なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年11月19日の大崎裕史の今日の一杯

東京都板橋区東武練馬

2018年10月15日、東武練馬駅124mにオープン。「鯛塩そば縁」の姉妹店。
「鯛塩そば縁」は2017年8月10日に板橋駅近くにオープン。テレビ番組でも紹介したことがある好きな店。シェフがフランスでフレンチの経験があり、今は複数店舗の飲食店を経営。その流れでのラーメン2店舗目の出店。
「君に会い鯛」は「鯛塩そば縁」の鯛塩濃厚そばを基本メニューとし、鯛担麺や汁無し鯛担麺なども提供。後者二つのメニューは私が「鯛塩そば縁」に行った当時はなかったと思うが最近は出しているようだ。
正直、ラーメンの出来はかなりいいと思うのだが今回は店名で失敗していると思う。正統派(鯛を使ったトレンドメニューではあるが)のラーメンなのにダジャレでいく必要があったのか?ちょっともったいない。
濃厚そば800円を注文。本店では食べてない。「鯛のアラを白濁するまで炊き、鯛の旨味を凝縮した濃厚なラーメンです」という説明通りのスープ。そして魅せ方が綺麗。写真左上にはカイエンペッパー、右半分にはバルサミコ酢、丼の縁にはカレー味噌。野菜がたっぷりでチャーシューは鶏豚各1枚。実はカブがチャーシューに見えて「3種類ものってるんですね」と聞いてしまったのは内緒。食べればすぐわかるのに。
スープは実に白く、やや泡立てた感じの鶏白湯+鯛スープ。もちろん鯛が効いているがくさみなどはなく飲みやすい。他の店で出している「鯛」関連のラーメンとは違い、洋風テイスト。でも十分過ぎるほどラーメン。麺は村上朝日製麺所の全粒粉入り細麺。(ただし、汁なしは中太麺、和え玉も別麺)お客さんは少なかったがもっと受けてもいいと思うのだが・・・。機会があったら珍しそうな鯛担麺や汁なし鯛担麺も食べてみたい。

お店データ

君に会い鯛

東京都板橋区徳丸2-1-8(東武練馬)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。