なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1日1麺

男性 - 東京都 (1962年生まれ)

採点基準を参考に“感動値”(満足度)にて採点してますので
支払った金額に対して得られた満足度としてます(○○点=○○%)

――――――――――――――――――――――――――――――――

≪運営側のエクスキューズ≫
ポイントはユーザーの主観による採点(満足度)の集計であり、
そのお店の味に対する絶対的な評価ではありません。

―――――――――――――――――――――――――

平均点 76.141点
最終レビュー日 2009年8月12日
1,001 637 0 1,301
レビュー 店舗 スキ いいね

「牡蠣煮込みラーメン」@チャイナハウスの写真【初訪】 (2009/2/12)
職場から至近のこちら。。。避けていたお店です。
小さな中華屋さんですが“街の・・・”と言った感じではなくちょっと小奇麗なお店。
但し、ラーメン専門店ではなく中華料理のそれも一品料理がメインのような雰囲気です。

しかーし、RDBに登録された以上は特攻です。近場ですもの。

店頭の『ランチメニュー』
麺類と定食が計8品ほど。この中から選択しなければならないのでしょうか???
で上記のものが一押しのような感じでした、イメージしたのは醤油ベースで牡蠣油のコクと甘さのある餡かけ。。。。。。。真っ白でした。

スープは白湯、牡蠣の旨味がじんわり染み出ておりました。
が、コクが弱くやや気落ち気味。
塩加減も上品過ぎて、麺のスープとして考えると物足りない感じです。

牡蠣は画像からも見て取れる通り大粒でふっくらプリプリ。
茹で具合もジャストタイミングだと思います。
アッツアツの牡蠣から滴るジュースで火傷しそうになりました。

その他長ネギは斜め切り、青菜はザクギリとシンプルに纏まっておりました。

残念だったのが麺。
明らかなボイルオーバーで、幾分許容範囲を超えておりました。
麺を喰らうことを生甲斐にしている身としてはツライ。
スープが淡白なのもマイナスに作用したと思います。
甘ジョッパイ醤油系あんかけドロ~ン麺だったら、、、、
想像しながら食べ進めました。

※牡蠣煮込みラーメンは単品メニューに無かったのですが「海の幸ラーメン(850円)」セットと同価格でしたので参考価格として下さい。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「五色雲呑麺 5個 (850円)」@支那そば 麺家 酒家の写真【初訪】 〜五色ワンタンが吉と出ず〜 (2008/8/21)
「五色ワンタン麺3ヶ入り」って一体どうなの?と思いつつも理解出来ぬまま5ヶ入りを注文。

間もなく想像通りの五色わんたん麺が配膳された。一見すると4色5ヶ入りに見えるのは1つだけ同じやつが2ヶあるように見えたからで、、、、、食べてみるがやはり違いがわかならなかった。

スープは鳥と豚をしっかり煮出したようなコクのある塩味、やや角ばった感じも受けたが許容範囲内であり美味しい部類。

麺は色白な細めで軽くウェーブがかった、人間の女なら美人間違いない。
ただ、しっかり噛むと後半に粉っぽさも感じるので適当に噛んで呑込むことにした。

ワンタン以外の具材は海苔、メンマ、チャーシュー、青ネギは一般的なクォリティで特筆すべきは感じられなかった。

で、問題のワンタン。

説明を受けなけば中身はわかりにくく、大よそ過去に食べたワンタンとは異なるほどのインパクトだった。
単体で食べれば5つ全部が美味しいことは間違いないが、麺の具材というスタンスから見ると少々やりすぎ感もあった。
あくまで主役は麺。

ワンタンに期待するのはツルンとした滑らかな食感、麺とは違った小麦粉の妙を味わうことにある、個人的な見解だが。
なので寧ろ肉すら入っていなくても構わないほど。但しツルンとした食感の無いものは不可。なので茹で加減こそが気になる。

此処のワンタンは餡が大きいので閉じ目が指で潰されており、その部分は茹で上がっていない為ツルン感は無かった。

一つ一つは旨いとは思うが、トータルではワンタンがうるさ過ぎたというのが正直な感想。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺大盛り+ネギトッピング (750円+100円)」@風雲児の写真【半年振り2回目】  〜かまたまーめんにはありつけなかったが…〜(2008/6/19)
いやいやどうして旨かった。一昔前?RDBを風靡した諸兄2名と共に伺った。
開店当初“つけ麺はいまいち”とう情報を何度か目にしていたが、日進月歩の努力も半年もすれば此処まで来るのか!?

店内に入るや、途端に感じた安心感。
店主以下のスタッフの表情、動きの自然さに纏まりを感じるし楽しそうだった。
すなわちリズミカルであるわけで、こういった状況下に於いてのブレは極めて少ないと思っている。

忙しくも丁寧に事は進み、ようやく配膳。
光沢のある麺の艶からそのウマさは予感できた、で、旨い!
数本、そのまま啜ると唇を通過していく冷やされた麺のツルっとした滑らかさが気持ちいい。噛めばシコッと歯切れ良く、奥歯でギュッと噛みしめればほんのり香る風味が鼻に抜ける。

トロミの効いた鶏と魚介、それぞれの味わいを引き立てあうバランスこそが重要なポイントだと思うが、一口啜った時の印象は強烈だった。思わず目を閉じたくなるような美味しさを感じた。目を見開くようなインパクトではない。
甘み、酸味、塩味のバランス、苦味は節粉でほんのり出しているような?
バランスの良さに支えられたコクとカエシの味わいが冴える一杯だった。

具材のメンマ、チャーシューに於いても文句なし。
寧ろ、食感的に飽きさせない工夫が施されるなら他の具材でも構わないが必須具材は長ネギだと思う。
敢えて有料トッピングしたネギ。

「トッピングのネギはつけ汁の中に入っています」
との説明だったが最後まで
何処にいるの?と探したが若干多め程度の薬味しかおらず終い。

この有料トッピングが無かったら???
後半に飽きが訪れる可能性はあるかもしれない。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン 大盛りサービス (650円)」@ラーメン長山の写真【初訪】〜前回のオフに参加出来なかった一杯〜   麺処 遊からの連食

11:45 ノーゲスト。券売機にて上記購入後1類側に着いたがこっちからだと手元が見える。
昨年12月中旬に新規開店した鶏とんこつスープが売り、大盛り無料なので当然お願いした。
ご夫婦で営まれているようだが、土曜日の昼時にさしかかっているにも関わらずノーゲストか!と余計な心配をしながら調理を凝視。特段問題なくことは進み配膳となった。

醤油のカエシを入れたのは確認したが、見た目は白濁したスープが張られているということは程よく乳化されているということか?鶏をじっくり煮込んだ証なのだろうか。

丼に近づくが突出した香りではなく纏まった複合的な良い匂いがした。スープを啜ると確かに醤油の旨味、それを覆うように濃厚さと甘さを感じたが鶏白湯の割合いが幾分強いのだろう、あっさりした飲み口であり喉越しも良かった。

麺は浅草開化楼製らしいが、太く縮れが軽く入った麺であり噛み応えの抜群の美味しい麺だったが、食べ終えた後に感じたのは「次回は細麺で食べてみたい」だった。
と、言うのもスープよりも麺の存在感があり過ぎたからかも知れない。

具材は海苔と薄味なメンマにバラチャーシューが2枚、特筆すべきは無いがどれも標準以上を満たしており、文句無く旨い。
薬味とての魚粉とネギが決め手だったようで、特に魚粉効果はストライク!いい感じにスープと溶け合っているようだったので後半にも飽きが来なかった。

終始、驚くようなインパクトこそ無かったものの安心して再訪出来そうな印象を受けた。
“鶏とんこつ”というベースさえしっかりしていれば、塩や味噌もハズレは無さそう。
どのスープにどっちの麺を選択するか? 次回も悩みそうだ。

※スープ種別は「鶏豚骨」が無いので印象強かった鶏白湯にしました

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「太魂 味玉クーポン (600円)」@魂麺の写真【2ヶ月半振り13回目】〜クーポン味玉に舌鼓〜
過去レビュー
http://ramendb.supleks.jp/scorelist/shop/1237/user/930

仕事の絡みで地元昼食となった。本八幡で麺食するなら某うどん屋が?1だが、死刑宣告を受け向った先はらーめん源太 駅前館、味噌つけ麺を食べたかったが本日定休日、次候補の魂麺と言う経緯。

12:20 店内10名程の入り、カウンター中央にスタンバる。
今日は店長不在か?若いスタッフ2名で切り盛りしているが共に元気一杯、お客さんとの会話も弾んでいた。ただ、やるべきことはちゃんとこなしているようなので不安感は抱かなかった。
「太魂」は魂麺のメインメニューだが、過去に2度しか食べていない(レビューは1回)それも2年半も前になる。店主の弛まぬ努力が実り、以前にも増してスープの品質が向上したことは前回の訪問で確認済み、今回の一杯とのご対面である。

盛り付けは綺麗に纏まっている、大判の海苔を背景に味玉、緑が鮮やかな水菜、細めのメンマ、2枚に切られたチャーシューという布陣。

スープには透明な油層が確認出来るが嫌味は無い、スープは鶏の旨味が土台となり魚介から染み出た出汁と溶け合っているようで、口当たりも良く抵抗なく喉ごしもいい。ただ、毎回感じるのが飲み終えた後に残る塩鹹さ、舌の残るのではなく喉で感じる鹹さ。今回も幾分感じた。しかし食べている間には感じないので一気に逝こう。

バラ巻きチャーシューの脂身は適度に掃除されているようで“不必要に余計”な脂は除去されているので脂部分も甘く美味しい。ホロリと柔らかく煮込まれており、水菜との同時食い、海苔巻き、麺と、相方によって変化も楽しめる。

麺の茹で加減も程よくツルツルした表面も啜りやすいのだが、どうもお気に入りにはならない麺、当然悪くは無い。これは好みの問題。又、200gの表示だがどうも少なく感じてしまう。

「本八幡で何処が美味しいの?」の問いには大抵魂麺と答える、スープ・麺・具材のバランスがとれた一杯であり、ブレ幅も低いと予想出来る。

スープまで完飲、レモン風味の水を飲み干し喉の鹹さを拭って、ごちそうさまでした。

※クーポン味玉は採点に含めていません

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 14件

「鶏坊塩らーめん  (780円)」@鶏坊や 船橋店の写真【初訪】〜本店との違いはあるのか?〜
12:20 ランチタイム真っ只中だったで並び覚悟で向かうも…なんとノーゲスト???
狐につままれたような気分で券売機より上記を購入し、カウンター右手に着いた。

卓上にあるメニューには“自慢”の押し売り広告。
さらに『おいしい食べ方』のようなPOPに目を移してみれば、レモントッピングを促す提案の羅列。
そうじゃなくても券売機前で、高いなぁ〜と意気消沈しているのに。

運ばれてくればなるほど!賑やかな具材に覆われている、ほぐされた蒸し鶏、レタス、カイワレ、揚げニンニク、海苔、穂先メンマに味玉半分と薬味は万能ネギだった。
大き目のドンブリだったが、まず最初に感じたのは『少なっ!』

スープこそがこの一杯の肝となるのだろうが、ギリギリ文句の出ない程度に張られているのも印象悪い。

スープを蓮華で啜ってみる、十分煮込まれた鶏白湯の旨みがジワッと押し寄せてくるようで濃厚。
塩分濃度は高く、しょっぱく感じるが麺や具材があるうちは許容範囲ギリギリ。スープだけになった時点では飲むに耐えないが、
これはメンマに味付けされたしょっぱさも影響している。
食感の良さを上回るしょっぱさを施された穂先メンマ「なんで、こんなにしちゃうの?」と言うほか無い。
焦がしニンニクは香ばしさをアドオンしてくれる立役者ではあるが、これは卓上に置いてあくまで“途中”から変化をつけるべき調味料ではだいだろうか?

蒸し鶏は可も無く不可も無く!目立つ存在感も無く!と言った程度、悪くない。

麺は若干硬めに茹で上げられた中太麺、噛み心地の良い旨い部類の麺で申し分なし、スープとの相性も良かったと思う。
如何せん量が少ないのが玉に瑕!そもそもデフォで780円もすると「大盛り」にする気も失せる。

“塩でありながらコクも感じられるベースの鶏白湯は唸る旨さ”価格設定から入ったのか?無用とも思える具材はトッピング扱いにしてもらいたいと感じた一杯でした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん 大盛りサービス (700円)」@風雲児の写真今年9月にOPENしたばかりの風雲児、直後から諸兄の熱いレビューがアップされ赤丸急上昇中な『鶏白湯魚介』スープを求めていざ出陣!

ユニークなネーミングの“かまたまーめん”は夜営業のみの限定品

11:00 シャッター一番で入店、食券購入後カウンターのほぼセンターに着く
店内の匂いに関するレビューもあったが、開店直後だったせいもあるのか?異質な香りはしなかった
スタッフは3名、内女性1名で笑顔も応対も好印象だったが 店主らしきサーファー風のイケ麺は更にその上をいく

ドンブリは温められた後、カエシとアブラらしき液体が投入されている
麺は四角く大きめのテボにて茹でられていた、タイマーで茹で時間は管理されている
スープは定量、レードルで一杯注がれた後麺⇒具材が飾られ配膳された

無料で大盛りのサービスを実施しているので、スープ量に関しては文句は言えないし同志からも“普通がお薦め”と助言までもらっている
しかし150gで満足するわけもないハングリーオジサンの胃袋、当然大盛りにしたわけだが、果たしてその見た目は決して不愉快に感じるバランスではなく、二啜りもすればスープと麺の比率をとるには容易だった

スープは粘度の効いた芳醇な香りが実にいい!唾液腺が刺激される
口に含めば鶏白湯の甘さとトロミが余韻を長引かせてくれるので節系の旨味も後を引く
個人的には魚介の風味より鶏白湯の旨味が勝っているように感じた
この味わいだとスープ単体としても十分一般受けする“美味しいスープ”が確立されているだろう
むしろ、カエシの醤油が少々弱く出汁感に負けているような印象で塩分濃度も控えめな感じさえしたので“カエシ追加”を要請しようか迷ったほどだが、許容範囲ギリだったのでそのままいった

具材で目立ったのは中央にこんもり盛られている万能ネギ、緑鮮やかに清涼感を与えてくれるが、このスープには欠かせない良き相棒だった
メンマはしっかりと甘めの味付けでこれまた美味しい、食感もGood!
箸でいとも簡単に崩れる程の柔らかチャーシューも薄味で旨いのだが、このスープなら蒸し鶏肉か鶏ツミレなんかも良いかも?
意外だったのは海苔、朝定についてくるようなサイズが1枚だがスープを吸い込んだ海苔を麺に巻いて食べたのだが「おおっ!」っと感心、組み合わせの妙を楽しめた

麺は中太やや縮れ、適度の茹で加減でスープとの相性は非常に良いが加水率は幾分低いのか?“プリッ”というより“プツッ”とした歯応え、スープの引き上げは上々である

豚骨のようなマタ〜リ感より幾分サラッとしたマタ〜リ感ではあったが、終盤に差し掛かったあたりでは、少々飽きも感じてきたのはやはりカエシの味わいが弱かったせいもありそうだ

茹でキャベツなんぞ、放り込みたいなぁ〜などと思いながら・・・完飲!
ごちそうさまでした

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

「冷し鶏そば (900円)」@らーめん天神下 大喜の写真11:20 行列覚悟での訪問だったが、なんと3名のシャッター待ちに接続が出来た

と、いう事は先日テレビで観た15食限定の「冷し鶏そば」も選択肢に入る
らーめんにしようと思っていたがむせ返すような暑さも手伝って、急遽オーダー変更

作業は見えない造りになっているので、おとなしく待つこと3分で配膳となった
画像では捉えにくいが器はガラス製のドンブリ、本来中央に白髪ネギ&千切りキュウリが盛られてたが、具材や麺がわかるように少々レイアウト変更してある

前出の具材の他・なめこ ・香ばしさのある鶏モモ肉 ・普通の味玉 ・鶏のそぼろ
・ 薄切りのおくら ・カットレモンは淵に、スリ胡麻が振られていた

見るからに清涼感のある美しい表情にうっとり スープを啜ってみた
鶏の旨味をまず最初に感じた、凝固した脂などは一切無くコクを感じながらもアッサリとした印象だが、物足りなさが先行してしまう ややトロミがある上にオクラとなめこのネットリする『ムチン』という成分が相乗的な効果を発揮するので麺との絡みも非常に良い
ちなみに、この『ムチン』という成分は肝機能を高めたり胃壁を守ってくれるなどの働きもあるようだ

麺は不揃いの平打ちピロピロ麺、予想以上のコシがあり噛み応えも楽しめるが
スープのやさしさを優先させる為なのか?麺そのものも旨味は感じられない

食べれば食べるほどに物足りなさがマシマシしてくる、添えてあるレモンを絞るがさっぱり度が増すが、既にさっぱりしているので効果半減
思い余ってテーブル上のラー油や酢を足してみるも無駄な努力に終わる、あっけなく完食

「カレー盛りそば」にすればよかったぁ(涙)“後悔先に立たず”

健康増進よりもジャンクにガツガツ逝きたい私には、上品過ぎた一杯でした

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(大盛り)」@づゅる麺 池田の写真夕方の部1番にチェックイン
カウンター奥を陣取りつけ麺大盛り(370g)を待つ
開店同時ということは新しい湯にて茹でられているはず
カウンターには今風?の男性スタッフが2名、時間を計っている

手際の良い作業で待望のつけ麺とのご対面となる
ビジュアル的に印象強く感じたのは濃度だ、トロミのあるつけ汁
メンマと短冊状のチャーシューに薬味、中には程よくボイルされたキャベツだ

飲んでみる、口当たりのやさしい味わいの後にくるコクと旨み
豚骨とは脂の“くどさ”にその違いを感じた、鶏はやさしい!
節系との調和も抜群にいい、テーブル上にある魚粉は不要だった

若干ちじれた極太麺をそのまま食べてみる
こりゃぁ〜運命、イヤ違う。うんめぇぇぇ〜
氏のレビューじゃないが、噛めば噛むほどにスルメイカ?
麺そのものの味を楽しめる、麺好きにはたまらない

噛み応えのある小麦粉の風味豊かな麺、コシの強さは言うに及ばす
モッチリ弾力があり喉越しも良い

具材のチャーシューも脂身程よくプリッっとした歯ごたえがある
メンマの歯ごたえもこの麺の食感を楽しむ上で重要な存在だ
特筆は大降りのキャベツ!!これはマシマシで欲しい
自分で賄いで食べるなら麺の上にてんこ盛りだろうなぁ〜

あくまで麺が主役の一杯
具材の持ち味や食感が一体となり名脇役振りを発揮していた

つけ汁がぬるかったので半分程度経過したあたりから温度が気になり始めた
・・・ということは、「大盛りはあつもり」が正解だったのかも知れない
添えられているレモンは後半戦に絞ってみた
コクの強いつけ汁に柑橘系の爽やかさが酸味が加わり、これも又良し
酢じゃなくレモンだよレモン、やるね〜ご主人・・・と感心してしまう

370グラムだったけこれ?????と感じるほどあっという間の完食でした

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「胡麻葱麺」@万豚記 錦糸町店の写真ヨドバシアキバ店内にある同店の黒胡麻坦々麺ファンだが
ここの胡麻葱麺には少々ガッカリした

コクのあるスープにコシの強めのシコシコ麺
多めに盛られた葱はかなり太めに切られていた
スープを一口すする、コクこそあるが味が弱すぎる
見方を変えれば優しいスープとも言えるが
葱が太く特有の辛さが抜けきっていないいない為
完全にスープが負けしまう

メニューは全体的に高めの設定ゆえに葱を載せたのか?
と思わざる得ない内容にトホホな気分
麺とスープのみで食べればそこそこウマイのに・・・

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件