なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1日1麺

男性 - 東京都 (1962年生まれ)

採点基準を参考に“感動値”(満足度)にて採点してますので
支払った金額に対して得られた満足度としてます(○○点=○○%)

――――――――――――――――――――――――――――――――

≪運営側のエクスキューズ≫
ポイントはユーザーの主観による採点(満足度)の集計であり、
そのお店の味に対する絶対的な評価ではありません。

―――――――――――――――――――――――――

平均点 76.141点
最終レビュー日 2009年8月12日
1,001 637 0 1,301
レビュー 店舗 スキ いいね

「渓らーめん 太麺大盛り (750円+100円)」@食処 渓の写真所用を済ませ同行者を道連れにトンボ返り覚悟で川口へ向かう
最近注目を集めいてる食処 渓へ着いたのは11:30
運良く待ちなし、幸いにも2席ほど空いていた

券売機にて渓ラーメンと大盛り券、豚すじ煮をポチッポチッ 同行者には渓つけ麺にしてもらった
壁に向かって座っているのは妙に退屈、後方の調理が気になって仕方がない

後方より声がかかり「渓ラーメンの方・・・」「渓つけ麺の方」・・・と3名まで、つまりワンロット3杯づつのようだ
10分程経過後同様の声がかかり「渓ラーメン大盛りの方、、、は〜い!!」と小学生の元気よく手は上げない

見るからに濃厚そうな絵面、魚介の香りプンプン、、、だが大盛りにしては盛りが甘いがEストさんのレビューに

>「麺が入りきらないので後ほど別にお出しします」

とあったが、自分にはその説明が無かったのでもしかしたら???しかしその心配は無用だった

スープは粘度の高い豚骨魚介、乳化度も高く甘みやコクも十分で濃厚な旨さ!!
大量に投入された魚粉のざらつき感は残っているものの気にならない程度だが、やや臭みも感じた

具材はチャーシュー2枚とメンマ、海苔、刻んだ水菜と薬味ネギという構成
チャーシューは薄味で脂割合の高いもので特筆無し、メンマの食感は普通レベル
このスープだと水菜と長ネギの効果に期待したいところだったのだが、如何せん量が少なくどちらも消極的な印象、むしろこの一杯において一番効果があったのは大量放り込んだ卓上の刻みタマネギ!
くどくなりがちなマッタリ感に爽快さを供給してくれた

麺は浅草開化楼製の極太であり 文句なしに旨く、このスープにはビシっと嵌る
「大盛りのお客さ〜ん 大盛り分で来ましたぁ〜」
振り向けば“愛”?
テボには茹でたての極太麺がまるまる1玉
そうか!大盛り450グラムとは、つけ麺でなくとも450グラムなのか!と悟る
自分の適量はつけ麺で450g、ラーメンだと300g程度だと認識しているのでそろそろ満腹中枢から信号も出始めいていた矢先(汗)

余裕の顔は当然崩さず「ネギ追加しますか?味うすかったら仰って・・・」で両方お願いした
額から汗がタラァーーーーっと流れ落ちた

後半はひたすら麺に食らいつき『大盛り』らしい『大盛り』を胃に詰め込み完食!!ごちそうさまでした

※つけ麺のつけ汁量は十分にあり、甲乙つけ難いクォリティだと思えた

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン (500円)」@よか楼 別館の写真田舎のおばあちゃんの家にやってきた気分
温もりと人情を感じる店内、コタツにアグラをかいてのラーメン


長年の営みの形跡が感じられる佇まいと壁一面に埋め尽くされた写真やメッセージや番付表やらダルマ・・・その全てがよか楼 別館なんだなぁ〜
かつてさんの写真で拝見したコタツに座っていると思うだけで夢気分になれた

つい先ほど食べた濃厚コッテリな一杯とは対照的な醤油ラーメンの絵面はホッとする表情だ
自家製麺という文字も見受けられるが明らかにそれっぽくない麺、やはり今日のは違っていたようだ

具材はやや脂割り合いの高いバラチャーシューとナルト、貢献度高めの海苔に甘めのメンマ、薬味とまるで絵に描いたような王道的ラインナップ

まずはスープを啜ってみる、素朴なやさしい味わいがする
突出する味わいは感じられず、ベースとなる出汁加減も抑え気味、デフォで振りかけられている胡椒がピリッと〆てくれているようだ
麺は中細程度の汎用性のある麺だがこの一杯に於いて不満を抱かせるものではなく違和感なく食べられた
具材では甘く感じたメンマが特徴的、一口目で甘っ!と感じたのでそれ以降は麺と同時食いにした
薬味と麺、メンマを掴み一気啜りでスープを引き上げ口内で噛み併せることで一体感のある旨さを感じられた、これはいい・・・更に同様に・・・繰り返す

脂割り合いの高いチャーシューは幾分自分には不適合のようで、肉の脂に抵抗を感じる
では、、、薬味を大目に同時食い・・・ホラ、これで解決

「好き嫌い」「旨い不味い」も人間だもの当然あるわけだが、一つ一つの味わいをかみ締める、或いはスープと麺と併せてみるなど、正に自分の世界で素材を楽しむゆとりを持てたのもこの雰囲気が背景にあったからこそだと思う
抜群に旨い!とは感じられなかったが十分満足することは出来た

『此処でこの人達と夜通し酒を酌み交わし、尽きぬ話をしてみたい』などと勝手な想像にふけっていた

再訪時は自家製麺で食べてみたい おばぁちゃんお元気で!!


〜今回群馬遠征にご参加下さいましたみなさまへ〜
美味しい一杯、楽しい時間を共有出来た事に感謝です ありがとうございました

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件