なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「枯本節 中華そば」@中華そば 鍾馗の写真長野市までちょいと野暮用で出かけまして。
野暮用っつっても、車のオイル交換しに行っただけですが。
外車乗りとなって早1年、Dラー以外でメンテの選択肢を増やしたく、某有名店へお邪魔してきました。
10時から入庫し、11時に開放されたのでどうせならラー活をしてから帰ろうかと。

最高気温が30度を超える中、11時半頃に店の外の並びにドッキング。
前回訪問したのが雪舞う極寒の2月、今回は酷暑の7月、極端過ぎますね(笑)
さすがに暑いですが、軒下に日陰があったので何とか凌げました。
15分ほどして冷房の効いた店内中待合へ入り一安心、その後10分程でカウンターへ。

久々なのでどうしようかな?と券売機とにらめっこ。
ニボやらサバやら、魅力的なメニューがたくさん増えてましたが、基本に立ち返り枯本節中華そば(900円)を券売機でポチっとな。
券売機の中に「大盛」ボタンが…。やはり大盛サービスじゃ厳しくなったのかな?と思いつつ、値段を見ると「10円」でした(笑)
ニボとかサバのボタンのところに「費用対効果の低いメニューなので、うんたら…」という注意書きがしてあったのところに、店主の愚直さが垣間見えますね(笑)

さて、キッチンより一段高い客席から見下ろす、店主ワンオペによるラーメン劇場の始まり始まりぃ~。
これだけ混んでても、きっちり丁寧にこなす仕事ぶりに見惚れて待ちます。
作り始めてからはあっという間に着丼、移転前に食べた以来の枯本節中華そば、噛み締めながらいただきます。
無化調とは思えぬしっかりした出汁、それに絡む細角ストレート麺。
スープの熱で火が通ってしまうほどのレア具合のローストポークのようなチャーシューは、以前の倍ほど乗っているような気がします。
メニュー単品の料金上がっちゃったけど、肉増し要望が多かったから最初から肉増しにしたよ!みたいなスタンスでしょうねw
そして「我、中華そばなり!」と強烈に主張してくるナルト(笑)
海苔と三つ葉に、大量の白髪ネギ。メンマは無かったので別トッピングとなったようです。

当然の如く完飲完食。
今度は並びがキツくない、平和な気候の時に来たいと思いますw

いただきました♪

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。