なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

1日1麺

男性 - 東京都 (1962年生まれ)

採点基準を参考に“感動値”(満足度)にて採点してますので
支払った金額に対して得られた満足度としてます(○○点=○○%)

――――――――――――――――――――――――――――――――

≪運営側のエクスキューズ≫
ポイントはユーザーの主観による採点(満足度)の集計であり、
そのお店の味に対する絶対的な評価ではありません。

―――――――――――――――――――――――――

平均点 76.141点
最終レビュー日 2009年8月12日
1,001 637 0 1,301
レビュー 店舗 スキ いいね

「大ラーメン 全マシ (600円+50円)」@ラーメン二郎 栃木街道店の写真10:00 開店90分前に到着、行列は無く一安心!別働隊の麺友さんへ状況報告の連絡を入れ待機
10:30 合流、ぼちぼちとお客さんが集まり始め入り口に1番客を確認したのですぐに接続、ワンロット目を確保した
11:00 15名を越える行列に膨らむ、続々と車がやってきていた
11:31 開店 券売機に600円を入れるが何を血迷ったか50円を追加し大盛りをポチッ
3塁側の3番目に陣取る、両脇は若き精鋭部隊とガードは固い

1ロット目 8杯同時調理のようだ、仕事の運びも卒が無く実にスムーズ アルバイトと思わしき2名の女性スタッフはまだ補助的なことしか出来無そうだが、店主のモチベーションには多大な影響を与えているかも?慣れれば店主と二人三脚になるのかな?

高台からデバガメのように鼻の下を伸ばし寸胴を覗き込む、バッチリ乳化されていそうなスープは褐色を帯びており期待も高まる 
丼が配置され まず先ほどの寸胴からアブラが分け入れられた、続いてカエシ、グル。小さめのホイッパーのような道具で軽く混ぜられスープで満たされる
ワンロット目は当然 真新しい湯 ホイッホイッと麺が上げられていく

11:42 コールを済ませイヨイヨご対面、高台の乗せられた一回り大き目な丼に重量感を感じながらもヒタヒタのスープをこぼさない様に、、、う〜んんんんイイ香り

スープは想像以上の完成度、豚骨の甘みとカネシ風味な味わいが絶妙に旨い!
店主はラーメン二郎 八王子野猿街道店2ラーメン二郎 新小金井街道店にて修行されたらしいが、尖りもなく実にマイルドに仕上がっている いやぁ〜このスープはマジウマッス!!

ヤサイのキャベツ占有度も4割程度と高めでベストなシャッキリ感を維持していた
ブタはやや小さい?と思えなくもない程度の大きさで適度の噛み応えのあるタイプだが決して悪くは無い
ニンニクは切り立てに近いか?特有の辛みを感じたがそれも最初だけすぐにスープに馴染んだ
麺は“二郎標準”と言えそうだが若干細めな方向性、ややカタメな食感はすこぶる良くスープの為の麺とも言えよう

特筆は『アブラ』デロリンとフンニャリしたアブラの甘み(旨味)は秀逸でヤサイや麺と同時に頬張れば歓喜に包まれる

正に大トロです!!

思わずこぼれる「うんめぇ〜」は誰に言ったわけでもないが、覚醒モードに突入してしまっていたかも知れない

途中、一味やギャバンのB/Pでパンチアップを施し完食
最後の最後まで旨さは持続、私の二郎史上に残る感動の一杯でした

店内の待ち席13、外には21名の行列が出来ていた

※ 満足度は110点
小(600円)でも間違いなく同様でしょう、650円でこの一杯以上に感動させてもらったラーメンを知らない、ブタに感じたマイナス面を引いても100点を献上するに値した

投稿 | コメント (21) | このお店へのレビュー: 1件