。

今回はカレーミニ(700円)にステーキ(300円)を組み合わせての注文。
入口横の券売機で食券を購入して金達磨前のカウンター席で到着を待つ。
他のお客さんの注文を聞いていると結構ステーキを注文している。

野菜・ニンニクマシはせずに注文だったが、普通でも結構な盛り。
ラーメンはカレースープの上に軽く山に盛られた茹でキャベツと刻み玉ネギ。
そしてその上にステーキと厚みのあるバラチャーが2枚、もたれ掛かっている。

スープはトロ~っとしたカレースープ、スパイシーでバカ旨。
次にステーキに箸を伸ばす。
レアで柔らかな肉でこれまた素晴らしい。
ステーキ率が高いのも納得だ。
具の下から麺を引っ張り出した平打ち太麺はしなやかでモッチリな茹で具合。
スープと良く絡む。
茹でキャベツがまた良い口直し。

肉とカレーという余りにも単純で分かり易い構図の一杯だが、個人的には大満足。
1000円というCPも良く十分。
この一杯は次回また食べたいと思える一杯だ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

お昼時の訪問。
入口で先に会計、中華そば(600円)を注文、待ちなしで到着。
スープは穏やかな旨みを感じることの出来るニボスープ。
動物系、ニボとも穏やかな中でイイバランスを保っている。
加水低めのパッツリ麺はスープの拾いも良く旨い。
チャーシューもアッサリめで良い食感、ネギが蕎麦を彷彿させる味わいでまた良し。
納得の美味さ。
閉店してしまったのはとても惜しい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件