なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1日1麺

男性 - 東京都 (1962年生まれ)

採点基準を参考に“感動値”(満足度)にて採点してますので
支払った金額に対して得られた満足度としてます(○○点=○○%)

――――――――――――――――――――――――――――――――

≪運営側のエクスキューズ≫
ポイントはユーザーの主観による採点(満足度)の集計であり、
そのお店の味に対する絶対的な評価ではありません。

―――――――――――――――――――――――――

平均点 76.141点
最終レビュー日 2009年8月12日
1,001 637 0 1,301
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば (500円)」@赤坂味一の写真【1年4ヶ月振り7回目】 (2009/8/12)
節目の一杯は何処にしようかと振り返ってみた時にそれ程迷わず赤坂味一が浮かびました。
(過去レビュー)
http://ramendb.supleks.jp/scorelist/shop/3401/user/930

毎日でも飽きない味、毎日でも食べられる価格、そして居心地の良さがあります。
作り手一人、ホール一人はどちらも匠。そのお見事な仕事ップリは見ても気持ち良いし、
此処に集まるお客さんもそれを承知で皆協力してくれます。
知らぬ同志が同じラーメンを一緒の卓で囲む風景もまた赤坂味一では当たり前の風景です。
そんな一体感があるからでしょうか?店側からの感謝が感じられます。
味もさることながら、どれもこれも全てひっくるめて此処ならでは。
今日も変わらぬ一杯は“凄く”じゃぁなく“程よく”美味しい。
こうかいぼうの『味噌汁のような』と言う表現は私の場合赤坂味一になるのだと思います。

さて、今日の一杯はものの5分で配膳、毎度スープ表面は熱々ラード蓋で覆われてます。
本日のスープは煮干のエグミが控えめ、カエシが程よく利いた紛れも無く赤坂味一の「中華そば」です。
エグミが強ければ酢で中和させてば良いし、弱ければそのまでいいわけです。
この系統のスープでは大勝軒 北習志野店が一枚上手で、とても印象的に残ってます。
http://ramendb.supleks.jp/score/57352

麺は少々カタメな茹で加減が丁度良く、デフォで大盛りなので遠慮なしに啜れます。
自家製メンマは幅の広い常連さんへの配慮もあって?なのかは知りませんが、
誰にでも楽しめる仕様であるようで薄味・柔らかめ。
チャーシューこそ価格を反映した薄いやつですが、肉好きならチャーシュー麺650円を!

スープまで飲めば大抵の御仁なら満腹保証付き、ワンコインでの幸せはお店丸ごと味わって下さい。



________________________________________

これ以降は一部の人へ ですので、悪しからずご容赦下さい。

コメントを下さった皆様へ

今回をもってしばらくお暇を頂きます。
振り返れば1000回。
皆さんからコメントを頂けたからこそ此処まで続けられました。
心より感謝いたします。

自分の周りにラーメン好きは多くいたけれど、自分ほど好きな人に出会ったことがありませんでした。

しかし世間は広いもんです。
こんなにいるではありませんか!ラーメンヲタク。
それがとても嬉しかったです、安心もしたのです。

元来近場で済ませるというのが常でしたのが、RDBをきっかけに『食べ歩き』の楽しさ、そして井の中の蛙であることを知りました。
「ラーメン二郎」巡りはその中でも一番痛快でしたし、3度行った群馬のラーメンツアー
は懐かしい感動です。群馬のみなさんありがとうございました。
おばぁちゃんも食べていた佐野らーめん 麺龍の優しい一杯が忘れられません。

オフ会で知り合えた諸氏、その節はホントにありがとうございました。
またいつかお会いしましょう。

いづれひょっこり現れた時はどうぞ、ヨロシクお願いします。

投稿(更新) | コメント (93) | このお店へのレビュー: 7件

「中華そば (304円)」@幸楽苑 平河町店の写真【初訪】 (2009/8/12)  ~南3局~
本日ラーメン二郎 小岩店は昼営業のみ。しかも魚粉かカレーを無料サービスしてくれるという。
今日の為だけにメール会員登録までしたのに。。。
行列は30名くらいだったのですが、なんと並んだ瞬間「私までです」と直前の若者が死刑宣告にに告げられているではありませんかぁ~(涙)まだ13:05なのに。

先週と同様にラーメン二郎 亀戸店へまっしぐら、これまた間一髪OUT
「準備中」の札越しに美味しそうな亀二を啜っている光景は悲しすぎました。

慌てましたよ、一之江に向うか?千住大橋はやっているのか?・・・・・焦りまくって携帯検索しますが、お盆に突入してますし時間も時間、、、開き直って大幅に予定変更しました。
最後は赤坂味一にしようと決めていたので前後しますが「幸楽苑」にも興味がありましたので。

研究に研究を重ね、麺やスープにこだわり抜いて高品質を低価格で提供し続けている「幸楽苑」はマクドナルトと重なる企業戦略を彷彿とさせてくれました。

で「中華そば(290円<税込み304円>)」の実力をば。
同店公式サイトで謳われている「トリプルスープ」、確かに美味しいとは思います。
カエシが特徴的な感じは受けます、複雑な旨味が絡み合って独特の醤油味でした。
が、出汁感に及びますと一言で言えば「薄い」に尽きます。

中太ウェーブかかった麺はプリプリとした食感は悪くありませんし、ツルツルとした麺肌は爽快に喉を通過して行きます。
この麺、スープがもっと濃厚だったら・・・と思った分、スープの力無さを感じます。
公式サイトでも隅に追いやられている「中華そば」よりも「極旨醤油」「醤油とんこつ」に調整された麺なのかも知れません。

チャーシューは極薄なやつが3.5枚、なる程!こんな提供の仕方もありですね、肉質は悪くありませんでした。海苔、メンマは平凡です。

味も悪くないしお財布にも優しい一杯、餃子:180円(6ヶ)やセットものとの抱き合わせならいいかも知れません。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件
70

「太閤麺  (700円)」@太閤の写真【初訪】 (2009/8/10)
京急蒲田駅からJR蒲田へ向うアーケード内に随分前からあるお店です。
店頭の装飾がなんとなく「つけ麺大王」してますが、内容は「街の中華屋」さんのようでした。14時近かったこともあり店内にはお客さんはおらず、夏休み中のご子息を含め3名でマッタリされておりました。夏休みの宿題でもみてあげていたようです。

店内照明が暗めなので撮影には不向きな環境、もっと明るくすればいいのに…と大きなお世話ですね。
こちらにお邪魔する前にいくつか、ラーメンブログを拝見してピリ辛ニラそぱの「ジャン麺」か「麻婆麺」のどちらかにしようと思いましたが、店名を冠した「太閤麺」も興味を持たされました。調理麺は大方650円なので、しばらく通っても飽きないと思います。
しかも<回数券:500円×12枚=5,000円>というのを販売しておりました。

店主に伺うと「広東麺のようなうま煮がかかったやつです」と、とても感じよく対応してくれたものですから、それにしましょう。

ちょっと大ぶりの白菜、キクラゲ、人参、ピーマン、しいたけ、豚バラ肉が甘めの醤油餡かけになっております、ベースの醤油スープは奥行きこそ感じないもの、標準的で多すぎなかったので餡との比率は抜群、ちゃんと餡の味わいと一体化して広がりました。
中央の1/2ゆで卵が、広東麺でなく太閤麺である所以なのでしょうか?蒲田らしさを感じます。

麺は汎用タイプですが、プリッとした食感が好ましい茹で加減、これで十分でしょう。
想像していたよりも味は良かったですし、店主家族にも好感を持てました。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン麺 (780円)」@日進亭の写真【初訪】 (2009/8/8/)
京急平和島駅からすぐのこちら、以前から存在こそしっておりましたが店頭にメニュー表示などが無いため少々敷居の高さを感じていました。ワンランク上の「街の中華屋さん」といった位置づけです。
土曜の昼過ぎでしたが6割くらいの入り、年齢層は若干高でした。
愛想の良いオカミサンが接客、恐らく旦那さんが調理を担当されているのでしょう。

さて「ワンタン麺」
ワンタンは5ヶ、肉餡自体は小さめですが中華系香辛料が強めに利いており、なかなか美味しいです。
皮の茹で加減も程よくツルンっとした舌触りがいい感じです。

王道を外さない醤油スープはベースとなる出汁の旨みがじんわりと舌に旨みを残してくれます。これを一番感じたのは固形物が無くなった後のスープだけになった時点でした。

麺は汎用中細、プリッとした食感を維持した加減で茹で上がっておりました。

メンマは甘めな味付け、柔らかく仕上げられているのも年配顧客への配慮も感じられます。
バラ肉チャーシューは柔らかすぎず硬すぎずの按配、薄味だったので肉本来も旨みが味わえました。
その他海苔と1/2味玉でした。

味付けや具材の完成度などから調理人の技と丁寧さを垣間見れたワンタン麺、
総じて万人に受けそうな醤油味は地域性を重んじてのことでしょうか?
確かに美味しく頂けましたが、平たく言えば「普通に旨い」過大な期待はしない方が良いかも。
いづれにしても初見、一品料理に新価が発揮されるのかも知れませんが、麺類だけにスポットを当てた場合CPは少々低く感じてしまいます。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「五目うま煮麺 (780円)」@華栄の写真【初訪】 (2009/8/4)
矢口渡駅北側商店街、環八を超えると賑わいなどないあたりに華栄はありました。
昼近くだったせいもありますが店内ほぼ満員、その後は外待ちが出来るほど、近所の会社員が主な客層でした。スタッフは4名ですが、ご家族で営まれているようです。

本日のおススメ「麻婆麺:780円」を注文したのですが、メニューに“当店人気№1”と謳われた『五目うま煮麺』を発見、同価格ならコッチ!と、すぐさま発注変更しました。
無料サービスの「麺大盛り」コールはオーダー時に告げます。

目前の調理人、何処で修行されたのでしょうか?斬れのある鍋捌き、中華レードル(お玉)が華麗に舞います。流れるようなリズムと豪快なサウンド、丁度カウンター越しに見えるので、ライブショー感覚です。“当たり”の予感がしてきます。

一回りデカイドンブリで登場した「五目うま煮麺」はスープ量が多め、五目餡もタップリです。この五目餡の味付け、甘ジョッパさがドンピシャな加減、アッサリめの醤油スープに旨味とコク、油分を与えてくれます。

この「五目うま煮麺」で一番気に入った点がこの餡の按配でした。
具材内容でなく、餡のかかり具合と味付けそして油加減です。
かなり熱々なので、フーフーしながらトロみのかかった具材と麺を絡めてズズーっと...タマランです。
白菜メインでタケノコ、キクラゲ、人参、小松菜にうずらの卵、そして画像では隠れてしまていますが、申し分の無いムキ海老が一本という構成でした。

麺は汎用の中でも上物の部類、プリプリとした食感のあるタイプです。2玉かなと思うくらいの物量でしたが、伺ったところ1.5玉。基本の1玉が150g以上あるのでしょう。
再訪必至です。

※大盛り無料は期間限定ではなさそうなので採点に含みました。
普通盛りならマイナス5点くらいです。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「もやしそば (630円)」@三好の写真【初訪】 (2009/7/29)
大森駅から自宅までの途中にある中華屋さん、いつか登録して差し上げようと15ヶ月も経ってしまいました。
店頭から想像しているより明るく広い店内、マンガ本もたっぷりです。

夜ともなるとどのテーブルにも大瓶のビールにお薦めの餃子、そんな組み合わせが良く似合います。

無難な線で「もやしそば」
見事にシンプルな絵面、人参の赤がやけに目立つ一杯でした。
ひき肉にもやし、人参のみを炒め、餡かけにしてあるようです。
ひき肉量が多めなため、粗末な感じは受けません。

スープはアッサリ目の醤油濃い目、出汁感はそれほどでもなく想定の範囲内に収まっており、ほんのり甘い味付けだったもやし餡もかくの如しです。
麺は細めの軽いウェーブ、汎用麺に分類されるものです。

味、量、質共に安全圏に収められたような感じを受ける一杯、
やはり軽くビールにおつまみ後の〆か、はたまた餃子とセットならいいかも知れません。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏和え麺 1玉 (750円)」@TOKYO 鶏そば TOMOの写真【初訪】 (2009/7/29)
下見ついでの大井町、陸橋下の駅へ通ずる抜け道に佇むお店です。
※券売機右上のボタンだったことは覚えてますが、正確なメニュー名は油そばだったか汁なしだったかはっきり覚えてませんので悪しからずご容赦下さい。
新メニューのようです。先客が旨そうに食べていたのをチラッと見てしまったので思わずプッシュしてしまいました。

麺上に散りばめられた美しい具材は味がしっかり沁み込んだ鳥肉に味玉、もやし、味付けのアクセントにはニンニクチップにネギ、ゆかり、一味を混ぜ込んだ魚粉が振られています。
“ゆかり”とは珍しいのですが、これは酸味としてのアクセントになります。

さて、マゼマゼ・・・アレ???
此処で問題発生、麺がくっついて、くっついて、ダンゴ。
こうなると、具材が満遍なく混ぜることが非常に困難です、、、
SOS発信。。。。「すみません、割りスープ下さい」

店主はとても感じよく、状況を察知してくださったのか?
「あっはい!」と小椀にてサーブして下さいました。

直に口に含んでみると、鶏白湯のやさしい旨味がじんわり。。。イケマス。
必要十分な量を投入しマゼマゼしてからズババァンと啜り上げれば至極満足!
これはスムーズに食べることが出来たという満足です、
味の方はちょっと薄くなったせいもありますが、「普通に旨い」くらい。
“ゆかり”特有の紫蘇味がどうも先行してしまうのが好みからズレました。
期待していた鶏チャーシューも旨いよりもショッパイような?
もも肉だったことでジューシーさがあったことが、せめてもの救いです。

ジャンクな感じではなく、やさしくマイルドな、あまり油感のない仕様です。
まぁ今回は上記のような経緯から、鶏白湯を頂いたわけですから本来の味から変化してしまったかもしれませんが、実際試されて、必要とあらば是非遠慮せず、進言されることをお薦めします。

もし勇気を出せずにいたら、さぞイラついた一杯となったはずです。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「1分ラーメン (250円)」@福屋 平和島駅前店の写真【9ヶ月振り2回目】 (2009/7/29)
そりゃぁ気になります「1分ラーメン」
『トッピングは出来ません』という注意書きが更に好奇心を駆り立てます。

250円という価格から“素ラーメン”だろうと予測しておりましたが、ハズレました。

チャーシューこそありませんが、メンマに茹でもやし、青いのはニラです。
これにナルトとチャーシューで、450円になるわけですから断然お得なわけです。

さて、何ゆえ「1分ラーメン」なのか???
そしてトッピングを拒む理由とは???

オーダーしてから配膳までは、約3分でした。
ということは1分で食べろってことでしょうか?
実際、5分ほどかかりましたがオトガメなしです。
結局「1分ラーメン」の全貌は明らかになりませんでした。

前回のモツ煮こみラーメン(600円)と比較すれば圧倒的に高いCPですが、
恐らく、客数や客単価UPへ繋げる為の秘策とも言える一品と思われます。

細縮れ麺にあっさり醤油スープ、もやしとメンマの食感が単調さを回避してくれるので
それこそ、一杯ひっかけた後の〆に、或いは定食のお供にはもってこいです。

高い満足度はありますが、単品での充実感にはやや乏しさは否めません。
つまり、どことなく不完全燃焼な食事となってしまいます。

理解に苦しんだ『トッピング不可』の注意書きはあくまで主食にはさせんぞ!
という意図がこめられているのかも知れません。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン (370円)」@パンダ 京浜蒲田店の写真【約11ヶ月振り2回目】 (2009/7/26)
お向かいの太閤、ネット情報でも営業日や時間が交錯しておりここ数日間で2連続振られてしまったので、パンダ 京浜蒲田店へ。

店頭で目を引いたのが「四川坦々麺:280円」
ちょっとこのメニューだけを注文するには気が引けたので、ラーメンもお願いしました。

手もみ風の麺がなかなか印象的でしたが、スープ自体に特徴は感じません。
社食や観光地にありそうなテイストながら“ラーメンらしさ”はしっかりの醤油、当然マズイはずもなく、メンマ・ほうれん草・ゆで卵・チャーシューにもひ弱さはありません、これで370円なら立派じゃないでしょうか。

単品価格設定が低い為、ラーメンと丼ものを併せて注文される方も多いとか、、、
なるほど!このようなシンプル醤油なラーメンとの食べ合わせは良いかも知れません。

単品ではお薦めしきれませんが、“半”とかつかない『ガッツリ丼+麺』でイキタイ方に是非!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「サンマーメン (650円)」@中華そば 雪の写真【初訪】 (2009/7/25)
昔からその存在は知ってましたが、なんとなくスルーしておりました。

あかいら!さんが5月に訪問された時よりも少々若干値上がったようです。
創業当時は「生碼麺(サンマーメン)」は90円だったそうです。

餡かけスタイルのサンマーメン、滅多に遭遇しないグリーンピースが3つ。
スープは濁りのある醤油系薄味ですがハッキリしないぼやけた感じです。色的にも美しいとは言えません(汗)
それに反して野菜餡は凄く濃い味付け、そのままではしょっぱいくらいの塩梅なので混ぜ合わせれば丁度良い感じになるのですが、まさかコレが計算とは思いにくいですが、長年の経験と言われれば、ハイ!と言わざる得ません。

麺は汎用を柔らかめな茹で加減、まぁこの場合麺だけ硬くてもどうしようもありません。

とても感じよい対応をして頂きました、特に高齢のおばちゃん。
「おしんこ食べるかい?」とおばちゃんが出してくれた大根ときゅうりのぬか漬けは
お会計後の見せてくれた会釈のような、安堵感がありました。

味だけじゃ語れない中華そば 雪の“Something Great”
一度くらいでは到底解りえないものがあるのでしょう?
違った満足はありますが、採点には反映させません。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件