なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1日1麺

男性 - 東京都 (1962年生まれ)

採点基準を参考に“感動値”(満足度)にて採点してますので
支払った金額に対して得られた満足度としてます(○○点=○○%)

――――――――――――――――――――――――――――――――

≪運営側のエクスキューズ≫
ポイントはユーザーの主観による採点(満足度)の集計であり、
そのお店の味に対する絶対的な評価ではありません。

―――――――――――――――――――――――――

平均点 76.141点
最終レビュー日 2009年8月12日
1,001 637 0 1,301
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけそば (750円)」@本家大黒屋本舗 平井店の写真【13ヶ月振り2回目】 (2009/8/5)
kaitさんがラーメン二郎 小岩店の臨時休業情報を出してくれいたのに...
仕事に絡めて久しぶりに足を延ばしてみました、JR小岩駅。
吉野家の交叉点から行列の長さを確認しようと見据えた左45度、まさかシャッターが降りているとは(~ヘ~;)
二郎モードから抜け出せずラーメン二郎 亀戸店へ向うも、なんと今度は「準備中」(TOT)
まだ13:30なのに、、、丁度最後の配膳中。
元気そうなオヤジさんの横顔だけ見れたので、まぁヨシとしましょう。
「人間諦めが肝心」と言うじゃぁありませんか。
失意の中迫られたモード変更、気を取り直して本家大黒屋本舗 平井店に向いました。

2割程度の入りですが美味しいことは先刻承知、全く不安など御座いません。
中華蕎麦 とみ田で受けた衝撃に近い印象を受けました。

何がどう近いか?
一口目のインパクトです。

まぁ並べて食べ比べするわけではないので、
そんな感動を受けられた自分は幸せ者だと、勝手に感じたわけです。

具材や魚粉量など細かいことは端折って、ざっくばらんに旨いです。
これだけ濃厚なつけ汁はなかなかお目にかかれません。
艶のある太麺にドロリと絡まる、絡まる。
タップリ絡めても不足すること無い程の量が提供されていることも、重要なファクターです。
噛み心地、喉越し、いやいやタマランです。
具材で一番貢献していたのはネギだと思います。
この濃厚マタ~リとした旨味を引き立てるばかりでなく、飽きをもたらさない清涼感を維持するだけの十分な量が添えられてます。

2割くらい麺を残した状態でスープ割を頂きました。
ちょいカタメの刻んだチャーシューにネギが追加されて戻ってまいります。
麺を投入し、卓上のカエシ、一味、お酢少々で変身したラーメンも又美味しく頂けます。

中華蕎麦 とみ田の良いところを真似て、試行錯誤を繰り返す。
それを受け継いだ人の志さえ高ければ、お客はきっと満足しますね。
マニュアルでクォリティを維持するチェーン店との明確な違いを感じました。

750円でこの一杯、、、十分です。
二郎は喰えずとも、美味しい一杯にありつけたことで大満足です。
「ごちそうさまでした」は“ありがとう”と“又来ます”を込めて言わせてもらいました。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件
80

「醤油そば (700円)」@麺匠 呉屋の写真【1年3ヶ月振り2回目】 (2009/7/5)
目を瞠るほどインパクトを受ける奥様がいらっしゃるお店の一杯はまず、旨い。
「そう言えばそうだ」と、、、此方の奥様のキレのある仕事を眺めながら回想しておりました。
見てくれが良いっていうのもあろうかとは思いますが、重要なのは仕事振りや接客応対です。そして、ご主人は寡黙なイケ麺。決して横柄では無く「ありがとうございました」は得てして優しい笑顔。とう点もまた共通しています。
麺屋吉左右こうかいぼうとうかんや、、ビジュアルは自家製中華そば 勢得...

ラーメン業界には《イケ麺+素敵な奥様=美味しいラーメン》という方程式は成立するのでしょうか!?ウラヤマし過ぎます。
麺匠 呉屋の奥様、どちらかというとビジュアルや雰囲気は自家製中華そば 勢得の奥様を彷彿とさせてくれます。「シュッ!」っとしていてカッコイイ。余談、失礼しました。

さて、醤油ラーメン。
前回頂いた潮とは全く異なりコッテリ豚骨魚介のカテゴリと思われます。
「醤油そば」ではありますが豚骨のマッタリさに魚系の風味がやさしく感じられました。
開花楼の中太麺が適度にスープを引き上げ、シコシコとした歯応えを堪能しつつも味わい良く豚骨魚介を楽しめました。

バラチャーは炙りの香ばしさが良い演出を放ってはいるものの、コッテリ×コッテリとやや過剰に感じました。
メンマは自家製でしょうか、細めなながらシャキシャキ感が強めでした。
海苔と薬味は一般的ですが、薬味はもう少し欲しいです、或いは青菜系が。

後半は持ちにくい形状のドンブリを片手に、スープを多めに引き上げながらズズリます。スープだけになってしまうと、ショッパさが若干気になり完飲には至りません。

先輩の「汐」を一口頂きました。。。旨い。かなり旨いです。
またスグにでも再訪してみたいですね。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「つけ麺 大盛り (750円+100円)」@いだてんの写真【半年振り3回目】 (2009/6/19)
盛岡冷麺とまでは行かないけれど、コシの強いいだてんの麺はかなり気に入ってます。
前回「魚ぷらす」とノーマルを食べ比べしたので、今回も「つけ麺大盛り」の発注です。

まずは麺だけをそのまま啜ってみましょう。
艶やかな光沢を帯びた麺肌がキラリ☆ツルツルした感触をオッサンの唇を通過、その時僅かに圧をかけますが、動じません。奥歯でぎゅぅっと噛みしめ味わいます、旨い!

砂糖系甘味料強めのつけ汁にも、卓上設置のペースト状一味を系5匙で自分なりの調和を図れば、まずまず美味しく頂けます。
鰹出汁を前面に感じます、豚骨の土台もしっかりしており粘度もあるので麺にもちゃんと絡みます。前回の記憶よりも更に上を行くクォリティを感じました。

メンマにほぐしチャーシューは適当なアクセントとしての役どころ、特筆すべきはありませんが十分です。麺を美味しく食べさせていただく上で必要な相棒でした。
無料サービス味玉は黄身がトローリ!仕様です。旨くないわけがありません。

同行者は同じメニュー普通盛り、何も足さなかったつけ汁と自分のを比べて見ましたが、全く違う味、、、あっしのは完全に「辛味つけ麺」でした。

顎の疲労感。
滅多に感じませんが、なんとなく嬉しい気分です。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「つけ麺中盛り (700円)」@つけ麺専門店 三田製麺所 田町本店の写真【初訪】 (2009/5/12)
本日は市川に居住していた頃の友人から「ラーメン行こう」と伝書鳩が飛んでまりました。
RDBのマップ機能はこんな時に役立ちます田町・浜松町・新橋からの駅近候補を1店づつ、つけ麺専門店 三田製麺所 田町本店麺屋大斗 芝大門店和麺屋 長介

上記以外数店目移りしましたがつかた氏がつけ麺専門店 三田製麺所 田町本店が良いと言うので決定。

普通盛り/200・中盛り/300・大盛り/400までが同一料金と非常に嬉しい設定でありながらも、今回はダイエット中ということもあり「中」にしました。

見た目から旨そうな太麺...旨そうです、流石“製麺所”を名乗るだけの品質だと思いました。麺をそのまま頂いても十分美味しさを感じられます。表面ツルツルなのでつけ汁との絡みはどうか???オケーです。全く、全く問題ありません、とても粘度が高くバッチリ麺にも絡みますが、麺とつけ汁を計算づくで減らして行かないと後半に淋しい思いをしそうです。大盛りにしなくて良かったような気がしましたが、まぁそれならそうと前半から調整を計るのですが。

海苔筏に魚粉乗せスタイルですが、さっさと混ぜてズバ~っと啜り上げます。
マイルドな口当たりのする豚骨魚介ですが、醤油ダレの濃度もしっかり利いているので不足感はありません。つけ汁に投入されていたメンマは筋張ったものも混在していましたが、必要不可欠な食感です。細切れチャーシューは脂身が適度についた箇所で柔らかでした。

しかし、具材はどちらも突出した個性があるようなものではなく、あくまで麺とそれを最大限美味しく食べさせるべく研究されたつけ汁こそがメインでしょう、今までこのような豚骨魚介系の美味しいつけ麺は幾度と無く頂きましたが、見劣りしません。
味だけなら80点手前ですが400gまで同一価格で、しかも700円という設定には満足度も高まります。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん かつお (750円)」@らーめん 凌駕の写真【11ヶ月振り2回目】(2009/4/26)
「赤凌駕」や「味噌」も気になりましたが、同系列店でのつけ麺は記憶にないので試して見ます。
前回の登山が生意気を言ったが為に難儀でしたので、今回は無野菜で久々の角ふじ麺を堪能することにしました。

日曜の夜でも若者中心に賑わいを見せておりました。学生証提示で「特盛りっ!」と元気ありありです。

つけ汁はレンジアップされますので、チンチンに熱々ですから銀盆に乗せられての提供です。
中には細切れチャーシューに玉ねぎ、万能ネギが散されておりました。
出汁の旨味もありますが、魚粉もマシマシのようで醤油ダレが強めで、なんとなく荒削りな感じがまた、この麺に良く合うような気がします。
極太な縮れを浸してズバ~ッっと啜る喜びったらありません、です。
多少ショッパさも感じますが、絡んだスープは適当に落とせば済みます。
しかし、此処で気づきましたがやはり野菜が欲しいですね、ここまで濃いつけダレに極太麺のムギュっとした食感にはもやしのシャキっとした組み合わせが欲しくなりました。
野菜が伴えばショッパさも解消されたかも?

つけ汁が熱々なことが奏してか、麺にも絡みが良く微塵も不足感などありません。
麺上の炙ったバラチャーはつけ汁側に浸して数回に分けて楽しめまました。
刻み玉ねぎが少なかったのが残念、これこそ卓上に置いて頂けない

とにくかくにもこの麺ありき、それをしっかり活かしたつけ汁の組み合わせに満足しました。
一掴みだけでも野菜が欲しかったですが。。。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「つけめん 温野菜 (800円+100円)」@らーめん潤 蒲田店の写真【11ヶ月振り3回目】 (2009/4/12)
JR蒲田界隈のお薦め店。
次に会社の先輩に紹介したのが此処、“インパクト”重視です。

「エイッ!」「エイッ!」のかけ声を聞くのも楽しみのひとつなので鬼脂にしましたが、
健康にも気遣わなければならない46歳、温野菜もトッピングしました。
これが正解!
つけ汁の醤油ダレは想像以上に味が濃く、脂の甘さに野菜の食感だけでご馳走です。
醤油が強めでも「ショッパイ」のではなく、濃いんです。

更に“温”野菜だったので、つけ汁全体の温度低下を抑制してくれたのでした。
極太な麺もキュッと〆られていると強力な歯応えを楽しめました。
野菜と同時に感じる歯ざわりはたまりません。

ネギは玉ねぎと長ネギの両方を増してもらいましたが、野菜の存在感が無ければ大きく貢献してくれたと想像します。
この無料トッピングは目だった告知が見当たらないので、オーダー時に伝えて下さい。

豚骨魚介というジャンルではありますが、オリジナリティのあるキレのある醤油ダレに背脂のダイレクトな甘みの組み合わせ、今回は麺の持ち味にも至極感激しました。

先輩から「今日も行きたい」との一言。
脂の量とトッピングなどによって、勿論つけ麺かラーメンか?では随分印象が変わると思われます。

価格は安くはありませんが、オリジナリティな美味しさなだけに高いとも感じませんでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「中華そば (650円)」@中華そば 青葉 御徒町店の写真【初訪】 (2009/4/1)
過去3回程、同店他支店ではあまり良い記憶がありませんでしたが今回のは旨かったです。

同行者にはつけ麺を注文してもらい、食べ比べをしましたが個人的には中華そばのに軍配が上がりました。

麺の茹で加減が若干カタメだったことも幸いしたようですが、強めなコシを感じる旨い麺でした。魚介香る豚骨スープとの相性も悪いはずも無く完成度は高いと思います。

この手のスープや麺には目新しさは感じられないので、バランスの取り方で受ける印象にも影響が出るように思われますがこの一杯において、出汁の旨味や醤油ダレとの相性、油の量は適切だったと思います。
魚介の香りと旨味が豚骨のインパクトの余韻を継続し、後味で楽しませてくれます。
旨いです。

具材のチャーシューも軟らかすぎず、肉を噛み切る楽しみを残す程度に仕上げられていました。メンマも同様です。

また、注文すれば無料で頂ける「柚子唐辛子」は小皿で提供されますが、そのまま全部入れるよう暴挙は避け、味を見ながら少量からどうぞ。味の変化は著しいです。

“名店”の完成度の高い一杯との遭遇だったのでしょう、『当り』を引いた気分です。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん メンカタネギマシ (650円)」@熟成鶏醤油らーめん 上弦の月の写真【約2年振り2回目】 (2009/3/30)
お口に合うかどうかは別として、蒲田駅西口界隈でインパクトのあるラーメンと言えばまず、思いつくのが熟成鶏醤油らーめん 上弦の月です。

原価高騰につき「桜えび」は入らなくなったので、一つ個性が失われた感もありますが依然として独創的な一杯であると言えるでしょう。
価格も値上げされたようで、今では650円。高くは無いと思いますが“安い”と言う印象はなくなりました。

ドロリとしたスープに極太な麺の組み合わせが好みなので、此処の一杯はそもそもストライクです。
一見すると濃そうに見えるスープも醤油ダレ自体が控えめなので出汁本来の持ち味+鰹節が前面に感じられ、油そばの如く(脂+油)が絡んできます。
麺量も多のでダイエット中の諸兄には危険極まりないでしょう。

チャーシューは長めなやつが2枚、十分です。
卓上には様々な調味料が用意されています、おろしニンニクと辛味ダレ、生姜少々で変化をつけてみました。

“旨いっ!!”って言うよりも“凄い”に近いかもしれません。

また、月・水・金のみ営業、更に回転率の悪さからもなかなかハードルの高いお店であると言えますが、“サービス精神旺盛”をダイレクトに感じさせてくれるお姉さんの接客は家庭的で気持ち良いです。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「ひらつけめん (750円)」@せたが屋 本店の写真【初訪】 (2009/3/16)
「せたがや」では“魚郎”を食べたいと思っておりましたが、
券売機前で900円にたじろぎ、挫折しましたが会社の先輩は不退転の構えです。

店内は照度が低いので携帯での撮影には困難ですが、画像サイズと圧縮率の調整で多少補填することが出来ました。

で、つけ麺。
お向かいの姉妹店で頂いた「つけぶと」の記憶も新しいのですが、こちらも負けず劣らずの満足を得られました。

ギュッっと噛み応えのある太麺は多少硬さをも感じますがそのまま食べても風味豊かで実に旨いです。中華そば ふくもりのエッジの利いたモチモチ感のある「つけぶと」には目新しさもありましが、此方のはよく見かけるタイプの太麺で食べやすいです。

魚介が香るつけ汁も熱々、サラッと粘度は低めでしたが醤油ダレがぼやけておらず、豚骨や魚介の個性と相まって非常に旨いです。
これまた、個人的にはインパクト重視で対面に軍配を上げたくなりますが、こちらのも十分旨いっす。

具材はやや太メンマが3本、残念なことに筋張ったハズレも内1本。
チャーシューは小さめでしたが脂身が美味しかった当りと思われるものが一枚、
薬味少々と、若干寂しい布陣です。

卓上の「ガツンカレー」「ガツン汁」も当然中盤以降に試しましたが、何も足さない時点での味が一番好みでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 (700円)」@麺屋 いけがみの写真【初訪】 (2009/3/15)
開店間もないとのことでしたが、なかなか盛況のようです。

「すみませ~ん!ラーメンの麺が終わってしまったので、つけ麺だけになります」
麺が違うようです。

しかし決してハズレではありませんでした。

画像からも想像できますでしょうか、この艶々した平打ち麺。
ツルンとした麺肌、モチモチした食感、しかも300gがデフォルトです。
ちなみに大盛りは+150円で200g増されますので500gのボリュームとなります。
平打ちよりもギュッとシマリのある極太な麺が好みですが、なかなかどうして、、、旨いス。

『ラーメンのスープを更に濃厚にし、魚介スープで・・・・』
店頭の貼り紙にありましたが、その通りのようです。
魚介系の香りは鰹中心でしょうか、豚骨の旨味やコクもなかなかです。

どうせならもっとドロドロ濃厚にして欲しいくらいでしたが全体的な印象としては
「期待以上に旨かった」が本音です。

つけ汁側にはチャーシューとネギのみ、メンマがイナイのが寂しい限りでした。
食感も単調になりがちなので、是非!メンマの登場を期待しております。
チャーシューは豚さんだったと思います。
角切りとスライスの違った食感の配慮がありました。クォリティは十分満足出来ました。

つけ汁の量も少なくないので“つけ加減”を意識する必要も無く完食できました。
麺を少量残し、いつものようにスープ割りして流し込みました。

CPは低くは無いと思います。
開店間もないとのことですが、毎回このクォリティなら十分オススメできます。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件