なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「武蓮らーめん(醤油味) (大盛り)」@和風とんこつらーめん武蓮の写真4月某日、昼、本日は松本での仕事の後、新たなチームのメンバーのバックアップに上田に飛ぶ。松本では忙しくて昼ラーを逸してしまったので、久しぶりに上田で取る事にする。

修那羅峠を超え、ゲンバに向かう途中で突撃したのがこちらの店。未だ情報も極めて少ない店であるが、店名の語感から我がイギリス軍の名マシンガンを連想させる猛々しさも気に入った。

15:20着、先客5名、カウンター席に着座、後客無し。早速メニュー表(店内写真)を検討、麺類はラーメン2系統と別メニューにあるつけ麺があるが、初訪のセオリーでトップメニューである‘武蓮らーめん(醤油味)’(680円税別)を激ハラヘリなので、「大盛り」(150円)でイク。

おねーさんにコール、写真メニュー(店内写真)などを見ながらスタンバる。「武蓮らーめん」は「本格魚介系和風豚骨らーめん」とある。「県下初参!!」とある様に、あの「ちゃーしゅーや武蔵」のプロデュースである事が別のチラシに掲げられている。ここには【上田原店】と記されており、今後の支店展開?を匂わせている。待つ事6分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、ノリ2枚、モヤシ、白髪ネギと小ネギが、豚骨醤油スープに乗っている。丼の対極上にチャーシューとノリを配したセンスも何気にイイ。

スープから。背脂の張られたスープは結構アツアツ、ベースの豚骨は豚クサさは無いものの動物系のコクはしっかり出ているライトまったり。そこに乾物系魚介の独特の風味も重なり、この辺りが「和風とんこつらーめん」と銘打つところなのだろう。因みにこの魚介風味は「うるめ鰯の煮干し」が中心となる模様で、チョイと変わった魚介風味がイイ。合わせられた醤油のカエシは結構濃厚で塩分濃度も高めで甘味もあり、加えて背脂の甘みも重なるので、かなり分厚さを覚える味わい。これは美味いではないかい。

麺は軽いよじれのある中太麺。やや硬めの茹で加減が良く、ツルモチ、バツッとした食感のもの。濃厚な豚骨魚介スープとの相性もイイ。大盛り150円はチト高めに思うが、麺量は十分。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは豚モモ肉チャーか?若干パサつきがあるが、甘醤油ダレが滲みていてまずまずの美味さ。私的には脂身が欲しいところ。ノリはスタンダードな磯風味。モヤシはしゃきしゃきの歯応えが残り、美味かったりする。量も多めなのでイイのだ。白髪ネギと小ネギの2種のネギでの薬味感は控えめのもの。

スープはほぼ完飲。久しぶりの上田でのやや遅めとなった昼ラーは、情報の少ない「和風とんこつらーめん」の店でイッタが、ライトマッタリの豚骨スープに「うるめ鰯の煮干し」でのチョイと変わった魚介風味がなかなかイケる。チョイと濃い目の醤油のカエシも信州人には受け入れ易い。更には通し営業であるのもアリガタイ。私的にはチョイとイケる店であった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。