なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1日1麺

男性 - 東京都 (1962年生まれ)

採点基準を参考に“感動値”(満足度)にて採点してますので
支払った金額に対して得られた満足度としてます(○○点=○○%)

――――――――――――――――――――――――――――――――

≪運営側のエクスキューズ≫
ポイントはユーザーの主観による採点(満足度)の集計であり、
そのお店の味に対する絶対的な評価ではありません。

―――――――――――――――――――――――――

平均点 76.141点
最終レビュー日 2009年8月12日
1,001 637 0 1,301
レビュー 店舗 スキ いいね

「MONSTER+ハバネロ爆流 (720円)」@らあめん花月嵐 大森町店の写真【1ヶ月半振り14回目】 (2009/8/6)
激背脂+極旨味噌の怪物拉麺登場!!
要は背脂多めの味噌ラーメンと言うことのようです。
(以下公式サイトより一部抜粋)
>味は二の次で、やたらとボリューム感を競うメニューが世の中に溢れているが・・・

二郎直系、インスパイアの大半を指しているのでしょうか?かなりの自信です。

「バリ辛ハバネロ爆流(ボール)」にニンニクをクラッシュすると更に過激さを増すような説明もあったので、今回の無料トッピングはそれに充てることにしました。

どんなスンゴイヤツが登場するのかと思いきや、見た目普通な背脂系味噌ラーメンです。
そもそも二郎系を引き合いに出すこと自体滑稽な程、何の変哲もない見た目。茹でもやしとキャベツが少々とベーコンやハム程度の厚みに近いチャーシューが2枚。。。もうズッコケそうです。

背脂はかなり浮いてますし味は悪くありません、同店ご自慢の「嵐げんこつらーめん」に共通するスープを感じます。
味噌自体の主張はいま一つ弱い感じを受けますが塩加減もまずまず、やはり背脂の甘みがかなり貢献しています。

麺は中太でシコシコとした食感、この一杯にはうってつけだと思えます。
お薦めだった「バリ辛ハバネロ爆流(ボール)」
直接舐めるとかなーり辛いのですが、スープを破壊するまでのこともなく、辛味噌ラーメンになりました。

過剰とも思える宣伝文句のようですが、普通に美味しい一杯だとは思えます。
720円ではちと高い気はしますが。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 14件

「味噌らーめん (800円)」@つじ田 味噌の章の写真【初訪】 (2009/8/2)
前略、一段落。
ふと見上げるとつじ田 味噌の章の看板ではありませんかぁ!
まるで「さっさと入らんかい!」と言わんばかり、先客1名は日曜日だから?

庶民にはやや高めの800円がデフォですが、内容からすれば納得出来ないわけでもありません。味は良かったので。

麺は北海道から空輸しているようです。
トップに貼られたリンク先の公式サイトには「三河屋製麺」の写真が使われていますが、
此方はhimaさんのレビューにある通り「カネジン」の麺箱が確認出来ます、但しローマ字でしたが。

さて此方の味噌ラーメン。
「あえて札幌」というコダワリ...山形で出会った青海苔は『龍上海』のことでしょうか?
一人前のみを調理してもらえるという好条件、静寂の中で中華鍋から湯気が立ち上りました。

ラードを鍋肌で熱しニンニクか生姜のみじん切り?から入ります。
「ジャァー」「カンカン」「ガンッ」美味しそうな音に胸が高まりますよぉ~

もやしと玉ねぎは同時に投入?
炒め時間はやや早すぎ?
ですが、まぁヨシとしましょう。

その後豚骨スープに正確に計量された自家製ブレンド味噌の出番です。

麺はそのまま、ほぐしは粉落とし作業なしでテボへ放り込まれたのですが、恐らく時間の経過による温度上昇がもたらした悲劇、麺どうしがくっついた、「ダンゴ状態」が部分的に二箇所、内一箇所は4本ダンゴ、、、つまり失格。

麺を“面倒見る”過程が欠如しているのです、これがマニュアルの落とし穴。
以下省略。


そして配膳。

見た目のボリューム感は十分でした。
黄色縮れ麺、しかも透明感のあるタイプはご当地ラーメンの中でも一番好きなのです。
話を解りやすくする為に、、、、
九州系のボソボソは苦手なジャンル。なのでバリカタとかは自分好みではありません。
食感としては「プリプリ」「シコシコ」&「モチモチ」と言う感覚も好みです。
__________________________________________
ラード多めなので、スープ表面は熱々に覆われております。
この感じはあの「純連」系に近いでしょうか、しかーし。これが逆効果になってしまう結果に。。。私の場合ですが。

つまり『純連』との比較になってしまいました。
味噌そのもの好みは『純連』
ただ、丁寧さは此方に軍配があがります。

的な比較になってしまったのです。

作者は札幌・仙台を食べ歩いた結果、“いいトコ取り”に走ったのだと想像します。
そしてその通りの美味しい味噌ラーメンになったのだと思われます。

「あの麺」と「このスープ」「この技(演出)」この「トッピング」。

が、結局どっちつかず。

龍上海の「青海苔&味噌」の方が勝っている
純連の「味噌と熱々ラード」の方が勝っている
実はこんな想像を巡らせながら食べている本人にこそ問題あり。

単に「美味しい」と思えない、ある種の病気?困ったもんです。
悪たれついてますが、可能性を信じてのエールのつもりです。

必ず再訪したいですね、オリジナリティを感じられえるやつ。
次回が楽しみです。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件
78

「黄虎 (750円)」@黄龍虎の写真【20日振り2回目】 (2009/8/1)
2度目の訪問なので、つけ麺にしてみました。
前回一番印象的だったのが麺です、あの麺を冷たく〆たらさぞ旨いだろうと...

“しょっぱい”というレポが続くこちらの味噌ラーメンですが、
このつけ麺に関してだけ言えば、ギリでOKでした。
しっかり赤味噌ベースですが、此処へ粉チーズを放り込んでやりまと幾分マイルドになりました。
画像でおわかりになるでしょうか?小皿に粉チーズが付いてきます。
店員さんは「麺に振りかけてどうぞ」とのご提案、実際やってみます。
チーズ味と味噌、意外と仲良しです。
味的には悪くないのですが、せっかくの麺のツルツル感が損なわれるのでやはりつけ汁へIN。

具材は結構賑やかです、茹でキャベツにもやし、メンマ、細切れチャーシュー
、味玉、海苔×2にコーン、ネギ、魚粉。
尚、味玉追加は店内に配置されていたチラシを利用させて頂きました。

これほど賑やかなつけ汁なので、バラエティな食感を楽しめます。
麺は予想通り、コシ強でモチッとした歯応えが堪能出来ました。
味玉の黄身をレンゲに取り、スープに溶いて飲むとこれまた旨し。

スープ割りをお願いすると、薬味ネギと魚粉(かつお節)が小皿にサービスされました。
極細切りにされた長ネギならまだしも、WHY?
冷めたスープに厚みのあるネギは辛いだけ、魚粉もイマイチ馴染みません。

でもこのマインドさえ維持して頂ければ、試行錯誤の末にはきっと!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン 味噌 (550円)」@ラーメン専科 とらの子 2号店の写真【初訪】 (2009/7/30)
随分前から営業していることは知っていてスルーしていたお店です。
550円のラーメンは醤油、味噌、塩、とんこつから味を選べますが、うれしい同価格なので味噌にしました。
「味濃いめ」を告げなくても十二分に味噌味が利いてます、豚骨ベースの出汁なのでしょうが、このベースがちょっと弱弱しいために味噌ばかりが前面に出すぎてしまっている感じです。
となると、味噌以外の味を選択した場合は一層物足りなくなってしまうような気もします。

画像から解かりますでしょうか?チャーシューがデカイ!
550円の一杯にこんなデカイ肉が乗っかっているとは嬉しい予想外、
その他もやし、ワカメ、コーン、メンマ、ナルトに海苔が一枚の顔ぶれ、こちらは一般的でした。

麺は中細弱ウェーブ、ややカタメの茹で加減でボソッとした歯応えですが多彩な具材と合わせ喰いなら違和感なく楽しめます。

豚骨スープが継ぎ足しなのか、一発仕込みきりなのかによって濃度は変わってくると思いますが、変化をきたすとすればその辺りなので、当たれば会心の満足が得られるかも。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「黒味噌とんこつ 味玉クーポン (770円)」@九州大牟田ラーメン きらら 新橋店の写真【初訪】 (2009/7/15)
先人のおかげで入り口にて難なくクーポンをゲット、腹具合と相談し味玉をお願いしました。
“九州大牟田”と言えばJR総武線本八幡のつけ麺中華そば 節 本八幡店に於いても、主力の豚骨ラーメンよりも味噌ラーメンが好きでしたが、himaさんのレビューにある通り、つけ麺中華そば 節 本八幡店の味噌ラーメンとは方向性が違うようで、此方のは九州豚骨を感じる味噌ラーメンでした。

九州豚骨スープをベースに味噌味を上乗せするですわけですから余程特異な味噌でない限りバランスさえ取れていれば「美味しい」を疑う余地もありません。
更にマー油で風味付けされた一杯、香ばしさも加わり美味しさに拍車も掛かりますが、ちょっと味噌味を凌駕してしまったようで、個人的な好みからするともう少し味噌を強めに利かせて欲しかったです。

茹で上げに注文をつけずとも若干カタメとも感じられた中太麺も当然のようにスープを引き上げ、その相性の良さを感じさせてくれました。

具材のひき肉そぼろもそれ自体味わえば旨いのですが、このスープに溶かせば目に楽しいだけの存在感、メンマは平凡、薬味ネギはもっと欲しかったですね。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん  (800円)」@らーめん むつみ屋 蒲田店の写真【初訪】 (2009/7/11)
以前、同チェーン市川店では散々な目にあったので足が遠のいていましたが、最近では東京駅にも有名店と肩を並べて出店されていますし、蒲田店のレビューでは評判も良さそう。[店舗検索⇒むつみ屋]ではなんと堂々の1位となっております。

開店丁度に到着、店頭掲示板によると味噌らーめんは週替わりで赤と白が提供されるようです。
チェーン店らしさを感じる店内装飾、POPが所狭しとベタベタしてました。

札幌味噌らーめん(白)。
800円はちと高めですがそれなりハードルを上げて待ちます。
平日ランチサービスは+150円で(餃子3ヶ+半ライス)

※この部分の満足度は高かったです、特に餃子は薄皮で肉餡もしっかり、なかなか美味しい餃子でした。
餃子セットが麺よりも先に配膳されたことが、何より評価したい点です。

で、肝心の味噌らーめん(白)。
見るからに美味しそうな黄色くコシの強そうな麺。ボリューム感もそこそこありましたが、ちょっとスープ量が少なかったのが玉に瑕です。

粘度のある豚骨ベース、白味噌ですが甘さは気になりませんが、塩分が強めなマッタリ濃厚なボディです。あくまで固形物ありき、単体で飲むにはツライショッパさでした。

具材のメンマ、チャーシュー、海苔はそれぞれ可も無く不可もありません。
となると、やはり800円という強気な設定には不満も感じます。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

【初訪】 (2009/7/9)
大天狗との関係はわかりませんが、食べた印象としては無関係だと思いました。

13:00頃ともなると空席が目立つ店内、それでもテーブル席は埋まっておりましたので小上がりの畳へ。
メニューを一読、、、リーズナブルでいいすね。(店舗コメント参照)
店名のついた「天狗メン:650円」にも惹かれましたが塩味のようでしたので味噌にしました。ガツンとくる味噌を期待して待ちます。

数分で登場!盛りっぷりがいいですよ。
野菜タップリの味噌ラーメン、目立つのは大き目の白菜、キャベツ、人参、もやし、ニラ、豚肉もちゃんと入ってます。それにしても野菜量が多い。

赤味噌仕立ての味噌ですが、スープはちょっと薄________い。
味自体は好みなタイプですので、単に味噌量の加減次第ということでしょう、
『味濃いめ』と言えば良かったと後悔先に立たず。
欲を言えば動物系油ももう少し欲しいような。

そう言えば「街の中華屋さん」で味濃いめコールをして濃すぎたことはまずありません。
初見だとギャンブル的要素もありますが、少なくとも野菜多めな天狗の味噌ラーメンでは検討されることをおススメします。

若干カタメな茹で加減の汎用中華麺もボリューム感はありますので、
総評としては自分好みな一軒だと言うことは確信出来ます。

採点は期待値を含めない率直な満足度ですが、「安い」・「多い」はOKでしたので次回は「旨い」を確信しに来ます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌ラーメン (650円)」@千成飯店の写真【2週間振り2回目】 (2009/7/1)
滞りなく業務完了した後の一杯です。

酒乱さんがレポされた300円の野菜たっぷり餃子は薄皮ジューシー。90点献上いたします。

さて味噌らーめん
赤ベースで生姜風味は個人的には好みの味噌味。
此方の清湯スープが旨いのでしょうか?
決してガツンというパンチの効いたタイプではなく、シミジミと美味しいスープです。
オカミサンが一味とニンニクをそれとなく近づけてくれるさりげない気遣いが嬉しいですね。
おろしニンニクと一味、ラー油を一まわしして、ピリ辛に仕上げました。

野菜の炒め⇒煮込みに関しては全く問題なし、ワカメは乾燥を戻したのではなく、生ワカメだと想像します、口の中で磯の香りが新鮮でした。

細めながらコシのある麺もこのスープにおいても抜群の相性を発揮しております、旨い。

コレと言った特徴こそ感じませんが、全体の纏まり、食べ始めより食べ終わりに感じた満足感の方が高い一杯でした。

無理なく最後の一口まで、飲み干せるスープにこのお店の底力を感じます。
子供からご年配まで、広くお薦め出来る一軒だと思います。

次回は「ニラ玉子ピリ辛そば」での再訪を楽しみに、餃子も必ず!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌ラーメン (700円)」@東輝の写真【5日振り3回目】 (2009/6/20)
仕事がらみで森ヶ崎、東輝の味噌以外の選択肢は思いつきません。

東輝 糀谷支店の味噌ラーメン同様、ほんのり生姜の効いた味噌味は白ベースの自家製ブレンドのようです。
味噌の旨味がダイレクトに感じられますが単調ではなくまた、薄っぺらくもありません。
いくつもの調味料が絡み合い、熟成されているようにさえ感じます。
とは言うものの、味噌ラーメンを得意とする有名店に見られる独特な個性があるタイプではなく、あくまで「街の中華屋さん」仕様の線上にあると言える味です。 
慣れ親しんだタイプなので当然好きですし、飽きないので何度でも食べ飽きないでしょう。

野菜はガッツリ炒め⇒煮込まれているようでしっかり味も沁み込んでました。
もやしがまた、いい具合の食感です。
豚バラ薄切り肉も結構入ってます、豚脂はスープにもしっかり反映されています。

適切に茹で上げられた中太麺はアラーム管理されていなそうですので、多少のブレがありそうですが、毎回許容範囲内に収められる限りは何ら要請せず黙って頂きます。

「ボリューム感のある麺」「野菜たっぷり」「濃いめの味噌味」
この3つのポイントが東輝の売りだと思います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「味噌ラーメン ニンニク背脂 (750円)」@味噌好き!みそごろうの写真【初訪】 (2009/6/10)
路線バスの中、携帯版RDBの店舗検索で[神奈川県][川崎市中原区]でヒットした武蔵小杉駅付近の最上位店が自家製麺 然でした。
慌てて先人のレビューを拝見すると、どうやら「豚骨魚介系自家製太麺」が売りのお店のようです。
が、店頭に到着してみると『然』の看板の下に『みそごろう』なる文字、「夜の部メニューは味噌ラーメンのみとなります」と予想外の展開ですが“味噌ラーメン”ですもの、悪い気はしません。寧ろ期待が膨らみました。

明るい店内は清潔感もあり、店員さんも感じ良い対応をしてくれます。
キザミニンニクと背脂は無料追加出来ますが、券売機脇に設置されている券を利用するようになってました。
ちなみに卓上にもおろしニンニク、一味、豆板醤、柚子粉、黒胡椒などが設置されています。

配膳されたドンブリの中央に鎮座している1scoopは何?
店主曰く「チャーシューをほぐして多少味付けしたもの」とのことでした。
脂分も多めのようで、スープに溶かすと旨味や粘度がグッと増します。ウマシ。

其の他、茹でもやしにコーン、スープに溶けやすい海苔に薬味、どの素材も上等でした。
チャーシューがいない事に、気落ちすることもなく“濃厚ゴッテリ”なスープは強靭です。

どっしりボディの豚骨に強めの味噌におろしとキザミのwニンニク、これだけでもパンチのあるスープですが、豆板醤と一味の辛味でスパイシーさもUPさせますが味噌味はブレません。
味噌の味自体は少々好みからズレてますがしかし、
味とは別次元での凄さを感じますし、こんな味噌ラーメンと出会いは嬉しいです。
もやしの存在もこれなら十分活かせます。

麺。
画像で伝わるでしょうか?自家製麺はギュゥッっと密度の高い存在感のある太麺でした。
二郎を連想させる麺でしたが、アルデンテの1分手前くらい?だいぶ硬めでしたが粉っぽさが無かったのでギリギリってとこでしょうか、もう少し茹でて欲しところですが質感的にはビタッァ!っとマッチしております。
自家製麺 然の麺とは異なり「味噌ラーメン専用の麺」との説明でした。

「昼間も是非!」と、気さくな感じで話してくれた店主さん。
まだまだ進化しそうな期待感がありました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件